「世界三大」に弱いぼくがエラい目に遭った話

2015.09.15 19:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

R0010222

世界三大瀑布の一つナイアガラの滝で死にたくないので飛びました。

 

こんにちは。フリーでwebクリエイターをしている masuyama です。

世界には世界三大◯◯というものがよくあります。たいがい3つ目は無理やり感がありますが、ナイアガラの滝世界三大瀑布の一つなので「世界三大」という言葉に弱い僕が見に行ったら、エライ目に遭いました。

 

最悪な1日の始まり

冬のニューヨーク。540分のニューヨーク発ナイアガラ行きのバスを予約していたので、バス停に向かうため、まだ真っ暗な道を宿から地下鉄まで歩きます。

 

R0010096
ニューヨークの電線にはよくスニーカーがひっかっていますが、真相は謎のようです。

 

ニューヨークは地下鉄が一日中走ってるので、便利だなと思いながら地下鉄で待つこと30分。
「あれ、こないけど」と思ってると、アナウンスがワーワー言ってます。多分、というか絶対に英語なんだろうけど、最後の「
thank you」しか聞き取れません。ありがとうと言われても、周りの黒人はあからさまにキレています

プラットホームで待っていた人はゾロゾロと改札に戻って、地下鉄から出て行きます。意味は分からないけど、とりあえず同じ行動をして、近くのおばさんに聞くと「急行しか走ってないから、ここには停まらない」らしいです。

 

バスに乗り遅れる

急行が停まる駅まで歩き、急行に乗って、バス停まで行きます。ここで、一つ気付いたことがあります。確実に発車時間に間に合いません。昨日のバスチケット売り場のおばちゃんは「明日はこれしかないから」と言っていたけど、とにかく行ってみることにします。

バス停に5分ほど遅刻して行くと、すでにバスは発車済みでした。普段、アバウトのくせに、なぜかこういう時だけきっちりしています。一応、係員のおじさんに聞くと「2時間後にあるから」と言われます。あっ、あるんだ。

僕の持っていたチケットでも平気みたいです。意味がわかりません。意味はわかりませんが、2時間後にちゃんとバスが来て、僕を乗せて出発してくれました。

 

意図せずバッファローの街を一周

無事に夕方、ナイアガラの近くのバッファローに到着します。ここから、ローカルバスでナイアガラまで行く必要があります。

「ナイアガラまで行く?」と、バスのおばちゃんドライバーに聞くと「そう」と言われたので乗車します。30分ほどたって「もしかしたら?」と思い聞くと、やっぱり全然違う所に行くみたいです。

このバスのおばちゃんドライバーはなかなかいい人で「ここで降りて次のバスに乗って、そこから、地下鉄に乗ってまたバスに乗りなさい。無線で他のバス運転手に連絡しといたからね。ごめんなさい」と言われました。大丈夫、もう慣れました。でも、丁寧に教えてくれて、いいおばちゃんだったな。間違えなければ、もっとよかったんだけど。

寒い中、30分待って来たバスはさっきのおばちゃんドライバーのバス。「これに乗れば最初のバス停に戻れるから、それから違うバスに乗りなさい」と笑顔で言われ、乗車賃もしっかりととられました。

見るつもりもなく、バッファローの街を一周して分かったことは、寂しい街でした。

ふりだしに戻って、最初のバス停へ到着しました。「あと、3分したらナイアガラの滝まで行くバスがくるからね」と最後まで微笑んでくれるおばちゃんドライバー。僕はちょっと苦笑い

 

メーンおじさん

最初のバス停に「ナイアガラの滝行き」バスがくると、黒人のおじさんドライバーに何度も「本当に、滝に行くんだよね?」としつこく聞きたおしました。「そうだよ、メーン」みたいな感じで、おじさんは笑っています。なかなか渋くてかっこいいオヤジでした。

おじさんに「滝の近くで、安いホテルは知らない?」と聞くと「オッケー、オッケー。まかせとけ、メーン」とおじさんドライバー。「まかせたよ、おじさん」と、心から思えない僕。

乗車して40分、おじさんが「ここの近くにホテルがあるから、降りな!メーン」と、言ってくれたので「ありがとう」と言って降ります。

 

閉じ込められた

確かにホテルはたくさんあるけど、どれもかなり立派な感じに見える。目の前にデニーズがあるので、そこで一晩過ごそうかなと思ってると、結構手頃そうな建物を発見。
聞くと、一泊
60ドルほど。これまでの旅の宿に比べると少し高めだけど、夜も暗いし、外は氷点下なのでここに決めます。

ここの受付のお姉さまが病気なのかと思うほど、終始真顔でした。たまに怒った顔もする。その二つのパターンしかありませんでした。

 

ルームカードをもらって部屋に入ります。かなりご立派。こんなに贅沢していいものかと思うけど、自分のお金だしいいでしょう。テレビでかいし、バスルームにはバスタオルも付いている。ネット遅いけど、無線LANがなんとか拾ってくれる。

パソコンを取り出し、メールを返信している間に、ベランダでタバコを吸います。一服して「寒いね、外は」なんて思いながら、部屋に入ろうとすると、開きません。

2
ここでタバコ吸って、閉じ込められました。

 

「開かない、オートロック、氷点下、誰もいない、ここは2階」

 

頭の中をろくでもない単語がよぎりました。人はその人の許容範囲を超えると絶句するみたいです。僕はしました。

 

飛んだ

1
現場は赤い箇所。事件は会議室ではなく、旅先で起きてます。

 

何も言えず、外を見てみるけど、暗いので誰も通りません。また、僕の英語力では、何を言ってるか分からないと思います。
下を見ると飛べない距離ではないけど、飛びたくはない距離です。

 

これは長引いてもいい結果にはならないだろうと思い、飛びかけるけど、やっぱり躊躇。
でも、明日凍えている僕の姿が浮かんで、僕の背中を押してくれました。
雪が積もってる手すりに手をつけ、

4

真下にあった黄色いテントに足をつけて思いっきり、飛んだ
3

足から着地したけど、頭の重みで手をつき、気づいたらカエルの様な格好になっていました。僕の頭は重いらしく、かなり地面近くまできていました。

 

ミッションインポッシブル

痛いとか寒いとかは後回しにして、すぐにロビーにスペアのカードキーをもらいに行きます。ロビーのお姉さまの顔からは真顔は消えて、終始般若を見ているようでした。

自分の部屋の鍵を開ける時に一つ気付きました。
部屋の中からチェーンをかけたんだよな。でも、一応やってみます。当然、開きません。

般若に開かないことを告げると「なぜ?誰か中にいるの?」と般若。
「いや、ベランダ。閉まった。飛んだ。中から鍵しめた」
実際はもっとひどい英会話でした。それでも般若、いや般若さまは気付いたらしく、業者に電話してくれました。

30分ほど業者を待っている間に、痛みと寒さがやってきます。
「あんた、今年は大殺界だから、ロクなことがないよ」と旅に行く前に母親が言っていたことを思い出します。
なるほど、生きるのが不安になってきました。そのあと、業者が来て、なんとか部屋に入れました。

部屋のテレビを付けると、トムクルーズがミッション:インポッシブル3の宣伝をしてました。僕もさっきまで地味にやってました。

 

「なんか、今日は一日が長かったな」と、ベランダのドアが閉まらないように気をつけてタバコを吸っていると、右足が痛みだしました。

 

 

ad-bosyu2015

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
増山 友寛
1981年生まれ。東京在住。撮影スタジオで勤務後、世界89カ国を周遊。各国の世界遺産や風景を映像と写真で撮影。web製作会社を経て、現在はフリーランスのwebクリエイターとして活動中。旅人には旅人割でホームページを作りますよ。 【mochilero】 http://mochi-lero.com/

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20