蛇だらけの寺で蛇を崇めている「蛇寺」に行ってきた(マレーシア・ペナン島)

2017.03.29 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

PC130562
マレーシア・ペナン島にある蛇寺。一見普通のお寺なのですが…

 

こんにちは、はるぼぼです。マレーシアのペナン島でノマドライフを送っていたとき、ジョージタウン近郊に「蛇を守護神とする寺がある」と聞き、行ってみました。

 

ペナン島の蛇寺

ペナン島の中心都市、ジョージタウン郊外には、守護神の蛇がいる「蛇寺」があります。ペナン島で最も有名な中国儒教寺院で、病気やケガを癒す力をもつ僧侶、チョー・スー・コンに捧げるため、1850年に建てられたといわれています。
PC130562

いつからか、寺院内には黄色い縞模様の毒蛇が棲みつくようになり、「蛇寺」の名がついたのだとか。最盛期には70匹近くの蛇がいたそうで、蛇たちは寺の守護神としてあがめられています。

 

蛇寺へのアクセス

 

蛇寺へのアクセスは、ジョージタウンから401のラピッドペナン(バス)で40分前後。ただし、ジョージタウンでの乗車場所や道路状況により所要時間には幅があります。特に週末は道路が渋滞することが多いので、時間に余裕をもって出かけることをおすすめします。また、バスの車内では停留所のアナウンスがないので、乗車の際にドライバーに「蛇寺に行く」と告げておくといいでしょう。

 

蛇寺という割に一見普通…?

こちらが蛇寺の入口です。入口にはインパクト大の「Snake Temple」の看板が掲げられています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やはり蛇寺は蛇推しなのですね。アートの島・ペナン島だけあって、昔の郵便屋さんを描いたストリートアートもあります。
PC130534

 

私が訪れたときには家族連れを中心ににぎわっていて、観光地らしいほのぼのとした雰囲気がありました。これが蛇寺の本堂。思ったよりもこじんまりとしていますが、屋根や堂内に施された細部にいたる装飾が美しい、風情あるお寺です。
PC130536

でも、一見ごく普通の中国寺院…蛇の姿が見当たりません。

 

蛇寺特有の蛇の居場所

「蛇寺なのに蛇がいない!」と思っていたら、いました。本尊のすぐ前に蛇の止まり木(?)が。本堂に蛇が祀られているなんて、さすが蛇寺。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人を噛んだりしないのか心配になるかもしれませんが、寺院で焚かれている線香の香りで、昼間ははおとなしくしているそうです。線香にそんな力があるとは知りませんでした。

 

蛇が祀られた寺院で人々が真剣に祈りを捧げる光景は、日本人からするとややシュールにも感じられます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

よく見ると蛇だらけな蛇寺

本堂の奧のホールのようなところには、さらにたくさんの蛇たちがいました。額縁の上でじっとしている蛇はなんだかオブジェのよう。思わず本物なのかどうか聞いてしまったほどです。
PC130539

 

蛇と一緒に、蛇の抜け殻も。あたりを見回せば、あちこち蛇だらけです。
PC130544

 

さらに記念撮影用のニシキヘビ2匹もスタンバイ。スタッフのお兄さんたちがしきりに首に巻かないかと声を掛けてきます
PC130550 (2)

「蛇を首に巻くのは絶対に無理!」と断固拒否していたのですが、スタッフのお兄さんたちが「気持ちいいから触ってみて、かわいいよ」と何度も熱心に勧めてくるので意を決して触ってみることに。

確かに…蛇の体はなめらかで意外に気持ちよかったです。今思えばやはりゾッとしますが。

 

蛇寺にはスネークファームも併設

蛇寺でも蛇と触れ合えますが、併設されている有料のスネークファームでは、さらに色々な蛇たちを見たり触ったりできます。
PC130553

蛇が主役の蛇寺は、蛇好きにはたまらないスポットのはず。蛇が好きでないという人も、ここで味わったドキドキはきっと忘れられない記憶になることでしょう。

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
はるぼぼ
和歌山出身。大学進学を機に上京。東京でのサラリーマン時代に当時19歳のドイツ人「ダーリン」と出会い、恋に落ちる。「なんとかなる」をモットーにドイツ移住を決意し、退職。5か月のアジア横断の旅を経て、現在はドイツ南西部で奮闘中。日本をこよなく愛するダーリンと、日本で美味しいものを食べまくるその日を楽しみにしている。 ▶ブログ ▶フェイスブック ▶Twitter  

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20