1日限定でカオサンのホステルから4つ星ホテルに移ってみた

2014.05.29 18:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

SANYO DIGITAL CAMERA
バックパッカーも「たまには良いホテルに泊まりたい!」ということで、カオサンの安宿から1日だけ4.5つ星ホテルに移ってみました。

 

サワディーカップ!ネパールでの取材を終え、タイでのんびりしている早田遼亮です。

日本ではタイのクーデターが話題になっているようですが、こちらはデモ隊が排除されたこともあり、以前の日常に戻りつつあります。あとは夜間外出禁止令が解除されれば、問題なしですね。

 

星ナシ→4.5つ星へ

こちらが私のカオサンの常宿・THARA HOUSE。低価格でエアコン、テレビ付きシングルがあったりと人気の宿です。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

昨年改装し、シングルも350バーツ→450バーツ(約1400円)と値上がりしましたが、なかなか綺麗な部屋です。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

さて、タイ滞在の最終日、思い切って高級ホテルに移動してみました。今回宿泊したのは以下のホテル。「屋外プールを備えたファミリー向け 4.5 つ星ホテル」とのことです。

グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21
スクリーンショット 2014-05-29 13.59.39

 

旅行ケースをもって、いざ出発です。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

途中、タクシーやトゥクトゥク運転手に「その大きな荷物を持ってバスで移動するのか」と失笑されながら、カオサン周辺のバス停から4.5 つ星のあるアソックへ。これ以上の出費は避けたいので仕方ありません。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

6.5バーツ(約20円)を支払い乗車します。「あなたは荷物が大きいから通行の邪魔にならないよう、後ろの席にいなさいと」言われ、その席からの写真です。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

カオサンからスクンビットに向かう道はデモ隊が占拠していたのですが、クーデターのおかげで通行が可能になりました。写真はデモ隊撤去後の清掃をする人たち。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

4.5つ星ホテルへ潜入

ホテルはアソックの中心にあるターミナル21の上にあります。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

ちなみにですが、周辺にはスピッツの「ロビンソン」のタイトルになったロビンソンデパートもあります。(ボーカルの草野さんがテレビで言っていたので間違いないと思います。)編集註:ソースはこちら
SANYO DIGITAL CAMERA

 

4.5星へいざ!

広々としたエントランスで、
SANYO DIGITAL CAMERA

 

さっそくお姉様がお出迎え。愛想もいいです。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

さっそくチェックインをすませ、部屋へ。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

トイレもウォシュレット、
SANYO DIGITAL CAMERA

 

アメニティも充実です。やはり、4.5つ星は違います。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

19階からの見晴らしは最高!写真の景色はプロンポン、トンロー方面。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

バンコクの夜の代表格、ソイカウボーイも上から眺めることができました。けっこう貴重かもしれません。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

夢のような時間

プールや、
SANYO DIGITAL CAMERA

 

キッズロームなども無料で利用できます。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

エレベーターもカード認証式。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

翌朝のブッフェの様子。貧乏性ゆえ、一晩、部屋のスペースを活かしきれなかったです(笑)。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

そして夢のような時間は過ぎ、いよいよチェックアウト……。カルチャーショックが強過ぎて、ホテルの紹介になってしまいましたが、ご容赦頂ければと。
SANYO DIGITAL CAMERA

 

文・写真:早田遼亮

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
早田遼亮
1977年生まれ。これまでに80カ国を旅し、現在は登山に目覚める。ネパールやタイを拠点に活動中。著書「旅の千夜一夜物語」など。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20