3年ユーザーの僕がマネパカードのデメリットを晒します

海外旅行ではクレジットカードや海外プリペイドカードを駆使する、自称スマートトラベラー、編集部のLeeです。

僕が持っている海外プリペイドカードは「マネパカード」なんですけど、もう3年にもなります。

「マネパカードは使えない」
「マネパカードで本当に大丈夫?」

なんて口コミも見ますけど、確かにマネパカードにはデメリットもあります。

デメリットも知った上でマネパカードを申し込みたい人のために、今回は、3年ユーザーである僕がマネパカードのデメリットをぶっちゃけちゃいます!

「マネパカードは使えない」への僕の見解

まず、「マネパカードは使えない」という口コミに対する僕の意見ですが、そんなことはありません。

マネパカードはマスターカードが使えるお店でしたら、海外でも国内でも買い物できます。

それに、預金口座からキャッシュカードで預金を引き出すのと同じ感覚で、マネパカードにチャージした外貨を海外の銀行ATMから引き出せます。

マネパカードは十分に使えますから、大丈夫ですよ!

僕が思うマネパカードのデメリット1
対応通貨が少ない

でも、マネパカードはチャージに対応している通貨が少ないとは思いますね。

マネパカードが対応しているのは、以下の6通貨です。

・日本円
・米ドル
・ユーロ
・英ポンド
・豪ドル
・香港ドル

でも、マネパカードのライバルともいえる「キャッシュパスポート」は、以下の9通貨に対応しているんです。

・日本円
・米ドル
・ユーロ
・英ポンド
・カナダドル
・豪ドル
・NZドル
・香港ドル
・シンガポールドル

マネパカードでも、カナダやシンガポール、ニュージーランドでも使えますけど、米ドルをチャージしていないと使えないんです。

さらに、米ドルからカナダドルに両替するときに、利用金額の3%が別にかかってしまいます。

僕が思うマネパカードのデメリット2
チャージに一手間かかる

マネパカードは、日本円にしか直接チャージできないのも、デメリットですね。

マネパカードを使うには「日本円にチャージ→他の5通貨に両替」という2ステップが必要です。

これに対して、キャッシュパスポートは、外貨専用の口座に直接チャージができます。

僕も、かつて出発前で慌ただしかった時、日本円でのチャージは済ませておいたものの、「両替は後でいいや」と思っていたら、うっかり忘れたまま出国してしまったことがありました。

そのままでは使えないので、現地に到着したらすぐに、スマホから両替を済ませて大丈夫でしたが…。

僕が思うマネパカードのデメリット3
不正利用対策が比較的弱い

クレジットカードと比べて、不正利用などがあった時の対応が弱い、というのもデメリットに感じています。

クレジットカードの不正利用対策は万全

クレジットカードの場合、盗まれたカードで不正利用があると、会員のところに電話が来ます。

僕も、ローマで不正利用があったらしく、カード会社から電話が来ました。

手元にカードはあったので、どこかでスキミングされたんだと思います。

その時はもう帰国していたので、使えるわけがなく、請求は取り消されました。

クレジットカードの場合、実際の利用から請求まで1~2か月程度の期間がありますので、仮に不正利用があったとしても安心です。

マネパカードはすぐに引き落とされてしまう

でも、マネパカードの場合は、利用されたらすぐに口座から引き落とされてしまいます。

すぐに引き落とされるのは、お金の管理がしやすいメリットでもあるんですけど、不正利用に対して弱いというデメリットにもなりますよね。

もちろん、マネパカードや警察に届け出を出していれば、後ほどマネパカードが被害額を補てんしてくれるんで大丈夫なんですけど、とりあえず自腹を切らないといけません。

そうなると、残高不足になる心配があって気が気じゃないです。

僕がマネパカードを持ち続ける理由

デメリットもあるマネパカードですが、それでも僕がマネパカードを3年持ち続けているのは、メリットが大きいからです。

為替レートが良い

まず、為替レートが良いのがうれしいです。

マネパカードとキャッシュパスポート、銀行の外貨両替のレートを比べてみると、こんな感じです(2017年12月8日現在)。

マネパカード

キャッシュパスポート

三菱東京UFJ銀行

米ドル

114.17

115.57

116.09

ユーロ

134.347

137.19

137.30

英ポンド

154.503

160.09

164.57

豪ドル

85.861

92.19

94.77

香港ドル

14.832

15.28

16.94

特に、豪ドルのレートの良さがすごいですよね。

マネパカードは、運営会社のマネーパートナーズのFXレートをもとにしているとのことで、これが為替レートが良い理由です。

僕も、オーストラリアに行ってみたいと思っているので、これはうれしいですね。

国内のショッピングでも使える

マネパカードは、海外だけでなく日本のショッピングでも大丈夫です。

キャッシュパスポートは、国内ショッピングでは使えないので、これは大きなメリットです。

昔、僕はトラベラーズチェックをお金管理のメインにしていました。

帰国後に余ったトラベラーズチェックは、基本的に日本円に再両替していましたが、手続きが面倒でレートもよくありません。

でも、マネパカードは、余った外貨を日本円に再両替しておけば、日本国内でのショッピングにも使えます。

しかも、利用金額の1.5%以上(取引状況に応じて率は変わる)がキャッシュバックされます。

クレジットカードでも、1.5%のポイント還元はなかなかないこのご時世、得した気分になります。

ショッピング保険が付帯している

さらに、マネパカードにはショッピング保険が付帯しています。

マネパカードで商品を買ってから30日以内に、破損や盗難の被害に遭ったとき、自己負担5,000円を差し引いた全額を、50万円を上限に補償してくれます。

ショッピング保険は、ステータスの高いクレジットカードに付いていることが多く、僕が持っているクレジットカードにはついていません。

さらに、マネパカードのショッピング保険が優れているのは、国内外を問わず大丈夫ということです。

ステータスカードのショッピング保険でも、海外のみ対象で国内では使えない保険があります。

対象外の商品や保険が使えないケースがいくつかありますけど、海外旅行ではあまり買わないような品物ばかりで、普通に海外旅行をしていればほとんど大丈夫ですよ!

まとめ

確かに、デメリットもあるマネパカードですけど、僕からすればメリットの方がはるかに大きいです。

僕の場合、特にお得を重視しているので、「為替レートがお得」「国内ショッピングでキャッシュバック」は大きなメリットですね。

でも、お得重視ではなく、利便性を重視する人もいると思いますので、そんな人はマネパカード以外も考えてみましょう。

いずれにせよ、メリットとデメリットを見た上で、自分がマネパカード向きかどうかを判断してください。

マネパカード公式サイトはこちら

↑年会費・発行料無料↑

【編集長の口コミ】マネパカードのメリット/デメリット


マネパカードの
メリット/デメリットを、
編集長がぶっちゃけ
お話します。

【メリット】
手数料が日本最安
日本でも使える

【デメリット】
取り扱い通貨が少ない
年齢制限がある

結論から言うと、
手数料を安くしたいなら
マネパカード一択です。

マネパカードは、
ショッピング時の手数料が
海外プリペイドカードの中で、
最安です。

クレジットカードと比較しても
ショッピング時の手数料は
半額です。

しかもライバルの
キャッシュパスポートではかかる
入金手数料無料

なぜこんなことが可能かというと
親会社がFX会社という
強みを活かしているからです。

デメリットに関して、
取り扱い通貨が少ないというのは
キャッシュパスポート等
他海外プリカと比較してであり、
主要通貨はカバーしているので
それほど問題ではありません。

ただし、
15歳以上という年齢制限は
海外プリカを利用する人は
若年層が多いので、
デメリットと言えるでしょう。

マネパカードは、
メインカードとしてはもちろん、
クレカのサブとして最適です!

マネパカード
年会費 無料
入会資格 15歳以上・審査なし
発行まで 1週間程度
取扱​通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
豪ドル
香港ドル

申し込みはこちら