ラクダと嫁のお尻【嫁の観察日記 @世界一周】

2016.02.19 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_7030

サハラ砂漠ツアーを終えた嫁のお尻にはなんと・・・

 

こんにちは。夫婦で世界一周しております旅人 草 -tabibito sou-(旦那)です。他人の嫁を通して世界一周しようという心意気ではじまった連載・嫁の観察日記の第10回目をお届けします。

連載バックナンバーはこちら

 

新婚旅行なのにヨーロッパで1ヶ月半も働いた嫁(前回)。再び旅するエネルギーを貯めることができた嫁の観光欲は完全に復活しました。しかし復活しすぎて嫁の軽い暴走が始まってしまいました。

 

ドイツ、フィンランドで労働三昧の次は…

2015年9月27日の嫁 @フィンランド

IMG_6514

ドイツで半月、フィンランドで1ヶ月のWWOOF(ウーフ)を使った労働を楽しく終えた僕らは観光を全くせずフィンランドを去ります。

最後にホストにお礼を。
英語が苦手で泣いていた嫁が、辞書を使いながらもお礼文をスラスラ書けるようになったことに驚きました。

 

労働の反動?嫁の金使いが荒くなってる…

僕らの旅は、基本的に観光場所や宿泊場所を探すのが嫁なんです。
次の国はスペイン。
ご飯も観光も楽しみの国。嫁は何にお金を費やすのでしょうか。

 

2015年9月30日の嫁 @バルセロナ

DSC_6345

酒は全く飲まない嫁。飲んでも一口程度。そんな嫁がバルセロナのバルで酒を一滴も飲まずにピンチョスを食す。

インドからの目標は「とにかく太ること」。それならしかたないか!

 

2015年10月1日の嫁

DSC_6626

ピンチョスを食しまくった嫁。翌日は一個約450円以上もしたドーナツ屋の前で東南アジアでも見せたチワワのような目で脅してきました。

インドの宿代・一日平均1000円(二人)を経験した僕らにとっては驚愕の値段!

いくら太ることが目標と言っても(涙)…

 

2015年9月29日の嫁

IMG_6570

普段海外サッカーなど見ない嫁ですが、「せっかくのチャンスだから!もう来ないかもだから!」と魔法の言葉を使って来ます。

説得させられたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦の試合のチケットは…85ユーロ(約11,000円)。

Ummm…高い!高すぎる!!

 

建造物にお金を惜しまない嫁

2015年10月1日の嫁

DSC_6485

遺跡や建造物が大好きな嫁。ガウディの作品が見られるここバルセロナはすぐにお気に入りの場所になったようです。その中でもグエル公園は気に入って、3時間も園内をウロウロしました。いい加減足が疲れたよね…。

 

DSC_6395

夜になっても嫁の観光意欲は全くもって衰えません。ライトアップされたサグラダファミリアをスマホで撮りまくる嫁。

しかしここだけはひと目見ただけで鳥肌が立つほどの存在感がありました。嫁よ、建物でもすごいところはあるんだな。

 

DSC_6365

バルセロナの街歩き。夜の10時を回っても出歩きます。世界一周出発前は「海外の夜は絶対危ないから8時以降は出歩くのは止めよう」とか言ってたのに、完全に観光欲に負けて夜遊びしまくりです。もちろん用意周到な嫁は小さいカバンにもがっちり南京錠を付けて用心してます。

最低限の安全策は必要ですが、意外に安全だとわかりました。

 

砂漠ツアーの代償は…お尻に

2015年10月5日の嫁 @メルズーガ

DSC_7030

スペインからモロッコに飛んできた僕ら。「ここだけは絶対行きたい」とサハラ砂漠のツアー(参照)に参加しました。しかし想像以上に大変だったのがこのラクダ乗りです。
1泊2日でわずか2時間半程しか乗ってないのに、嫁は「お尻が痛すぎるから、申し訳ないけど見てくれる?」と僕に確認要請。
するとなんと直径1センチほどで皮が剥け肉まで見えてしまっているキズが4箇所もできてました。こ、これは痛いでしょ!!

 

2015年10月9日の嫁 @マラケシュ

DSC_7624 

キズが癒やしきれてないお尻をかばいながら座る嫁。その目の前には羊の頭が4頭分もドンドンドンと置かれていました。そんなの関係ないと言わんばかりにおじさんにラム肉を注文する嫁の後ろ姿は、出発前よりも明らかに大きく見えました。

実は嫁、ラム肉が苦手なんです。チャレンジ精神・・・見習わなくちゃ。

 

DSC_7614

東南アジアでは「屋台はちょっとお腹に心配だな」とか言っていた嫁がウソのように、いろんな物にチャレンジしていきます。

これはおじさんが売っていたサボテンの実。「意外にうまいね」と満足そうな嫁。

 

いよいよ最後の難関・南米へ

2015年10月10日の嫁 @マドリード

IMG_6761 

マドリード空港の到着エリアにて。「じゃ今日はここでおやすみ」と南米に向かう最後の夜を過ごします。神経質で、少し汚い宿やちょっとした物音でも寝れなくなってしまった以前の嫁でしたが、人間は慣れれば大抵のことが出来てしまうようで、旅人では当たり前の空港泊も難なくこなせるようになりました。

どうです?強くなったでしょ?

 

日本を離れて9ヶ月半。
東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカを旅してきた僕らは、ついにこの旅最強の敵(勝手にそう決めつけています)であろう中南米に飛びます。

どこの地域よりも、強盗や殺人などの危険情報が多いこの地域の僕らの旅はどうなるのか、最後までお楽しみください。

 




↓デスク愛用の海外ホテル比較サイト↓
The following two tabs change content below.
旅人 草-tabibito sou-
元理学療法士と元幼稚園教諭の二人。ともに仕事を辞め世界に飛び出します。世界一周が初のバックパッカーとなる二人のちぐはぐ・デコボコな旅…。ホテルだけでなく、人の家、カウチサーフィンやWWOOFなどを利用するちょっと変わった新婚旅行をお伝えします。 ブログ:tabibitosou.com fbページ:旅人 草 -tabibito sou-

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット


デスク愛用の海外ホテル比較>>>

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20