日本語表記で「カツ丼おにぎり」…独自の進化を遂げた台湾のコンビニおにぎりを食べてきた

2016.08.21 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

mmzzgbub
日本語表記で「カツ丼おにぎり」と書かれた台湾のコンビニおにぎり、その名も「握弁当〜日式〜炸猪排丼」。さらには黒い米のおにぎりも…。そんな台湾の最先端コンビニおにぎりを食べてきました!

 

独自の進化を遂げた台湾のコンビニおにぎり

こんにちは、ライターの宮﨑(@JIBURl)です。

台湾へ旅行に行って驚いたのは、メイドカフェの店員さんが可愛かったことだけではありません!台湾のコンビニに売っているコンビニグルメは、日本人の常識を覆す超斬新なメニューだったのです。

それではさっそくご紹介しましょう。

 

台湾のコンビニおにぎりその1、紫米の巻き寿司

巻きすの模様が綺麗なパッケージに包まれたのは、「紫米風味 鮪魚玉米」。お値段は35元(115円)で日本のおにぎりと同じくらいでした。
IMG_20160403_155044_8934

 

包み紙をパリッと割ってみると、中から真っ黒いご飯が!インパクトがありますねぇ~!
IMG_20160403_155106_8932

 

この巻き寿司は縦に持って食べるのが良さそうです。巻き寿司は今や世界中で人気のファーストフードですね。
IMG_20160403_155127_8931

 

具はシーチキンとコーンとザーサイ。紫米はもっちりとしたもち米のような食感なので、全然巻き寿司っぽくありません(笑)
IMG_20160403_155132_8930

 

中には煮卵も入っていて中華風な味付け。具がたっぷり入っていたので、これだけでお腹いっぱいになりそうです。
IMG_20160403_155314_8928

 

台湾のコンビニおにぎりその2、カツ丼おにぎり

お次は、「日式炸豬排丼(カツ丼おにぎり)」。「カツ丼おにぎり」なんて想像がつかないですよね?レジでチンしてもらい熱々をいただきます。
IMG_20160403_154518_8940

 

こちらのパッケージはガバッと剥すタイプ。海苔に挟まれた巨大なおにぎりが姿を現しました。
IMG_20160403_154542_8939

 

ご飯の間からは卵とじがはみ出ています。うひょひょひょ~、これは美味しそう!!
IMG_20160403_154551-1_8937

 

中にはトンカツが挟まっていて、本当にカツ丼を食べているみたいです。トンカツと卵とじとご飯のバランスが絶妙。
IMG_20160403_154654_8936

 

参考リンク:台湾のコンビニでカツ丼おにぎり「日式炸猪排丼」と紫米おにぎり「紫米風味」を食べてみたよ|JIBURi.com

 

むしろ台湾のコンビニおにぎりを日本で発売して欲しい!

台湾のコンビニで「紫米風味 鮪魚玉米」と「日式炸豬排丼」を食べてみましたが、どちらも斬新でしかも美味しかったです。日本のコンビニでも台湾風おにぎりを発売してほしいと思いました。

台湾へ旅行へ行く人は、日本とは違う独自の進化を遂げた台湾のコンビニグルメを、ぜひ楽しんでみてくださいね~

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
宮﨑大輔
アジア・中南米・アフリカで働く海外農業コンサルタント、カメラマン、ライター、ブロガー。青年海外協力隊として中米パナマ共和国の無電化村で2年間野菜ビジネス支援をした後、フリーランサーとして世界中を旅しながら国際協力をしています。 Blog:jiburi.com

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20