マネパカードに審査はあるの?学生(高校生)でも持てるって本当?

マネパカードを3年愛用している編集部のLeeです。

「マネパカードがほしいけど、発行できるか不安」

と思って、申し込みたいけど申し込めない、そんな人もいるのではないでしょうか?

特に、高校生はクレジットカードを持てないから、マネパカードも持てないんじゃないかと不安にもなるでしょう。

結論から言うと、マネパカードに審査はありません!

今回は、僕の経験も交えてマネパカードの申込条件、発行までの流れなどを紹介しましょう。

マネパカードに審査はない!

まず、マネパカードにはクレジットカードでは必須の与信審査がありません。

「与信審査」とは、簡単に言うと、借金をする際の審査のことです。

これだけでも、高校生や学生はうれしいですよね。

マネパカードでは、申込内容に不備がないかなどの「チェック」はしていますけど、収入が少ない、借金がある、という理由で断られることはありません。

僕のマネパカード申し込み体験

僕がマネパカードに申し込んだ当時は、30代でした。

当時何枚かクレジットカードを持っていましたが財布をすっきりさせるために、マネパカードの申し込み直前に、クレジットカードを何枚か解約しました。

ところが、あるサイトを見てみると、「カード申し込み直前に他のカードを解約すると、審査の印象があまり良くない」という記事を見つけてしまったのです!

その記事は、クレジットカードやカードローンに関する記事でしたけど、「もしかしたらマネパカードでも発行してもらえないんじゃないか」と、とたんに不安になっちゃいました。

でも、申し込んでから10日程度で、自宅にマネパカードが届きました。

とっても嬉しかったのを、今でもよく覚えています。

ただし、マネパカードには年齢制限がある

ただし、マネパカードには「15歳以上」という年齢制限があります。

昔は、「70歳未満」という年齢制限がありましたけど、今はありません。

15歳以上であれば、高校生でも大学生でも、専門学校生でも社会人でも、申し込むことができます。

クレジットカードの申し込み条件は18歳以上

クレジットカードの申し込み条件は、「高校生を除く18歳以上」です。

18歳以上であっても、高校生はクレジットカードを持つことはできません。

クレジットカードには「家族カード」というカードもありますけど、家族カードの申込条件も「高校生を除く18歳以上」です。

僕は高校生の頃、「親が会員になっているクレジットカードの家族カードがほしい」と言ったのですが、親に断られた経験があります。

当時は、「ケチだなぁ」と思ったものでしたけど、高校生の僕には申込資格がなかっただけなんですね。

キャッシュパスポートには年齢制限がない

一方、マネパカードと並んで人気の海外プリペイドカードが「キャッシュパスポート」ですが、キャッシュパスポートには年齢制限がありません。

高校生はもちろん、理論上は中学生や小学生、さらに赤ちゃんも持つことができるのです。

高校生よりもさらに下の人で、海外に行く予定のある人は、キャッシュパスポートがおすすめですね。

じゃ、15歳以上であれば誰でも持てる?

マネパカードは15歳以上であれば誰でも持つことができるのかというと、そうではありません。

未成年者は親権者の同意が必要

マネパカードは、15歳以上ならば誰でも申し込めますけど、未成年者が申し込む場合には、親権者(一般的には親)の同意が必要です。

一般的に高校生などの未成年者は、成年者と比べて判断能力が十分ではないとされています。

不利益な契約を結ばされないよう、「未成年者は理由なく一方的に契約を破棄できる」ことが、民法で決まっています。

一方的に契約の取り消しをされてはカード会社も困ってしまいますから、取り消されないようにあらかじめ親権者の同意を求めるのです。

未成年者は親権者の同意がないと、マネパカードは発行できません。

メールアドレスが必要

マネパカードでは申込完了のお知らせや申し込み後の不備などの連絡を、メールで行います。

ですので、メールアドレスがないとマネパカードには申し込めません。

フリーメールのアドレスでもOKですので、申し込み前に作っておきましょう。

提出書類や申し込み内容に不備があると…

また、提出書類や申し込み内容に不備があっても、マネパカードは発行されません。

申し込むときには、以下のうちいずれかの「本人確認書類」が必要です。

・住民票の写し
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・印鑑登録証明書
・個人番号カード
・外国籍の方は在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、住民票の写しのいずれか

僕は、運転免許証のコピーを使いましたけど、高校生は個人番号カードやパスポート、健康保険証などが用意しやすいでしょう。

また本人確認書類とは別に、「個人番号を確認する書類」として、以下のいずれかの書類が必要です。

・個人番号カード
・個人番号通知カード
・個人番号付き住民票の写し

僕は、個人番号通知カードを使いました。

マネパカードの申し込み〜届くまでの流れ

実際に、マネパカードを申し込んでからカードが届くまでの流れはどうなっているのか、見てみましょう。

①「本人確認書類」「個人番号確認書類」の2点を用意


【マネーパートナーズのFX口座がない場合】
マネパカードの「カードお申込み」ボタンをクリック

【マネーパートナーズのFX口座がある場合】
FX会員専用のサイトにログイン後、「マネパカード」タブより申込み

③「本人確認書類」「個人番号確認書類」の2点を提出(アップロード、メール添付、郵送)

④お客様情報を入力

⑤暗証番号の設定

⑥「申込完了」のメールが送られる

⑦「カード発行のお知らせ」のメールが送られる

⑧申込から最短1週間程度で、簡易書留(転送不要)でカードと口座開設通知書が送られる

まとめ

マネパカードは、15歳以上ならば学生はもちろん高校生でも申し込めます。

気になる審査もないので安心してください。

ただし、申込内容や書類に不備があるとマネパカードは発行されませんから、確実に書類を準備して、落ち着いて申込フォームに入力してください。

マネパカードが届くまで1週間~2週間程度かかりますから、遅くても出国2週間前までには申し込んでおきましょう!

マネパカード公式サイトはこちら

↑年会費・発行料無料↑

【編集長の口コミ】マネパカードのメリット/デメリット


マネパカードの
メリット/デメリットを、
編集長がぶっちゃけ
お話します。

【メリット】
手数料が日本最安
日本でも使える

【デメリット】
取り扱い通貨が少ない
年齢制限がある

結論から言うと、
手数料を安くしたいなら
マネパカード一択です。

マネパカードは、
ショッピング時の手数料が
海外プリペイドカードの中で、
最安です。

クレジットカードと比較しても
ショッピング時の手数料は
半額です。

しかもライバルの
キャッシュパスポートではかかる
入金手数料無料

なぜこんなことが可能かというと
親会社がFX会社という
強みを活かしているからです。

デメリットに関して、
取り扱い通貨が少ないというのは
キャッシュパスポート等
他海外プリカと比較してであり、
主要通貨はカバーしているので
それほど問題ではありません。

ただし、
15歳以上という年齢制限は
海外プリカを利用する人は
若年層が多いので、
デメリットと言えるでしょう。

マネパカードは、
メインカードとしてはもちろん、
クレカのサブとして最適です!

マネパカード
年会費 無料
入会資格 15歳以上・審査なし
発行まで 1週間程度
取扱​通貨 米ドル
ユーロ
英ポンド
豪ドル
香港ドル

申し込みはこちら