中国のひとり鍋「麻辣湯(マーラータン)」が骨身にしみる

2015.12.25 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_0747

中国の鍋と言えば火鍋だけではありません。中国どこでも食べられて、安くて、旨い!それがおひとり様の鍋「麻辣湯(マーラータン)」です。

2万円OFFキャンペーン中
banner


 

ご無沙汰してます。のんだくれやろうの三矢です。お鍋が恋しい季節になってきたので久しぶりにお酒以外のことを書きたいと思います。

 

この旅のスタートに、あえて国際フェリーで出国しロシアに渡った僕は、その後無難に国際バスで中国に入国しました。写真はロシア ウスリースク発ハルビン行の国際バス。まだ夜も明けきらない早朝初です。
DSC_0591

 

-20℃の世界で度肝を抜かれた光景

車窓から見える景色は見渡す限り雪!雪!!雪!!!
DSC_0659

日本から持って行った『地球の歩き方 中国』によると中国黒竜江省の省都ハルビンの12月の気温は、平均最高気温-10.4℃、平均最低気温-21.1℃、平均気温-15.8℃の極寒の世界(なお1月は平均最低気温が-25.2℃まで下がる模様)。

 

線路も雪に覆われて真っ白です。
DSC_0997

 

そんなハルビンで僕が一番目を疑ったのが、これ。
DSC_0955

 

お分かりいただけただろうか。

 

これ幅数百メートルある川が完全に凍ってしまっているんです。川を歩いて渡れるなんて信じられません。
DSC_0960

 

中国で庶民の鍋といえば麻辣湯(マーラータン)

あまりに寒いので辛い物でも食べて体を温めようと思っていたところ運よく見つけました。中国の鍋!
DSC_0754

 

お店に入ってみると簡素な座席がならんでいて、その奥に……
DSC_0751

 

食べ放題のように野菜や肉などがずらりと並んでいます。
DSC_0748

 

写真右上の赤地に黄色の文字にあるように、具材ごとに値段が決まっていて、選んだ具材や量に応じて料金が決まるシステムになっています。
DSC_0750

 

野菜やキノコなど鍋の定番以外にも麺類など炭水化物もあります。
DSC_0749

 

備え付けのお皿に食べたい具材を適当にチョイスし、レジに持って行って会計をすると、この写真のように厨房で鍋にして持ってきてくれます(この写真は別の食堂)。
DSC_2778

 

料理ができるまで手持無沙汰だったのでビールを注文。どんなに寒くてもビールが飲みたくなるのが飲んだくれの悲しい性。もちろんここは地元の哈爾浜啤酒(ハルビンビール)をチョイス。中国のビールに特徴的な非常に軽いラガービール。
DSC_0743

 

ぼっちにオススメの鍋

ものの5分で完成。唐辛子の効いた辛いスープで体が芯から温まります。
DSC_0747

気になるお値段はこれ一杯でなんとたったの11元(約200円)!ビールも一本たったの3元(約60円)。格安で心も体も温まりました。

 

中国で鍋と言ったら四川料理の火鍋が有名ですが、麻辣湯なら一人でも気軽に食べられ、かつ安くて野菜も沢山取れるのでおすすめです!

 

 

 

次の記事はこちら
>>これからバックパッカーするあなたに伝えたいこと



お得に海外旅行したい人のためのサイト「budget-travel」






The following two tabs change content below.
三矢英人
1986年神奈川県生まれ。住所不定無職。日本地ビール協会認定ビアテイスター、米国公認会計士(Inactive)。行きたいところに行き、見たいものを見て、食べたいものを食べ、飲みたい酒を飲む、がモットー。三度の飯より酒が好き。 HP: my pace, my life Twitter: hideto328

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20