[ルアンパバーン-フアイサーイ]7時間バスが立ち往生に遭った

2014.08.31 08:58 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_7753
旅に移動はつきものですが、雨期の東南アジアでは日本ではありえないようなトラブルが発生しがちです。ラオスの滞在期限が迫る中、決死の現場検証を敢行しました。

 

こんにちは!気ままに旅するライター植竹智裕(うえたけともひろ)です。世界一周中の僕は現在この辺りにいます。

 

僕は7月6日から21日までの15日間、ラオスに滞在しました。
IMG_6658

 

初めてのスリーピングバス

ビザ無しで、ラオス入国時に与えられる滞在期限は15日間。7月6日に入国した僕は、7月21日にはラオスを出なければいけないので、20日発の夜行バスでタイとの国境にあるフアイサーイという街を目指しました。その時に経験したトラブルをご紹介したいと思います。

 

7月20日19時、夜行バスに乗ってルアンパバーンから出発。フアイサーイには朝7時に着くとの事。約12時間の道のりです。
IMG_7722

 

僕が乗ったのはスリーピングコーチと呼ばれる寝台バス。
IMG_7721

 

座席は二段ベッドのようになっていて、寝ながら移動する事が出来ます。
IMG_7732

 

初めての体験だったのでウキウキしながら乗り込みましたが、隣の人との間隔が狭く、体も動かしにくいので居心地はそんなに良くありませんでした……。そしてこの後、恐ろしい体験をするなんて、この時は思っても見ませんでした。
IMG_7741

 

7月21日1時10分、目を覚ますとバスは街灯一つ無い山の中で停車していました。周りの乗客は外に出て用を足していたのでトイレ休憩だと思い、再び就寝。

 

何かがおかしい

7月21日6時頃、目を覚ますとバスは再び山道で停まっていました。
IMG_7746

 

Googleマップで場所を確認してみると……昨日の夜から移動していない!それどころかまだ行程の半分も進んでいませんでした……。これは何かがおかしい!

 

乗り合わせていた乗客に聞いてみると、事故があって足止めを食らっているとの事です。
IMG_7747

 

早速、事故が起きている現場に向けて歩いてみました。
IMG_7750

 

至る所で煙が上がっています。後続車両まで煙を上げる程の大事故なのでしょうか?息を呑んで覗き込んで見ると……、
IMG_7752

 

同じく足止めを食らっているトラックの運転手が大がかりな器具を使って煙草を吸っていました……。事故現場はまだまだ先のようです。
IMG_7779

 

現場検証してみた

乗っていたバスから歩くこと約10分、人だかりを発見しました。近づいてみて言葉を失いました。
IMG_7753

 

これは一体……!真ん中にトラックが一台、その両脇にはぬかるみにはまって傾いたバスとトラックが一台ずつ。
IMG_7765

 

中央に停まっていたトラックの後輪はひしゃげていました。
IMG_7820

 

詳しい事故の発生状況はわかりませんが、恐らく、まず、道のど真ん中でトラックがスリップして立ち往生し、それを避けて通ろうとしたバスとトラックが相次いでぬかるみにはまったものだと推測します。日本アセアンセンターによると、ラオスの雨期は6月~11月。まさにこの時は雨期の真っ只中で、雨の日も多く、道路はぬかるんでいました。
IMG_7769

 

バスはタイのチェンマイという街に向かう途中の国際バスでした。幸い、乗客に大きな怪我をした人は居なかったようですが……、
IMG_7756

 

この日中にラオスを出なければ滞在期限をオーバーしてしまう僕にとっては大事故です。心穏やかでは居られません。
IMG_7759

 

救世主登場!

本来であれば、目的地に着いているはずの7月21日7時10分、ルアンパバーン方面からゆっくりとショベルカーがやって来ました。
IMG_7787

 

ラオスにもコマツのショベルカーがあって本当に良かったです。
IMG_7788

 

外国人ツーリストを含めた大勢の野次馬が見守る中、
IMG_7818

 

トラックにワイヤーが括り付けられて……
IMG_7795

 

傾いていたトラックが無事に救出され、引きずられていきました。
IMG_7797

 

そして、中央のトラックもワイヤーで引っ張られ、無事に道路脇へ。
IMG_7815

 

次はいよいよバスの番です。この時になってようやく、中で休んでいた乗客がぞろぞろと降りて来ました。他に行く場所が無いとはいえ、あの傾いたバスでどう休んでいたのか気になるところです。
IMG_7828

 

7月21日8時10分、バス(上写真)は傾いたままでしたが、この時には道路も通行可能になっていたので、僕も自分が乗っていたバスに呼び戻されて出発しました。
IMG_7867

 

雨期のバス移動には御用心

予定より9時間遅れの16時に、バスはフアイサーイのバスターミナルに到着。
IMG_7872

 

すぐにバスを乗り換えてタイの国境へ向かった為、17時前には無事に国境を越える事が出来ました。
IMG_7896

 

 

あのバスがいつ頃ぬかるみから引き上げられて出発できたのかはわかりませんが、きっとあのバスにも僕と同じく滞在期限ギリギリにタイへ出国しようとしていた旅行者が居たのではないでしょうか。事故に遭うかどうかは運次第なのであまり気を張っても仕方ありませんが、現地の人によると、雨期の山道では道路がぬかるみ、大小問わず時々こうした事故が発生するようです。旅を楽しむ為にも、移動手段を考える時には念頭に置いておきましょう。そして、滞在期限には余裕をもって行動しましょう……。

 

文・写真:植竹智裕
HP:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております!旅のオフショットはインスタで。ブログTwitter

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20