[フォルサム・ヨーロッパ-Folsom Europe-]ヨーロッパ最大!ゲイのSMの祭典に行ってきた

2014.10.25 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_0005
恐る恐るヨーロッパ最大のゲイのSMの祭典に行ってみたら、かなり楽しめました。

 

>> LGBTにかんする記事一覧はこちら

 

初めまして、京都出身・美大4年生のがぅちゃんです。今回は大衆に閉ざされた極めてアンダーグラウンドなフェチをさらけ出したいハードコアな猛者がヨーロッパ中から集う祭典「フォルサム・ヨーロッパ 2014」にハードコアではない僕が行ってきた時の様子を報告します。

 

フォルサム・ヨーロッパとは?

フォルサム・ヨーロッパ(英:Folsom Europe)は、今年で開催11年目の歴史を持つ、毎年9月にベルリンで開催されるBDSMとそれに関連したレザー文化の伝統的で伝説的な祭典。BDSMとはSMの正式名称で、B: Bondage(束縛)、D: Discipline(調教)、S: Sadism(サド)、M: Masochism(マゾ)という意味があります。また、現在ではレザーだけでなくラバーやスポーツウェアなどのあらゆる種類のコスチュームが存在します。

つまり、思い思いのコスプレに身を包んだゲイが、縛ったりお仕置きしたり・されたり、時には新たに誕生したフェチを認め合う祭りです。ただしゲイでなくてもウェルカムです。

 

通り一帯が歩行者天国に

場所はノランドルフプラッツ(Nollendorfplatz)駅から徒歩約5分、シェーネベルグ(Schöneberg)エリアにあるフッガー通り(Fuggerstraße)で行われます。日本だと新宿二丁目の仲通り全域がBDSM一色で埋め尽くされるといった未知な感じです。

 

フッガー通りの入り口あたりでステッカーをもらっていざ。ただの道なのでもちろん無料です。
Unknown

 

お酒やファーストフードを売っている露店があり、レザーの匂いに混じって美味しそうな匂いがそこら中でします。DSC_0006

 

コスプレをする人もしない人も和やかな昼時を楽しんでいる様子が見受けられました。
DSC_0046

 

女性も混じり、話の内容が気になります。飛び交う言語も様々。
DSC_0048

 

職人技!

緊縛の実演コーナーがありました。2人組をロープで縛って吊るすというパフォーマンスです。
DSC_0014

 

DSC_0026

 

DSC_0016

 

こんなにロープで縛って痛いのかと思いきや、そうでもなさそうでした。意外にも物々しい雰囲気ではなく、それを見てなぜか安心している自分がいました。絡み合ったロープと人で見ているだけでもややこしいのですが、これを手際よく1つの型へ仕上げていく様子は、もはや職人技という印象でした。露出こそ多いですがプロの着付けといっても過言ではないのではないでしょうか。

 

わんちゃんも楽しむ!

緊縛やレザーコスプレもさることながら、僕が気になったのは何よりも犬の多さです。しかしただの犬ではなく、中身は人間のコスプレ犬です。ペットとして飼われている犬もいればやんちゃな野良犬もいました。

 

堂々の二足歩行
DSC_0037

 

決して大きくないカゴでおとなしくおすわりしています。
DSC_0052

 

百何匹目のわんちゃんでしょうか。楽しそうにじゃれ合っていました。鳴きマネが秀逸で、目を閉じれば人間だとは気づかないレベル。
DSC_0054

 

躾はかなり良さげ。
DSC_0005

 

声をかけるまでもなく自主的に写真撮影に応じてくれます。
DSC_0012

 

飼い主とはぐれたのでしょうか、なんだか寂しそうです。
DSC_0035

 

中でもひと際目立つわんちゃん。「Pissoir」とは「小便器」という意味だそうです。
DSC_0043

 

地面の湿りが気になります。
DSC_0040

 

防護服に身を包んだおじさんが突如乱入。もう何が何だか分かりません。
DSC_0050

 

他の動物も!

馬。縦長で迫力があります。優雅です。
DSC_0047

 

ベルリンのシンボルにもなっている熊のオブジェ(United Buddy Bear)もこの日ばかりは黒ずくめで街灯に縛り付けられていました。お祭りという事もあってか満足げな表情にも見えます。
DSC_0039

 

調教コーナー!!

希望する観客はプロによる調教が受けられるようでした。鞭での指導が始まります。DSC_0061

 

適材適所で様々な道具でせめていきます。みるみる背中が赤くなっていきます。
DSC_0062

 

2人目のプロ登場。個性的な激しい鞭使いで観客を沸かせます。
DSC_0066

 

教鞭をふるった後はグローブでボコボコ…ではなくポコポコ。体を両面とも丁寧にせめていきます。
DSC_0075

 

体調を気遣いながらポコポコ。
DSC_0074

 

全体的に体調を伺いながらの調教なので、猛者ではない僕のような観客でも目を覆うようなことはなく安心して鑑賞できました。ポコポコに関しては普通に気持ち良さそうでした。

 

他にも

個性溢れる絵画…
DSC_0070

 

緊縛コーナーでは戦闘員を交えて新たなパフォーマンスが。
DSC_0049

 

わんちゃんに変身中。楽しい散歩になればいいですね。
DSC_0083

 

動画でもどうぞ
 

 

以外と怖くない!

どんなハードコアの猛者がいるのかと最初は恐れていた僕でも、歩いているだけでけっこう楽しめました。アンダーグラウンドというより、フェチを楽しもう!といった雰囲気にあふれており、ハッピーなコスプレ祭りだったという印象です。

緊縛や調教自体にも驚きなのですが、それよりも、それを実際に見た自分が安心を感じたことにもっと驚きました。やはり間近でハードコアならではのこだわりを垣間見ることができたからこその感覚なのだと思います。

共有していないフェチにまみれて楽しめるだけでなく、それに対する理解まで深めてくれる機会はなかなか無いと思うので、もし興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

 

文・写真:がぅちゃん

 

>> LGBTにかんする記事一覧はこちら

 

backpacker-creditcard-bn


脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20