小国モーリシャスの路上でダンスセッションしたらこうなった

2015.12.27 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

5h_x5Vt2qTMgqEp1450860950

名前すら知らなかったモーリシャスという国を肌で感じられた瞬間でした……。

 

モーリシャスって何?

世界を踊りながら旅をしているダンサーのMADOKAです!連載2回目の今回は、小さな島国モーリシャスで起きた出来事を書きます。

恐らくほとんどの人が名前すら聞いたことないであろうモーリシャス。私自身も正直、さっぱり知りませんでした。でも、今では大好きな国の1つになっています。

現地の伝統的なダンスを鑑賞しつつ、ストリートダンサーとダンスセッションをしてきました。それはそれは堪らなく興奮し、また、ダンスだからこそ気づけたことがありました。

 

モーリシャス共和国

モーリシャス共和国は、アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はポートルイス。インド洋のマスカレン諸島に位置する共和国である。インド商人の貿易中継地になっていたためインド系住民が過半数を占める。
Wikipediaより引用

 

首都ポートルイスはこんな感じ

首都、ポートルイスの市場はとても賑わっていました。

ESliTV_p5NJpn_D1450862334

 

物を頭に乗せて運んでる人もよく見かけます。

Y46TCYxokqIabfF1450861154

 

奴隷の叫びから生まれた伝統のセガダンス

 

セガダンス
モーリシャスに連れてこられた奴隷の間で生まれた音楽「セガ」にのせて踊るダンス。モーリシャスでの不平に対する奴隷の叫びが歌われている。Wikipedia参照

 

男性が演奏し…

M1ZoXfctba8DYrq1450861250

 

女性が踊ります。

M221EIA33CMOP5K1450861210

 

不平に対する奴隷の叫びとは思えないほど、華やかできらびやかなダンスでした…。

87HCQDyF4iR0KzN1450861293

 

ストリートダンサーとセッション開始!

街中の様子は、市場とはちょっと違って荒れた雰囲気。
お昼時にも関わらず、バーからガンガン流れてくる音楽が気になり近づいてみると…

UpstK1Zomrlh7op1450861230

 

そこにはストリートダンサーの集団が!
そして気づけば、ダンサー達の中に飛び込んでいる自分がいました。

lQWmpU7__ctmYK51443139487

 

オーディエンスの大きな歓声が聞こえてきます!

IhpEn9J3tQqJsLg1443140417

 

もう全身トリハダ…。なんだかよくわからないけど、内側からこみ上げてくるものがあり、踊りながら何度も泣きそうになってました…汗だくになるまで、音楽が鳴る限り、私達は踊り続けていました……。

new_484063_348333805286677_963743065_n

 

自分を受け入れてくれたモーリシャス

きっと私のダンスはめちゃくちゃでした。でも、そんなことはどうでもよかったのです。なぜなら、自分が自分として受け入れてもらえた気がしたからです。彼らも、私のダンスが上手とか下手とか、そんなことは気にしていませんでした。

同時に「この人のダンスは上手/下手」といつからか人をジャッジするようになっていた自分に気付いた瞬間でもありました。ダンスに限らず、「この人は良い人/悪い人」というような二者択一じゃないということを、ダンスを通して、改めて気づきました。

 

聞いたこともなかった国で、名前も知らない人達とダンスを通して人生の時間を共有できた…。
ひとそれぞれカタチは違えど、これぞ旅の醍醐味と言えるのではないでしょうか?

12431310_850620258391360_1326377768_n

 

普段の活動の様子もオフィシャルサイトから是非チェックしてみてください!ではまた次回!

 

The following two tabs change content below.
Dance Messenger MADOKA
世界各国を旅するダンサー。人はなぜ踊るのか?なぜダンスが生まれたか?を探求しにダンス発祥地と呼ばれるアフリカ・南米を中心とした世界一周の旅に出る。現在は世界100カ国出身の生徒が集まる国際学校でダンス講師として活動や、カナダを拠点に世界各地でダンサーとして活動。 ブログTwitterYoutube

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20