べトナム料理はフォーより「ミー」!夫婦で3日間通ったローカルの味

2016.06.21 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_4558

ダラットでなんとなく立ち寄ったレストランで食べたべトナム料理の「ミー」。べトナムでは珍しい、小麦粉の麺で食べる麺料理で、ちょっと塩ラーメンみたいで、美味しすぎて…、3日通いました。

 

べトナム料理の「ミー」に惚れた

こんにちは!新婚旅行で世界一周中のNO TRAVEL NO Life、大地と涼です。(新婚旅行で世界一周の連載はこちら

DSC_4804

 

ベトナム料理といえば米粉の麺で食べるフォー(Pho)ですが、小麦粉の麺の「ミー」(Mi)という麺料理も人気です。べトナム・ダラットでなんとなく入ったローカルなレストランで食べた「ミー」があまりに美味しく、3日間通い続けてしまうレベルでした…。

 

ミーはべトナムの麺料理。白、または黄色い小麦の麺で食べる。Wikipedia参照。

 

ダラットは高原にあるため涼しく、フランスの名残のあるヨーロッパ風の建物も多かったです。

DSC_4821

 

ダラット(Đà Lạt、Dalat)は、ベトナム中南部の都市でラムドン省の省都。フランス植民地時代に避暑地として開発された。観光都市であり、現在はベトナム人カップルの新婚旅行先として人気がある。Wikipedia参照。

ダラットへのアクセス:タンソンニャット国際空港/ホーチミン → リエンケオン国際空港/ダラットは飛行機で約1時間。リエンケオン国際空港 → ダラット中心部は車で約30分。または、ホーチミンよりバスで約6時間半。

 

たまたま入ったレストランで出会ったべトナム料理「ミー」

ダラットの街をレンタルバイクで散策している時に、たまたま見つけたお店がこちら。

DSC_4556

 

「安そうだしここでいいや…」とあまり期待をせずに入ったお店なのですが、入店時はお昼過ぎだったためか、お客さんはおろか、お店の人もいませんでした。

 

メニューにあったべトナム料理のフォー…ではなく、さっそく「ミー」を注文することに。お値段は一杯35,000ドン。日本円にしてなんと一杯、約170円!

13340937_1038021042942636_652000895_o

 

厨房ではレストランの女将さんが黙々と調理中…。

13396637_1037993516278722_555420953_o

 

これがべトナム料理の「ミー」だ!

ぱっと見はなんだか塩ラーメンみたいです。具のチャーシューとネギが食欲をそそります…! 

DSC_4558

 

食べてみると、やや固めに茹でられた麺に、とてもアッサリした魚介のスープ。ほんのり甘さがあって、日本では味わったことのない、何とも優しい味でした…。ちなみに、ダラットのこの店のミーには替え玉システムがあり、3日間通い続けてしまいました。

 

べトナム料理のミーを食べてローカルな雰囲気も味わえた

店員さんとは、英語が通じなかったので会話はできませんでしたが、僕たちが笑顔で「おいしい!」と伝えると笑顔を返してくれたりと、家族で営むあたたかい雰囲気でした。

いまでも「あのミーもう一度食べたいね!」と2人でよく話しています。

 

期間限定割引中
banner



The following two tabs change content below.
NO TRAVEL NO Life
#新婚旅行で世界一周 この2人の夢の実現するために超節約生活を乗り越え、2015年6月末から夫婦で世界一周の旅をスタートさせました。旅の中での出会いを楽しみ、期限も行き先も決めずにその時、その場所で感じたことを大切にする旅をしています。その中でお互いのやりたいことを実現し、旅を通して強くて優しい夫婦になれることを目指しています。▶Facebook ▶ブログ ▶Instagram ▶Twitter 

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20