ブダペスト子供鉄道に乗ってみた

2013.12.09 09:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

children05

どうも!ただ今ヨーロッパを放浪中、モノより思い出派のokashoです。ハンガリーでちょっとおもしろい電車に乗ってきたので、ご報告いたします。

01

 

旧ソビエト連邦を中心とした社会主義諸国では古くから、社会勉強の一環として子どもたちが運営する鉄道があります。ここブダペストでは「ハンガリー国有鉄道非公開株式会社セーチェーニ山子ども鉄道」として子ども鉄道が運行されています。wkipediaより引用

大きな地図で見る

 

ブダペスト子ども鉄道はブダペスト一高い山であるセーチェーニ山駅とヒューヴェシュ谷駅を結ぶ11.2㎞の単線で、列車の平均速度は約20㎞/hだそうです。
02

 

子どもから切符を買います。なんかヘンな感覚……。
04

 

05

 

この鉄道の駅業務や機関車の運転などの主な職務は、大人の監督のもと10歳から14歳の子どもたちにより遂行されています。06

 

おーいるいる!
08

 

扉を開け閉めしたり合図を出したり敬礼したりと、しっかりお仕事しています。
12

 

でも、仕事が終わると他の子ども達としゃべったり、ジュースを飲んだり……。そのギャップがまた愛らしかったです。
children02

 

出発の時間です。
children04

 

ちゃんと見送ってくれてる!
children05

 

車内はレトロな雰囲気。
train01

 

開通した1948年からの長い歴史を感じます。ちなみにロシアでは現在20以上の都市で子ども鉄道が運行されています。
07

 

子どもの車掌さん!制服着てかっこいい!
11

 

沿線は森の中で住宅はほとんど見当たりません。
train03

 

それでも各駅で少しは乗降があり、無人駅から乗ってきた乗客には子ども車掌さんが切符を販売します。
SAMSUNG

 

このように、子供鉄道はあくまで職業としての鉄道の基礎を教える教育機関であり、採算などは度外視されているようです。

 

がんばれ!将来のハンガリーを支えるこども達!と応援したくなる約40分の旅でした。
17

 

文・写真:okaho

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
okasho

okasho

「もっと世界を感じたい」とサラリーマン生活に別れを告げ、2012年11月にロンドンへ。約1年の留学生活後、ローカルをテーマにヨーロッパを放浪中。地図やガイドブックは持ちません。すれ違うのがやっとぐらいの路地が好物です。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20