トランプも安倍さんも触れたエルサレムの嘆きの壁で本当に触れるべき「紙くず」の話

2018.02.04 18:25 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

sys6s6s6776s67s6s

シリーズ「エルサレムで初詣」第3回(最終回)は、ユダヤ教最大の聖地「嘆きの壁」へ。嘆きの壁の「機能」としての側面を見た気がします。

 

あけましておめでとうございます(初詣という企画上)。イスラエル・テルアビブ在住のがぅちゃんです。

連載「ニュースが教えてくれないイスラエル」でお送りします。

2018年1月1日の元日に、初詣としてエルサレムを代表する聖地3つを巡ってきました。

 

「エルサレムで初詣」全3回の流れ

第1回「旧市街」編 
第2回「聖墳墓教会」編
第3回「嘆きの壁」編

 

(補足)エルサレムの概要

 

エルサレムまたはイェルサレム(Jerusalem)は、イスラエル東部・パレスチナ自治政府にある都市

イスラエルはエルサレムが「首都」であると宣言しているが、国際連合など国際社会はこれを認めていない。

イスラエルと国交を持つ諸国もエルサレムでなく、地中海沿岸にある西部のテルアビブに大使館や領事館を置くなどし、イスラエルの首都はテルアビブであるとしている。

旧市街はユダヤ教・イスラム教・キリスト教の聖地であり、嘆きの壁や聖墳墓教会、岩のドームといった各宗教縁の施設を訪れる人々が絶えない。

Wikipedia「エルサレム」参照。

 

前回(第2回)のあらすじ

聖墳墓教会で怒る神父を目撃しつつも、無事に初詣を済ませることができました。

sys66s67s67s67s6g

 

しかしその帰路、聖墳墓教会の柱を見て、どうしても気になることがありました。

sys66s67s67s67s6guwy

 

神聖な聖墳墓教会の柱にゴミだと…?

sys66s67s67s67s6guwydb

 

「嘆きの壁」でこのゴミの謎が解けるとは、この時は知る由もなかったのです…。

 

「嘆きの壁」とは

英語では「Western Wall」などと呼ばれています。

DSC_0100

 

嘆きの壁(なげきのかべ、ヘブライ語: הכותל המערבי‎, アラビア語: حائط البراق‎, 英語: Wailing Wall)は、ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁のうち、現存する部分。神殿はユダヤ教で最も神聖な建物であった。

紀元前20年、ヘロデ大王によって完全改築に近い形で大拡張された神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分であり、ユダヤ人は「西の壁」と呼んでいる。

この部分を含め、外壁はその基礎部分がほぼすべて残されている。

Wikipedia「嘆きの壁」より。

 

2017年にはトランプ大統領も訪問していました。政治的にも、靖国神社くらいには注目を集めている場所です。

USEmbassyTelAviv-1
photo by U.S. Embassy Tel Aviv 

 

それでは行ってみましょう。

 

嘆きの壁へ続くセキュリティチェックを通過

嘆きの壁に続く通路へ。

Photo 01-01-2018, 13 43 49 (1)

 

この先にセキュリティチェックがあります。

Photo 01-01-2018, 13 44 34

 

入り口には注意書き

Photo 01-01-2018, 13 45 23

 

要約すると「神聖な場とそこで祈る人達に粗相が無いよう、適切で謙虚な服装を着用してください」と書かれています。

sgs67ss66s767s67s

 

さらに進みます。

Photo 01-01-2018, 13 45 31

 

独特のセキュリティ

するとまたしても注意書き

Photo 01-01-2018, 13 46 17

 

「嘆きの壁への入場にはセキュリティチェックが必須です。なお、センサーは安息日モードに設定されております」  

Photo 01-01-2018, 13 46 34

 

…いや、センサーが安息しちゃダメでしょw と思ってしまったのですが、これには理由があるので補足しておきます。

 

「安息日モード」についての補足

そもそも「安息日(シャバット)」とは「金曜の日没〜土曜の日没まで何もしてはいけない」というユダヤ教の習慣です。

強制的な休日のようなもので、本来は家事もしてはいけないそうです。

安息日には他にもルールがあり、その一つが「機械を使ってはいけない」というものです。

ただし機械なしでは生活できないのが現状なので、電子機器には「安息日モード」が搭載されています。

(安息日モードのエレベーターに間違えて乗ってしまった場合、1階ごとに止まるのですごくイライラします)

 

つまり「機械は使ってますけどちゃんと安息日モードなので安心してください」という、イスラエル特有の表記なわけです。

Photo 01-01-2018, 13 46 34

 

ではいよいよ通過します。

Photo 01-01-2018, 13 47 10

 

嘆きの壁の広場へ

セキュリティ(矢印)を通過して、階段を降りて広場に到着しました。

DSC_007s

 

見渡すとこんな感じです。

DSC_0083

 

無料の公衆トイレもあります。(上の建物は警察署)

DSC_0078

 

そしてこの奥に見えるのが嘆きの壁です。

DSC_0085

 

…というか、ユダヤ教徒の家族がメッチャ記念撮影してますね。笑 

DSC_0085

 

黒のエアフォース(※)でキメたヒップスターなユダヤ教徒のお兄さんはタバコをふかしています。

ssss2d2323d3
(※ナイキのスニーカーの名前です)

 

揚げ足をとるようで悪いですが、ユダヤ教的に歩きタバコは粗相が無いということでOKという感じでしょうか。笑

目に見えない機械の設定にまで気を使っていた割には……ユダヤ教あなどれませんね。

 

嘆きの壁に近づく前に

嘆きの壁付近では無料のキッパー(※)が配布されています。

DSC_0090
(※ユダヤ教の民族衣装の一種で、帽子のようなもの。男子はユダヤ教の聖所に入る時につける必要がある。Wikipedia「キッパー (民族衣装)」参照)

 

こんな感じで、自由にとっていきます。

DSC_0091

 

ナイロン製です。

DSC_0094

 

トランプ大統領がつけていたのもキッパーです。

USEmbassyTelAviv-1
photo by U.S. Embassy Tel Aviv 

 

嘆きの壁へ

インフォメーションセンターを通り過ぎると…

DSC_0096   

 

嘆きの壁はもう目の前です。

DSC_0100

 

嘆きの壁の前の様子

記念撮影する家族、

DSC_0138

 

仲よさそうな人達、

DSC_0107

 

そして祈る人。

DSC_0120

 

嘆きの前でついに粗相

こうして様々なユダヤ教徒が祈っているわけですが、

DSC_0158  

 

やはり観光地なので、自撮りに夢中なお兄さんもいます。

DSC_0171

 

本格的なユダヤ教徒(※)のお兄さんが引いちゃってます。これはもう粗相でしょうね。

DSC_0172
(※「正統派ユダヤ教(Orthodox Judaism)」を実践するユダヤ人だと思われます)

 

嘆きの壁…汚い

嘆きの壁を正面から眺めるとこんな感じです。

DSC_0110

 

見上げるとそこそこ高いです(※)。 …いやそんなことより、

DSC_0127
(※嘆きの壁の高さは19m(約マンション6・7階分)。地下にはさらに13m埋もれているそうです)

 

もう気付いた方もいるかもしれませんが…

DSC_0110

 

ゴミのようなものが目立つんですね。

DSC_0119

 

嘆きの壁の隙間には紙くずがぎっしり。

DSC_0116

 

穴にまでねじ込まれています。

DSC_0156

 

嘆きの壁、汚…と言いそうになったのですが、実はこれには理由があるのです。

 

嘆きの壁の秘密

DSC_0110

 

Wikipedia「Placing notes in the Western Wall」によると、

神様への願い事を書いた紙を、ユダヤ教の聖地である嘆きの壁の隙間に置いていくという習慣。毎年100万通ほど見受けられ、様々な言語や様式で書かれている。

 

…だそうです。なんだか正月のおみくじみたいですね。

 

つまりこの嘆きの壁には、願い事が詰まっているということだったんですね。

DSC_0110

 

これなら封筒が突っ込まれていた理由もなんとなくわかります。笑 

6666664s54ddr6465

 

とはいえ、そこにあるのは願いだけというわけでもなさそうですが…。

DSC_0152

 

ちなみに、2015年には安倍首相も何か突っ込んでいたみたいですね。

 

嘆きの壁で残った謎

今思えば、聖墳墓教会で見たアレもおみくじだったのかもしれません。(厳密にはおみくじではないですが)

sys66s67s67s67s6guwydb

 

紙くずの謎も解けたところで、そろそろエルサレムの初詣を終えようと思います。

DSC_0100

 

まだ「粗相とはなんたるや」の謎は残ったままなんですけどね。笑

DSC_0085

 

そもそも、異国の文化をアリとかナシとか勝手に判断しちゃダメなのかもしれませんね。笑

 

シリーズ「エルサレムで初詣」の過去記事はこちら

第1回 >> いつも揉めてるエルサレムでは元日に何が起きるのか?旧市街で初詣してみた

第2回 >> 神父がキレてしまってるイスラエルのお正月(エルサレム・聖墳墓教会)

 

嘆きの壁へのアクセス

 

旧市街(ヤッフォ門)から徒歩10分

※安息日(シャバット)や祝日に行くと写真が撮れません。また、派手な格好をしていくと、通常日でも注意される可能性があります。

 

backpacker-creditcard-bn


脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20