イランで絶対訪れるべきピンクモスクに、夏に行ってはいけない理由

2016.12.02 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

jjjnkn
その美しさにより、イランで超人気観光地となったピンクモスク。夏に行った私は、あることに後悔してしまいました…。

  

夏のピンクモスクで見たもの…

こんにちは。なんとかなる。の2号です。

絶景が広がるモスクとして最近有名になってきているイランの通称"ピンクモスク"。私もその絶景を見るために8月にイランのシーラーズという街へ行ってきました!

しかし、そこには何とも微妙な景色が広がっていたのです…。

 

ピンクモスクと呼ばれる理由

ピンクモスクとは「ナスィーロル・モルク・モスク」の通称であり、モスクにピンク色のタイルが使用されていてモスク全体がほのかにピンク色に見えることから、こう呼ばれるようになりました。
Nasir_al-_mulk_mosque,_Shiraz
出典:Inside Nasir ol Molk Mosque, Shiraz City, Iran by MohammadReza Domiri Ganji

 

ナスィーロル・モルク・モスク (またはマスジェデ・ナスィーロル・モルク)とは、イランの都市シーラーズに建設されたモスクである。ピンク色のタイルが多用されている事から、ピンクモスク、街のシンボルで床のタイルにも使われている薔薇の花から、ローズモスクとも呼ばれる。参照:Wikipedia「ナスィーロル・モルク・モスク

 

ナスィーロル・モルク・モスク(Nasir ol Molk Mosque)

 

アクセス:「Ahmadi Bus Stop」から徒歩約10分
時間:8:00~11:30/14:30~17:00
料金:15万リアル(約520円)

 

でも、夏に行っちゃった

早朝、太陽がまだ低い位置にある時間にしかこの景色は見られません。日の光がステンドガラスを通して広がり、カラフルな絶景を見せてくれます!この景色を見るために8月にイランに行き、ピンクモスクを訪れました!…が、
Nasir_al-_mulk_mosque,_Shiraz
出典:Inside Nasir ol Molk Mosque, Shiraz City, Iran by MohammadReza Domiri Ganji

 

誰も「冬に行くべきだ!」とは教えてくれなかったのです…

 

夏のモスクへ

モスクの開館は午前8時からということで、私も開館に合わせて行ってきました。1番乗りです。モスクに入ると中庭が広がります。
IMG_8888

 

外壁の模様も細かく、確かにバラが描かれています。
IMG_8891

 

そして、例の景色が広がるとされる建物内に向かいます!!
Nasir_al-_mulk_mosque,_Shiraz
出典:Inside Nasir ol Molk Mosque, Shiraz City, Iran by MohammadReza Domiri Ganji

 

光の量、おかしくない?

そこで見た光景がコチラ。
IMG_8859

…えっ。光の量、少なっ!!

「あれ?来る場所間違えた??」と一瞬思いました。

 

「時間が経つと、もっと広がるかも」なんて期待しましたが、いつまで経ってもこの通り。私以外の観光客からも微妙な感想が聞こえてきました。
IMG_8864

もっと、こう。光がバーン!と広がる景色を期待していました…。

 

目一杯、写真いい感じにしようと頑張った結果…
IMG_8865

それっぽくなりましたが…というところまで持って行けたと思っています!笑

 

光が少ない理由は「カーテン」

なぜ、こんなに光の量が少ないのか。それはステンドガラスの下の方に注目してもらえば分かると思います。ガラスの下側は全く光を通していません。
IMG_8864_1

外に回ってみてみると、それはそれはガッチリとカーテンが閉められていました。おそらくカーテンが無いと、夏は暑くなりすぎるのだろうと推測しています。

 

反省:行く時期って本当に大事

このモスクを訪れる時期は間違いなく、冬。

偶然出会ったイラン人のツアーガイドをしている人に会って、冬の写真を見せてもらいましたが、光の量が全然違います!!

どんな観光地でもそうですが、調べもせずに行く時期を見誤ると時々後悔をすることになりますので注意してください(涙)

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
2号
2011年。約3か月の超速世界一周後、普通に企業へ就職したけれど、前回見てない世界を見るために、2016年夫婦で世界一周中。他力本願「なんとかなる」と決めつけて、もちろんルートもその時次第。1号2号の2号(陰で操る側)のほう。▶旅行日常ブログ ▶旅行情報ブログ ▶FB ▶instagram

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20