-ミャンマーの鉄道- ヤンゴン環状線に乗ってみた

2013.07.27 11:45 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

8

ミャンマーといえば、東南アジアの新たな投資先として注目を集める国ですが、なんと大都市ヤンゴンには日本の山手線のような環状線が走っているというのです。

おばんどーです。ミャンマー最大都市ヤンゴンには、日本の山手線のような環状線が存在します。環状線は地元の人々のための移動手段であって、旅行者が環状線を使うことはありません。そんな環状線でぶらり途中下車してきました。
8437633994_1d577559b1_z
photo by Francisco Anzola

ヤンゴンの中心部から数分のところに環状線の駅があります。
8606228064_5647cfe1f4_z
photo by Jude Lee

ヤンゴン環状線は総延長45.9キロメートルで、39駅から成っており、ヤンゴンの衛星都市群を接続しています。
5323832971_c503ea0188_z
photo by Stefan Munder

ホームや線路上は意外にきれいでひっそりとした雰囲気が漂います。 
2

4

3

チケットはホームにある事務所で買います。ミャンマー人は数十円で乗れますが、外国人の私は1ドル。職員に列車の到着時間や環状線一周に要する時間を聞きましたが、明確な答えは返ってきませんでした。噂では一周3時間もかかるそうです。
5

ホームに電車が入ってきました。ヤンゴン環状線の先頭車両はディーゼル車両です。
7

客車にドアや窓ガラスはありません。プラットホームが低いので階段を上るように車両に乗り込みます。
8

車内に入って驚きました。座席は両窓際に二本の長椅子が置かれているだけ……なんて殺風景なんだ……。
Exif_JPEG_PICTURE

蛍光灯は直接天井に括り付けられています。夜はどんな雰囲気になるんでしょうか。
10

床には大量の葉っぱが散らばっています。
11

木がむき出しでお尻が痛くなってきました。縦揺れや横揺れが激しく、長時間は座っていられません。乗客数は少なく、数駅通過すれば乗客の顔ぶれは変わってしまいます。ミャンマー女性特有の化粧、タナカをした女性。
19

激しい揺れの中、熟睡する男性。
20

車窓から稲作の様子
Exif_JPEG_PICTURE

駅に近づいてきたようです。線路のすぐそばに住居が立っています。 
14

駅のホームには商売人がうごめいています。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

17

とある駅のホームに大量の荷物がスタンバイされていました。嫌な予感……。
23

自分の車両の窓越しに葉っぱが投げ入れられました。
22

途端、 車内に人が乗り込んできて葉っぱを整理し始めました。
Exif_JPEG_PICTURE

車内はとても見通しが悪くなり、葉っぱの匂いが立ちこめています。空気の流れが変わり、とても蒸し暑くなりました。
Exif_JPEG_PICTURE

葉っぱを積み込んだ当人たちは涼しい顔で談笑しています。
Exif_JPEG_PICTURE

ある駅に着くと、荒っぽく窓から葉っぱを投げ捨て始めました。そして彼らは去りました。
Exif_JPEG_PICTURE

約4時間ヤンゴン環状線に揺られわかったことは、環状線は人々の生活そのものだということでした。

文・写真:おばんどー
 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
おばんどー

おばんどー

徳島出身。一眼片手に、心のおもむくままに、世界を放浪するジャーナリスト志望。いつか民族、社会問題に鋭く迫りたいと思っている。中国絶賛放浪中。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20