ポルトガルの朝ごはんにセンチメンタル

2015.09.15 10:35 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

P6080950

日本から遠く離れたポルトガルの朝ごはんに、子どもの頃の記憶が刺激されるなんて…。

 

おはようございます!連載・みんなのあさごはん!水島早苗です。今回はポルトガルで食べた朝ごはんを紹介します!

 

ポルトガルはユーラシア大陸の最西端にあって日本からとても遠い国ですが、何かとつながりが深い国でもあります。初めて日本にやって来たヨーロッパの国がポルトガルでした。この時にカステラも伝えられたとされています。

 

ポルトガル人に朝ごはんは何を食べるかを尋ねると「パステラリアに行けばわかる」と言われました。そういうわけで、行ってみることにします。

 

卵の味が懐かしい

パステラリアに到着です!パステラリアとは、お菓子カフェのことでした。ってことは朝からスイーツ食べてもいいってことですよね?!
美味しそうなスイーツがずらりと並んでいます。どれにしよう・・・。迷ってしまいます。

 P6022278

 

迷っていてもしょうがないので、まずは知っているものから食べて行きましょう!
エッグタルトです!

P6022156
1個110〜150円。

日本でも一時期はよく見かけましたが、ポルトガル発祥なんですね!
サクサクのパイ生地はもちろん、濃厚なカスタードが最高に美味しいです!とっても優しい味!!

 

形のかわいいパンも注文してみました。揚げパンにこちらも優しい味のカスタードクリームがたっぷりです!

P6030005
1個130円

 

こちらはパンの上にカスタードクリームが乗っています。

P6050398
1個130円

 

このように、ショーケースを見渡してみると、カスタードクリームを使うスイーツが多いみたいなのです。そして卵の味たっぷりのクリームなので、子どもの頃を思い出す・・・。

 

思い出が蘇る朝ごはん

懐かしい味はこれだけにとどまりませんでした。

ロールケーキです。

P6080950
1切れ130円

日本のケーキ屋さんでよく見かける、しっとりふわふわしているものではなく、子どもの頃に食べた素朴なロールケーキの味です!スポンジ生地にクリームが挟まっている、あのケーキです!ちょっと厚めに切ってもらうのが嬉しかった思い出があります。あぁ懐かしい・・・。

 

そして、カステラっぽいけどパン・デ・ローという名前の食べ物。スーパーで発見しました。

P6091086_1
1ホール800円。

 

日本のカステラに比べると、かなりふわふわしていたので、切るとぺちゃんこになってしまいました。だけど、味は・・・懐かしいカステラの味です!日本のカステラのように底にザラメ糖は付いていませんでした。

やはりパン・デ・ローがカステラのルーツである説が濃厚なようです。wikipediaによると、「本家と日本のカステラは味も食感も似て非なるものがほとんど」と書かれていましたが、食感は少し違うものの、味はまさしくカステラでした!

P6091087_1

 

そして別の朝にお店に入ると、これが私を待っていました。プリンです!

P6101094_Fotor

 

日本でよく売られているプリンはとろけるような食感で、濃厚な味ものが多いのではないでしょうか。このプリンはなめらかではあるものの、しっかりとした食感のプリンで、あっさりしています!この味はまさしくプッチンプリンです!

P6101095
1切れ130円

 

日本と歴史のつながりが深い国ではあるものの、まさか自分の幼少時代まで刺激されるなんて思ってもいませんでした。ちょっぴり、センチメンタルになったポルトガルの朝でした!

 

 

ad-bosyu2015

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
水島早苗
ドイツでパン修行のあとヨーロッパ一人旅をし、帰国後は再就職。自分のお店を持ちたい!という夢を持ち、世界のあさごはんとケーキを巡る旅に再出発。そこでウィーンのザッハートルテに魅せられカフェ修行をしました。帰国後の夢はウィーン風のカフェを作ること!あさごはんを巡る旅も続けます! ブログ:Da bin ich! -わたしはここにいます- facebookページ:みんなのあさごはん!

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20