ナミビアで観光客向けのおもてなし料理をいただくとこうなる

2017.04.17 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

gyuuyg
こちらはナミビア観光のガイドさん。彼に連れられ、ナミビアの伝統料理を味わってきました。

 

砂漠で有名なナミビアの伝統料理って何?

こんにちは。特に自分を変えようと思わないで世界中を旅するRilyです! 今回は、アフリカ大陸にある国、ナミビア​で衝撃的な伝統料理に挑戦してきました!

 

ナミビアと言えば、世界三大砂漠のナミブ砂漠があることで有名なあの国です。
①IMG_0643

 

ナミビア共和国、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。ナミビアという国名は、同国内にある世界最古の砂漠と言われているナミブ砂漠にちなんでつけられた。「ナミブ」は主要民族であるサン人の言葉で、「何もない」という意味である。(Wikipedia​より引用)

 

ナミビアの位置
By Marcos Elias de Oliveira Júnior投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

 

移動中のナミビアの風景

今回は、スワコップムントという街からツアーに参加してみんなでワイワイとナミビアを楽しみます。さっそく目的地のレストランへ向かうため、バンに乗り込み砂漠沿いの道をひたすら走ります。
②DSC01182

 

40分ほど走るとポツポツと平屋の建物が見え始めました。砂漠の中に人間が住まわせてもらっている…と言っても大げさではない風景です。
③DSC01256

 

そして、ようやく街に到着です! 学校帰りの子どもたちや、立ち話をする人たちの姿を見てなんだかホッとしました。④DSC01221

 

ナミビア伝統料理の洗礼スタート

さっそくバーのようなレストランの2階へ通され、食事スタートです。⑤DSC01220

 

店名:Back of the moon
住所:Mondesa, Swakopmund,Namibia
Tel:+264 64 463 669

 

 

始めにオーナーの女性が、食前酒を振舞ってくれました。オーナーはアフリカンな伝統衣装に身を包んでいて、とっても素敵です!
⑥DSC01231

 

手作りの木彫りのカップでいただきました。
⑦DSC01235

 

ナミビア料理登場

そして、料理が出てきました。トウモロコシをペースト状にして塩味を付けたもので、手で練って食べます。日本で言うと白米に当たる、アフリカの主食のようです。
⑧DSC01238

なんだかじわじわと、アフリカ感が出てきましたね。

 

ナミビア料理のメインディッシュ!

次はいよいよメインディッシュです。現地ガイドの方から、サクサクした塩味の揚げ物という噂だけは聞いていました。「本当においしくて、俺は大好きだよ!」というガイドさんの言葉に期待でワクワクする私たち。

 

やっと運ばれてきた料理を見て、ツアー客の中から悲鳴が!なんとその正体は、カリッと素揚げにされた芋虫たちでした!
⑨DSC01239

 

お皿にてんこ盛りに入った芋虫の素揚げに発狂です。でも、せっかくだからということで、チャレンジすることに。【10】 DSC01245

味は、塩味が効いたえびせんのようでした。サクサクしていて、目をつぶって食べたら確かにおいしいです。笑

 

最初は叫んで抵抗していたみなさんもこの通りです。
【11】DSC01243

 

ガイドさんも仕事を忘れて、パクパク食べていました。【12】DSC01246

 

ナミビアデザートです。これはアフリカ特有のフルーツで、皮を剥いていただきます。【13】 DSC01240

 

ほんのり甘く、渋みもあってサトウキビのような感じです。料理の品数は少ないのですが、いろんな衝撃で気持ちがいっぱいになったため満たされた食事となりました。笑

みなさんもナミビアに訪れる機会がありましたらぜひチャレンジしてみてください!

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
Rily
特に自分を変えようと思わないで、世界中を旅する元商社OL。 大学生の頃、タイの農村へホームステイ&学校建設のボランティア活動に参加。 同国で、象使いの資格取得。 2013年アジア・アフリカ・南米大陸地球一周の船旅より帰国。 2016年沖縄に移住予定

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20