アフリカ最古の自然保護区で私が学んだ正しいチーターの触り方

2017.03.17 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

jhjh のコピー
南アフリカ・ダーバンのシュルシュルウェ・ウンフォロージ野生動物保護区(Hluhluwe Game Reserve) にて。チーターに触るなら、絶対に守らないといけないことを学んできました。

 

2万円OFFキャンペーン中
banner


動物大国、南アフリカへ!

こんにちは!特に自分を変えようと思わないで世界中を旅するRilyです!

今回は、南アフリカのダーバンでチーターと触れ合える場所があると聞きつけ、さっそく行ってきました。

 

ダーバンは、南アフリカ共和国クワズール・ナタール州エテクウィニ都市圏にある地区。古くから高級リゾート地としても知られており、海沿いには大型のリゾートホテルが立ち並ぶ。2010年にはFIFAワールドカップの会場の一つになった(Wikipedia​より引用)

 

アフリカといえば、サファリが有名ですよね!今回の目的地は国立公園内でサファリが体験できる、シュルシュルウェ・ウンフォロージ野生動物保護区(Hluhluwe Game Reserve) です。
DSC00893

 

シュルシュルウェ・ウンフォロージ野生動物保護区(Hluhluwe Game Reserve) 

 

シュルシュルウェ・ウンフォロージ野生動物保護区はアフリカ最古の自然保護区とされている。参照:Wikipedia​「Hluhluwe–Imfolozi Park

住所:Kawazulu-Natal,Durban,South Africa
TEL:+27 33 845 1999

 

 

 

この国立公園は、絶滅危惧種のシロサイの保護に成功したことで有名なんだそうです。一時は絶滅寸前だったシロサイですが、南アフリカ政府などの保護政策が功を奏し、今では2万頭ほどまで回復しているとか。
DSC00920

 

さっそくチーター登場

国立公園の一角には、チーターを保護している場所があります。そして、そこではチーターに触れる体験ができるのです。さっそく頼りない網の奥に、チーター発見です!
DSC00952

 

近くで見ると迫力満点です!どうしてもチーターを見ると、獲物を捕らえて肉の塊を食べている姿を思い出してしまいます。DSC00953

 

チーターの正しい触り方

そして、餌になった気持ちで網の奥へ突入です。スタッフの方から「必ず低姿勢で、後ろから近づくこと」とアドバイスを受けて少しづつチーターに近づきます。
DSC00954

 

後ろからそーっと近づき、背中にタッチ。それから徐々に慣らしていき、頭をなでなでしちゃいました!!DSC00957

 

チーターに触ってわかったこと

実はこのチーター達は、生まれた時から国立公園内で育てられているので、とても人懐こいんです!ドキドキしながらも、尻尾を引っ張ってみたり。
DSC01962

 

尻尾をつかんでこんなことをしても、お構いなしです。
DSC01963

 

こんな間近でチーターと触れ合えるチャンスは、なかなかありませんよね。ぜひ、シュルシュルウェ・ウンフォロージ野生動物保護区へ足を運んでみてください!

 

次の記事はこちら
>>これからバックパッカーするあなたに伝えたいこと



お得に海外旅行したい人のためのサイト「budget-travel」






The following two tabs change content below.
Rily
特に自分を変えようと思わないで、世界中を旅する元商社OL。 大学生の頃、タイの農村へホームステイ&学校建設のボランティア活動に参加。 同国で、象使いの資格取得。 2013年アジア・アフリカ・南米大陸地球一周の船旅より帰国。 2016年沖縄に移住予定

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20