3年使ってみて。マネパカードの安全性について

マネパカードを3年愛用する編集部のLeeです。

「マネパカードの安全性はどうなっているんだろう」

と疑問に思って、マネパカードになかなか申し込めない人、いるんじゃないでしょうか?

今回はそんな人たちのために、僕の経験からマネパカードの安全性を徹底的に検証しちゃいます!

マネパカードを3年使ってみて。安全性は問題無し

マネパカードユーザー歴3年の僕が思うに、マネパカードの安全性には全く問題がありません。

以前海外で、ICチップがないカードを使ってショッピングしたときに店員さんがお店の奥に引っ込んで決済をしたことがあったんですが、何をされているか不安で仕方なかったです。

でも、マネパカードにはICチップが付いているので、携帯用の決済端末を使って僕の目の前で決済してくれます。

マネパカードは使うたびにメールが送られてくるので、万が一不正利用があってもすぐに気づくことができると思います。

僕は今までマネパカードで不正利用の被害に遭ったことはないですよ。

マネパカードが安全だと思う理由1
万全の不正利用対策

第一に、マネパカードは不正利用対策がしっかりとされています。

ICチップ搭載でスキミングなし

マネパカードには、ICチップが搭載されていますけど、これが実は安全性に一役買っているんです。

日本でクレジットカードを使う時、磁気ストライプ部分を読み取って支払いをするお店も、結構ありますよね。

実はこの方法、磁気ストライプ部分から情報を読み取る「スキミング」の被害に遭いやすいんです。

読み取った情報をもとに偽造カードが作られて、不正利用されてしまう仕組み。

でも、ICチップだと、スキミングなんかで不正に情報を読み取るのが難しいので、不正利用の可能性もほとんどゼロ、というわけです。

海外ではICチップが付いたカードが主流

海外では、ショッピングもATMからの現地通貨引き出しも、ICチップ付きのカードで行うのがほとんど。

磁気ストライプの出番はほとんどありません。

実は、ICチップも国やカード会社によって規格が違うらしく、日本で普通に使えるクレジットカードが海外で使えないなんてことが僕もありました。

でも僕のマネパカードは、運が強いのか分かりませんけど、海外で一度も拒否されたことはありません。

マネパカードが安全だと思う理由2
お知らせメール

マネパカードの安全性が高い理由、それは利用するとお知らせメールが届くことです。

「マネパカードご利用のお知らせ」というタイトルのメールが、登録したメールアドレスに届きます。

「○○様のカードご利用を受け付けました。
下記のURLよりログインしていただき、利用明細を確認ください」

という文章です。

メールの文章では明細が確認できないので、会員サイトにログインして確認します。

もし、身に覚えのない不正利用があった場合には、すぐにマネパカードを利用停止にすればいいですからね。

もし、マスターカード加盟店でのショッピングで不正利用があった場合は、1か月以上はかかりますけど全額返金してもらえますよ。

マネパカードが安全な理由3
自分で不正利用対策ができる

マネパカードが安全な理由、3つ目は会員サイトで不正利用対策がカンタンにできる点です。

利用限度額を最小限にする

マネパカードの利用限度額を最小限に設定しておけば、不正利用の被害も最小限にできます。

・国内ショッピング限度額(1回・1日・1か月)
・海外ショッピング限度額(1回・1日・1か月)
・海外現金引き出し限度額(1回・1日・1か月)

合計で9つの項目の利用限度額を、自分の好きなように設定できます。

最初は最大の限度額になっているので、そのままにしておくと不正利用された時の被害が大きくなっちゃいますね。

利用限度額を最小限に設定しなおせば、不正利用されたとしても被害金額は多くなりませんよ。

会員サイトからセキュリティロックできる

マネパカードが不正利用されていると気づいたら、すぐに会員サイトからセキュリティロック(利用停止)することもできます。

カードの中には、電話をしないと利用停止できないものもありますがマネパカードの場合は、

①会員サイトにログイン
②「カード情報(明細・履歴・停止)」をクリック
③「各種変更TOP」をクリック
④「カード利用停止/カード利用再開」をクリック
⑤「確認」→「確定」をクリック

たった5ステップでカードの利用停止ができますので、スピーディーに安全性が確保できますね。

利用停止を解除したい場合も、同じ手順です。

マネパカードの安全性まとめ

マネパカード自体は、安全性がとっても高いです。

でも、利用者自身の安全性の意識が高くないと、意味がありません。

・怪しいお店でカードを使わない
・店員の手元をよく見る
・ATMを使う時には周囲の目を気にする
・ATMにおかしな器具が付けられていないか確認する

など、海外ではマネパカードを使う時には注意の目を向けましょう。

マネパカード公式サイトはこちら

↑年会費・発行料無料↑

【編集長の口コミ】マネパカードのメリット/デメリット


マネパカードの
メリット/デメリットを、
編集長がぶっちゃけ
お話します。

【メリット】
手数料が日本最安
日本でも使える

【デメリット】
取り扱い通貨が少ない
年齢制限がある

結論から言うと、
手数料を安くしたいなら
マネパカード一択です。

マネパカードは、
ショッピング時の手数料が
海外プリペイドカードの中で、
最安です。

クレジットカードと比較しても
ショッピング時の手数料は
半額です。

しかもライバルの
キャッシュパスポートではかかる
入金手数料無料

なぜこんなことが可能かというと
親会社がFX会社という
強みを活かしているからです。

デメリットに関して、
取り扱い通貨が少ないというのは
キャッシュパスポート等
他海外プリカと比較してであり、
主要通貨はカバーしているので
それほど問題ではありません。

ただし、
15歳以上という年齢制限は
海外プリカを利用する人は
若年層が多いので、
デメリットと言えるでしょう。

マネパカードは、
メインカードとしてはもちろん、
クレカのサブとして最適です!

マネパカード
年会費 無料
入会資格 15歳以上・審査なし
発行まで 1週間程度
取扱​通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
豪ドル
香港ドル

申し込みはこちら