ドイツが美食の国だって知ってました?【2ヶ月で世界一周の旅】

2015.05.05 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSCN2987

 

2カ国目ドイツへ

こんにちは。2ヵ月で世界一周をしているAIKOです。1カ国目タイから、2カ国目ドイツにきました!この企画の概要についてはこちら
ドイツへはフランクフルトから入り、ライン川沿いの街を観光して、デュッセルドルフの従姉に会いに来ました!

2ヵ月で世界一周のルート(オレンジが滞在地)。タイ→ドイツ→イタリア→チリ→ボリビア&ペルー→アメリカ
route

 

カタール航空でダブルブッキング…ビジネスに!

ドイツの前に、経由地のドーハの搭乗ゲートにて・・・なんとダブルブッキングが発覚!
ビジネスに乗ってくださいと言われて案内された席が、完全にファーストクラスでした。
あまりの幸運にテンションが上がってしまい、一睡もできず(笑)

DSCN2922

 

世界一周するとたくさん飛行機に乗るので、こんな経験も確率的に高いのかも?

 

膨らむ…ご飯への期待!

ドイツにはどんなイメージをお持ちですか?
私はというと、ビール・ソーセージ・自動車・勤勉な人々・・・くらいで、正直なところ従姉が住んでいなければ旅先に選んでいませんでした。実際はどんなところなのだろう?と、フランクフルトの駅に降り立ってみると、何だか妙に落ち着く感じ。雰囲気や人の距離感が自分に合っているような、日本に近いような。一人で動くのは3日間なので情報は現地で仕入れようとガイドブックも持たずに来たけど、これは大丈夫そうだと思えるスタートでした。

とりあえず駅を出たら、観光客向けの周遊バスがあったので乗ってみます。

DSCN2961

 

ビジネス街もあり、桜も咲いている。日本に戻ったかのような景色も、

DSCN2964

 

中心地でプラプラ歩き、たくさんのドイツ人が食事していたお店を見つけてランチ。肉屋が併設されているらしく、入口にはソーセージ・ソーセージ・肉!肉好きにはたまらない光景です。

DSCN2985

 

料理がデパ地下の惣菜のようにケースに並んでいて、好きなものを頼む様子。ドイツ語が分からないので、これ、あれと指差して頼んだら…

 

ボリュームたっぷりでお皿が重い!
そして、美味しい!!
ビーフストロガノフみたいな味だけど、ソースには香草がたくさん。

DSCN2987
 

さらにニョッキの中にはバジルソースが。これで7ユーロ(約900円)でした♪

DSCN2990

 

その後、宿泊先に選んだライン川沿いのオーバーヴェセルという街に移動。

DSCN3196

 

ここでも、何を食べても、味がいい。
美味しいものとドイツが結びついていなかったイメージを、いい意味で裏切られたことにビックリ。日本人も普段、和食以外の料理を楽しんでいるように、伝統的なドイツ料理だけではない食の楽しみを発見しました!

 

というわけで、今回はフランクフルトからデュッセルドルフで出会った「食」をピックアップします。
お腹空かせてる方は注意して見てくださいね!

 

定番からお菓子まで!ドイツで美食三昧!

まずはプレッツェル。駅の売店にて、1.5ユーロ(約200円)
バター味だと思って頼んだら、2ミリくらいのバターがたっぷりサンドされていました。
サイズが大きい。

DSCN2946

 

ドイツのパンはどれも、いろいろな麦の味がしっかりしていて、パン好きにはたまらない!
朝食には何種類ものパンが出ます。ホテルやレストランでは持ち帰り用の袋まで置いてありました。
DSCN3046

 

オーバーヴェセルのレストランにて。
城壁が残っている街で、壁を表現したというカプレーゼをいただきました。確か10ユーロくらい(約1300円)

DSCN3033

 

実際の城壁はこんな感じ。

DSCN3025

 

別のレストランにて、オレンジのソースを合わせたアスパラも美味でした。15.5ユーロ(約2000円)スモールサイズと言われて頼んだら、太くてしっかりしたアスパラが6本。一人ではメインとして十分な量です。

DSCN3168

 

そしてグラスワインが1杯3ユーロ前後(約360円)で安い!お店によっては0.2リットルの小さいカラフェもあります。2人いたらもっと楽しめるのに・・・酒飲みの一人旅、少し悔しい(笑)

 

デュッセルドルフに移動して従姉の家に着き、食べさせてもらったサラミ
黒トリュフ入り、さらに回りにはチーズが付いていて、絶品♪

DSCN3230

 

市場ではポテトが山盛り。種類も豊富。さすがドイツです。

DSCN3239

 

地元の人が並ぶポテト屋さん。塩が少なめでお芋そのものを味わえます。

DSCN3242 

 

一番小さいものがLサイズで2ユーロ(約240円)

DSCN3245

 

ドイツ人はグミが好きらしく、グミ専門店が。これ、全部グミ。

DSCN3235

 

そして、これぞドイツ料理!アイスバイン。値段を忘れてしまいました・・・
ナイフが突き刺さって出てくるのが面白い。

DSCN3274

 

本場のソーセージ。いろいろな種類がありました。ポテトとザワークラウト(ドイツにおけるキャベツの漬物)は必ず付いてきます。

DSCN3270

 

デュッセルドルフの地ビール、アルトビール
注文するとコースターに線が書かれ、お会計時にはこの線の本数を数えるそうです。

DSCN3267

テーブルに線がはみ出しているあたりはドイツのアバウトな一面。これに限らず、ドイツ人は意外と適当(良くいえば大らか)なところがあるようです。
ちなみに飲み終わると勝手に次のビールが出てきます。コースターで蓋をしないとエンドレス。

 

と・・・こんな具合で食を堪能!
従姉にいろいろと教えてもらったり一緒に食べに行けたこともあり、一人ではできない食の楽しみ方ができました。ケーキやアイスクリームも甘すぎず、素材の味を生かしているものが多かったです。また食べに行きたいと思うほど。


昔ながらの木組みの建物を見ながらコーヒータイム。現地に溶け込むような至福の時間
DSCN3119

旅の中で美味しいものが多いと嬉しいですね♪
観光らしいことは少なめにして、街を散策したり市場を見たり、のんびりと過ごせたドイツ。長旅にはこんな時間もあるとほっとできます。

 

お次はイタリア!

エアベルリンにてミラノへ。機長さんの紹介アナウンスでアルプスの山々をパチリ。

DSCN3290

 

イタリアを選んだのは、東京でたまに行くヴェネチア料理のお店の社員研修に混ぜてもらうため、という特例です。従姉の家から引き続き一人旅から逸れますが、タイミングが合わせられたので旅に組み込みました。
小さなワイナリー巡りをメインに飲んだくれる旅になりそうです♪

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
AIKO

AIKO

食・酒・バイク好きの1977年生まれ。14年勤めたIT企業を辞め、人生の夏休みを謳歌中。南米に行きたい!という妄想が、世界一周航空券なるものを知って、2ヵ月でくるっと回ってみよう!という構想に。「身軽に手軽に一人旅」をモットーに旅していきます。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20