ヨーロッパ最強のゲイタウン・ベルリンの名物ゲイバー「PRINTZNECHT」に行ってみた

2018.02.11 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaaaac78yew9y7ew

ヨーロッパで最強のゲイタウンと名高いドイツ・ベルリンで、恐らく最も知名度が高いであろうゲイバー「PRINTZNECHT」の様子を紹介します。

 

こんにちは、あば擦れパンダです。LGBTのGです。(アジア人の熊系ゲイをパンダと言います)

jxh98js9w8c89wc

 

欧米のゲイの間ではレジェンドなドイツの首都ベルリン。そんなベルリンの名物ゲイバーにいってきました。

 

>> 連載「世界のゴリゴリゲイカルチャー」のアーカイブ

>> LGBTにかんする記事一覧

 

ベルリンの名物ゲイバー「PRINZKNECHT」へ

(写真は平日の水曜日の様子)

aaaaac78yew9y7ew

 

欧米では、ベルリンは「アングラ・ゲイシーン世界最強」といった印象があるように思います。

毎週定期的に堂々とセックスパーティを開催するゲイバーもいくつかあります。(それだけ安定した需要と供給があるということだと思います)

そんなベルリンに来たゲイが必ず1度は行くであろう名物ゲイバーが、今回紹介する「PRINZKNECHT」です。

 

ベルリンのゲイスポットの関連記事

ベルリンのゲイ博物館に日本のアレがあった

38歳までの男性専用「ゲイホステル」に泊まったぼくが見たもの

世界最高峰のゲイクラブ「SchwuZ」がまるで大人のディズニーランド

[フォルサム・ヨーロッパ-Folsom Europe-]ヨーロッパ最大!ゲイのSMの祭典に行ってきた

 

写真はフォルサムヨーロッパ(SMの祭典)の日に飲んでいたジャンポール・ゴルチエ(左)

12027539_10153211328704065_617503517119801_n

 

ちなみに「PRINZKNECHT」は「王の召使い」とか「王の奴隷」といった意味があるそうです。

(英語だとプリンス・サーバント、プリンス・スレイブ、といったニュアンスだそうです)

厳密な意味はひとまず置いておいて、名前がかっこいいので「王の奴隷」で行きますね。

 

日曜の真昼間から飲めるゲイバー「王の奴隷」へ

王の奴隷は日本で言うところの「新宿二丁目仲通り」のようなエリアに存在します。(ただし繁華街ではなく普通の住宅地です)

Photo 28-05-2017, 19 24 17

 

日曜のお昼から賑わっていますね。(毎日15時オープン)

Photo 28-05-2017, 19 24 03

 

バーの様子はこんな感じです。

 a

 

いざ着席。

Photo 28-05-2017, 18 56 15

 

飲み物はおとなしく炭酸水にしておきました。(3ユーロくらいだったと思います)

 Photo 28-05-2017, 19 00 08

 

ちなみにフリーwifiが使えます。

Photo 28-05-2017, 19 13 23  

 

店内を探検

店の奥はこんな感じです。

Photo 28-05-2017, 19 07 15

 

自然光が美しいテーブルです。

Photo 28-05-2017, 19 07 45

 

おっさんも覗いていますね。

Photo 28-05-2017, 19 07 35

 

外(中庭)にも出られますが、住宅街と共同の庭っといった様子でした。

Photo 28-05-2017, 19 08 23

 

迷宮のようなトイレへ

多分ゲイじゃない人にとっては怖いかもしれません。

Photo 28-05-2017, 19 02 53

 

並ぶ個室の先に…

Photo 28-05-2017, 19 06 57

 

小便器があります。(普通ですね。笑)

Photo 28-05-2017, 19 03 51

 

壁には「アイ・ラブ・フィスト」。他のゲイバーのイベント告知のようです。

Photo 28-05-2017, 19 03 57

 

他にも、「スリとハグ詐欺に注意」といった広告も。(ハグをしながらポケットの物を盗む詐欺だそうです)

Photo 28-05-2017, 19 06 18

 

ちなみにこの先には「ダークルーム」なる地下室へ続く階段があるのですが、何のための場所かはご想像にお任せします。

 

トイレを進んだ先にあるエリア

秘密の階段は降りずに、とりあえず突き当たりまで進むことにしました。

Photo 28-05-2017, 19 04 13

 

半個室という感じでしょうか。

Photo 28-05-2017, 19 04 19

 

怪しい雰囲気ですが、ただの喫煙者ルームのようです。

Photo 28-05-2017, 19 04 39

 

吸い殻用のゴミ箱が並んでいますしね。

Photo 28-05-2017, 19 06 06

 

広告がアツい

喫煙エリアの壁のは広告がずらり。

 Photo 28-05-2017, 19 05 59

 

バイクコスチュームフェチ系イベントの告知。

Photo 28-05-2017, 19 05 53

 

フォルサムヨーロッパの告知。

Photo 28-05-2017, 19 05 39

 

またアイ・ラブ・フィスト。

Photo 28-05-2017, 19 05 18

 

毎週木曜日開催の全裸パーティの告知。(他のゲイバー)

Photo 28-05-2017, 19 05 12  

 

「セックス・オン・サンデー」のイベント告知(他のゲイバー)。日曜日に何をするのかはご想像にお任せします。

Photo 28-05-2017, 19 05 34

 

そしてこちらはフォルサムヨーロッパの公式パーティの告知。気合が入っています。

Photo 28-05-2017, 19 05 44

 

…そんな広告をチェックできる喫煙スペースなのでした。

 Photo 28-05-2017, 19 06 06

 

ゲイバー「王の奴隷」が一番盛り上がるとき

日曜もそこそこ盛り上がります。バイカー(コスチュームフェチなのか本当のバイク乗りなのかは不明)の人もいました。

Photo 28-05-2017, 18 55 14 (1)

 

でも、水曜の夜のハッピーアワーはもっと盛り上がります。(水曜19〜22時の間はドリンク半額)

Photo 14-06-2017, 13 50 07 (1)

 

店の前を、文字通り埋め尽くす人の数。

Photo 14-06-2017, 15 42 05

 

これが普通の水曜の夜だというのが感動的です。これだけ人気ならアングラですらないですね。(ダークルーム完備だというのに)

Photo 14-06-2017, 15 42 27

  

…というか、

「平日ちゃんとやらなあかん」みたいな無意味でクソな忖度なんてベルリンには無いのかもしれませんね。

やったところで自分以外には大してなんの効果も無いですからね。​洞察を超えた忖度は全くの無駄だと思っています。

あ、狩りの話ですよ。笑

 

Photo 28-05-2017, 19 05 18

 

もう何をヤるかは自分次第。

「好きにやれや」みたいなドイツの感じも味わえるインターナショナルなゲイバーなので、個人的にとても好きです。

(シリア人のおじさんも心おきなく狩れましたしね)

 

>> 連載「世界のゴリゴリゲイカルチャー」のアーカイブ

>> LGBTにかんする記事一覧

 

ベルリンのゲイバー「PRINZKNECHT」へのアクセス

住所: Fuggerstraße 33, 10777 Berlin, ドイツ
ホームページ http://prinzknecht.berlin/

地下鉄「Nollendorfplatz」駅より徒歩約10分。

 

文:あば擦れパンダ(ツイッターブログ

 

2018rank


脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20