キャッシュパスポートは年齢制限なし!他の海外プリカはどうだ?

803d411a410929b8284cb22d5fe58344

年に1〜2回は海外旅行に行き、ショッピング〜キャッシングまでクレジットカードを使い倒している編集部のennuiです。

10代のうちにもっと海外へ行っておきたかったなぁ、と思う今日この頃です。

というのも、10代の頃の私は英語が苦手すぎて、海外へ行くのが怖かったので機会があっても断り続けていたのです。

それに、もし当時の私が英語ペラペラで海外へ行きたい!と思っていても、中学生や高校生ならクレジットカードを作れませんし、どうやって滞在費を管理すれば良いか悩んでいたかもしれませんね。

そんな昔の私に、今ならおすすめしてあげられるのが年齢制限なしで作れるキャッシュパスポート

今回は、まだ中学生・高校生で海外に興味のあるみなさんや、そのお父さんお母さんにもぜひ知ってほしい、年齢制限なしの海外プリペイドカード、キャッシュパスポートをご紹介していきます。

キャッシュパスポート公式サイトで申し込む

キャッシュパスポートとは?

キャッシュパスポートは、世界210もの国や地域で使うことができる海外プリペイドカードです。

MasterCardの加盟店であればどこでも利用でき、支払いの流れもクレジットカードとほぼ同じなので、事前にチャージさえしておけばクレジットカード感覚で簡単に利用することができます。

なんといっても自分で銀行口座を用意する必要がなく、キャッシュパスポートの専用口座にお金を送金する感覚でチャージできるのが便利なところ。

専用口座には常時200万円まで、1年間では最大500万円までチャージすることができるので、長期の旅行や留学中の生活費を預けておく口座としては十分ですよね。

カードを持っている本人だけでなく、代理人として登録した家族からもチャージすることができ、日本にいるお父さんお母さんからの仕送り用としても使えます。

キャッシュパスポートは年齢制限なし

海外での長期滞在にぴったりのキャッシュパスポートは入会に年齢制限がありません。

クレジットカードの場合、大体は18歳以上からしか申し込むことができませんし、高校生は除く、なんていう但し書きがついていることも多いですよね。

キャッシュパスポートなら中学生でも高校生でも、小学生だって何の問題もなく作ることができます。

他の海外プリペイドカードの年齢規定は?

海外プリペイドカードには、キャッシュパスポートのほかにもマネパカード、マネーティーグローバルなどがあります。

この2つの年齢制限はどうなっているのでしょうか。

マネーティーグローバルは年齢制限なしですが、マネパカードには15歳以上という条件があります。

参考までに、その他の概要も表にまとめてみました。

 

キャッシュパスポート

マネパカード

マネーティーグローバル

年齢制限

なし 15歳以上 なし

年会費

無料 無料 無料

ブランド

MasterCard MasterCard Visa

利用区分

海外専用 国内も可 海外専用

使える通貨

9通貨 6通貨 1通貨

発行までの期間

1週間程度 12週間程度 3週間程度

年会費はどの海外プリペイドカードも無料ですが、使える通貨が1番多いのはキャッシュパスポート。

発行までの期間もキャッシュパスポートが最短です。

対象別キャッシュパスポートの必要性

年齢制限なしで作れるキャッシュパスポートは、まだクレジットカードが作れない学生さんにこそおすすめしたいプリペイドカードです。

中学生の場合…

中学生は、クレジットカードが無理だからということで海外プリペイドカードを作ろうと思っても、マネパカードでは年齢制限に引っかかります。

マネーティーグローバルなら年齢制限はありませんが、使える通貨が限られ、発行にも3週間かかってしまうんですね。

その点、キャッシュパスポートは9つの通貨が使えるマルチカレンシー。

発行までも1週間とスピーディーなので、1番のおすすめはキャッシュパスポートです。

高校生の場合…

高校生でもまだクレジットカードを作ることができません。

頼りになるのは海外プリペイドカードですが、マネパカードと比較してもキャッシュパスポートは多くの通貨を利用でき、発行までも短期間です。

国内で利用する予定があるならマネパカードもおすすめですが、そうでない場合はやっぱりキャッシュパスポートでしょう。

大学生の場合…

大学生になると、クレジットカードを持つことができます。

しかし、学生では審査に通りにくいクレジットカードもありますし、収入がないということで利用できる上限が少額におさえられてしまうこともあります。

すでにクレジットカードを作っている場合でも、海外プリペイドカードと併用するのがおすすめです。

日本とは違って、海外では盗難のリスクが高い地域もあり、万が一の盗難に備えるためには、なるべくいくつかの手段でお金を管理したほうが安心なんですよね。

また、キャッシュパスポートにはスペアカードがあるので、うっかり本カードを失くしてしまったときにもスペアカードを引き続き利用することができます。

スペアカードは他のプリペイドカードにはない強みです。

普段から物を失くしてしまうことが多いかも…という方は注目ですよ。

年齢制限なしのキャッシュパスポートを海外のお供に

年齢制限がないキャッシュパスポートは、学生さんの強い味方。

主な海外プリペイドカードの中では1番スピード発行で、1週間もあれば手元に届きます。

スピーディーな理由のひとつは入会審査がないことで、クレジットカードだと審査落ちが心配だなぁ…という人でも安心して申し込むことができるんですよね。

そういう意味でも様々な人に便利なキャッシュパスポート、ぜひみなさんも海外での生活費の管理に役立ててくださいね。

キャッシュパスポート公式サイトで申し込む

【編集長の評判】キャッシュパスポートのメリット/デメリット


キャッシュパスポートの
メリット/デメリットを、
編集長がぶっちゃけ
お話します。

【メリット】
年齢制限がない
取り扱い通貨が多い
スペアカードがある

【デメリット】
入金手数料1%かかる

キャッシュパスポートは、
編集長が最もおすすめする
海外プリイペイドカードです。

まず、
年齢制限・審査がないので
誰でも持てます。

取り扱い通貨は9通貨と、
主要通貨をほぼカバーし、
利便性が高いです。

個人的に最大のメリットは
スペアカード

もしカードを無くしても、
スペアカードで使い続けられる。
トラブルの多い海外で
これはかなりありがたい!

ただ、
入金手数料1%
ちょっと痛いです。

逆に言うと、
入金手数料1%が気になる人は
マネパカードをおすすめします。

キャッシュパスポートは、
クレカが持てない人はもちろん、
クレカのサブとして最適です!

キャッシュパスポート
年会費 無料
入会資格 年齢制限・審査なし
発行まで 1週間程度
取扱​通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
豪ドル
香港ドル
日本円
NZドル
カナダドル
シンガポールドル

公式サイトはこちら