海外ノマド女子、中国からマレーシアへ大移動

2014.07.20 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_8445
パソコン1台で働きながら1ヶ月毎に違う国を渡り歩くーー連載・海外ノマド女子の舞台は5カ国目マレーシアへ。

 

海外ノマド女子の豊永奈帆子です。香港、タイ、ラオス、中国の大理に引き続いて、今は5カ国目のマレーシアのマラッカに移動しました。国移動でもたくさんの驚きがあったので、紹介したいと思います。

 

バスで大理から昆明へ

滞在していた中国の大理から昆明までバスで移動しました。125元(約2000円)
IMG_8414

 

中国といえば火車と呼ばれる「列車」が人気ですが、降りる場所が分かりやすかったりと個人的にはバスの方がオススメです。
IMG_8422

 

中国のドライブインは、トイレにお土産さんに、食べ物が売っていたりと日本と雰囲気はほぼ同じでした。
IMG_8413

 

ビックリしたのは、携帯の充電マシーンがあったことです。
IMG_8415

 

なぜか体重計もありました。
IMG_8418

 

せっかくなので、小籠包をテイクアウト。10元(150円)
IMG_8420

 

昆明に到着した後、さらに空港行きのバスに乗り換えて飛行場に向かいました。

 

昆明の空港

昆明の飛行場。大きさの割にガラガラでビックリしてしまいました。IMG_8426

 

空港内のコンビニエンスストア。中国語表記は「便利店」です。日本では何でもカタカナ表記になってしまうので好感が持てます。IMG_8427

 

格安航空券(Air Asia昆明→クアラルンプール/9697円)のため、機内で食事や飲み物は出ません……。飛行機に乗る前にカップヌードルを購入。中国のカップ麺は、容器の中にフォークが入っています。便利ですが、衛生的にはどうなんでしょう。
IMG_8428

 

空港内の至るところにある、給水器。日本と違うのは、お湯の種類にHOTとWARMの二種類があることです。中国ではお湯を飲む習慣があるので、熱すぎないWARMは必須です。
IMG_8425

 

クアラルンプールに到着

飛行機内では、テレビが備え付けてなかったために、中国人乗客がフライト中ずっとお喋りをしているのに驚きました。ふと、中国人の友達が「日本の電車はどうしてこんなに静かなの?」と言っていたのを思い出しました。中国人のお喋り好きを改めて実感しました。

 

マレーシアに到着したのは夜の10時半過ぎ。私は安全のために夜は移動しないことにしているので、空港内のベンチで一夜を明かしました。IMG_8432

 

Air Asia のハブだけあって、ひっきりなしに飛行機が到着していました。IMG_8431

 

クアラルンプールからマラッカへ

次の日の朝8時半のバスに乗ってマラッカに向かいます。35リンギット(1100円)。なんと、座席がマッサージチェアになっていました。経験としては面白かったですが、正直、チケットを安くして欲しいと思ってしまいました。
IMG_8435

 

ホステルに到着後は、インド料理屋さんへ。葉っぱの上カレー、ご飯、おかずが盛られてなんと4.5リンギット(150円)でした。IMG_8445

 

マレーシアでも美味しくて安い食事を楽しめそうで安心しました。1ヶ月のマレーシア滞在を有意義に過ごしたいと思います。

 

文・写真:豊永奈帆子
HP: 海外ノマド女子 〜Nahoko's Way〜

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20