フィリピン英語留学が月10万円というのはホントなのか?

2013.07.24 11:30 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

432238335_0d75e5795f_o

最近、日本人の英語留学先としてフィリピンが人気だという事実をご存知でしょうか。なぜ英語留学でフィリピンなのか? 現地語学学校に見学して探ってきました。

photo by Patrick Tumalad

はじめまして。フィリピンのセブ島在住のYO GOTOです。今回はコミコミ月10万円というウソのようなホントの話、フィリピンの英語留学事情をレポートします。

まず、フィリピンの公用語は英語です(国別英語話者数ランキングで4位)。国内には英語の語学学校がなんと、150校以上あります。中でもセブ島にはフィリピンにある英語学校の80%近くが存在しています。
5033719835_2fa29eb665
photo by eutrophication&hypoxia

セブの町並み
2283711637_ea47ef4a4f

photo by Luis Argerich

その中でも日本人に人気が高い語学学校・クレバーラーンに見学に行ってきました。現在、クレバーラーンでは学生の30%が日本人だそうです。
学校外観

生徒たちの出身国は、日本、韓国を筆頭にロシア、ベトナム、スペイン、ドイツ、フランス、イラン、ナイジェリアなどなど。
Exif_JPEG_PICTURE

グループクラスで授業をやっていました。
グループクラス風景

ずらりと並ぶマンツーマン授業が行われるブース。フィリピンの英語留学はマンツーマン授業が主体で、クレバーラーンでも1日3時間から4時間組み込んでいるとのこと。
Exif_JPEG_PICTURE

すれ違う先生たちがニコッと「ハロー!見学に来たの?」とフレンドリーに話しかけてきます。先生は20台前半の女性が多いです。日本人学生のために日本人スタッフもいました。

生徒が寝泊まりする部屋はなんと海に面しています!
Exif_JPEG_PICTURE

2人部屋。想像以上にキレイ。
二人部屋

4人部屋。個室もありました。生徒は専用のクローゼットとセキュリティーボックスが使えるそうです。
Exif_JPEG_PICTURE

シャワーはもちろんホットシャワー。
風呂トイレ

ちなみに、セブ島にあるほとんどの語学学校には門限があります。スパルタ方式を標榜している学校ではなんと、平日外出禁止の学校なんてのも。アルコールの持ち込みなども禁止で、付属の売店でビールが買えるなんてこともありません。 しかし、アメリカ資本のクレバーラーンは門限なしで、売店にビールも売ってるとのこと。

お昼時だったので、食堂へ。またもやオーシャンビュー!
食堂からの風景

ビュッフェスタイルのようです。 
Exif_JPEG_PICTURE

右上がかぼちゃ、インゲン、ナスの天ぷら。汁物は、なんと味噌汁。全体的に、やさしい味付け。ローカルご飯の味が濃すぎて食べれない僕にはありがたい。
Exif_JPEG_PICTURE

スイカも。
すいか

もうね、海の家に住んでいる感覚。ここで3食ご飯が食べられるそうです。
Exif_JPEG_PICTURE


費用のほうですが、ほんとに学費、滞在費、食費付きで月々10万円ちょっとだそうです。留学を検討中の方はフィリピン留学を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

協力:クレバーラーン

文・写真:YO GOTO
 




↓デスク愛用の海外ホテル比較サイト↓
The following two tabs change content below.
YO GOTO
旅好きが高じて、セブ島にてオンライン英会話スクール【メドトーク】を起業。その他、いくつかお金のかからない小規模プロジェクトを実施中。プロジェクトリーダーを募集しています。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット


デスク愛用の海外ホテル比較>>>

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20