ペルセポリスにイマームほか、86円でイランの世界遺産を一気見できるテヘランのミニチュアパークがお得

2016.07.29 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

uec
日本の国土の4.4倍のイランで、旅行中に世界遺産を巡るのは至難の業…。しかし、首都テヘランのミニチュアパークならそんな願いが叶うかもしれません…!

 

ミニチュアパーク第3弾 〜イラン・世界遺産編〜

こんにちは!極貧バックパッカーの植竹智裕(うえたけともひろ)です。

世界各国の有名な建築物のミニチュアが展示され、一箇所で色々行った気分になれるお得なミニチュアパーク(日本では東武ワールドスクエアが有名)。今まで2回に渡り、世界のミニチュアパークを紹介してきましたが、今回はイランの首都テヘランで見つけたミニチュアパークをご紹介します。

第1弾:[世界之窓・深圳]香港から日帰りで世界一周できるテーマパーク
第2弾:バングラデシュの東武ワールドスクエア!「ヘリテージキングダム」でさくっと観光

 

ミニチュアパーク(Miniature park)は、実寸よりも小さく作った建造物を集めた公園。主として実在の著名な建造物を再現し、一箇所に集めることで歴史や文化を学習する場を提供することを目的としており、野外博物館の一種と言える。Wikipedia参照。

イランは西アジア・中東のイスラム共和制国家。世界有数の石油の産出地。首都テヘランの人口は12,223,598人。都市圏人口は13,413,348人に達する。Wikipedia「イラン」「テヘラン」参照

 

イランの世界遺産ミニチュアパークへの行き方

テヘランメトロ2号線のゴルバルグ駅から徒歩10分程で、この門にたどり着きます。
IMG_3604

 

ミニチュアパーク(Miniature Garden Museum inheritance of iran)

 

チケット代は2万リアル(約86円)と激安でした。早速中に入ってみましょう。
IMG_3605

 

イランの世界遺産限定のミニチュアパークを紹介!

内部にはイランの世界遺産が展示されていました。早速幾つかご紹介します

 

1 アルゲ・バム
IMG_3608 

 

ケルマーン州にある要塞都市の遺跡。1722年以降廃墟になり、2003年には自身で壊滅的な被害を受け、現在は修復中(Wikipediaより)

 

2 ペルセポリス
IMG_3617

 

紀元前520年頃、ダレイオス1世が建設したアケメネス朝ペルシア帝国の都。ファールス州にある(Wikipediaより)

 

3 エスファハーンのイマーム広場
IMG_3640

 

1598年、首都をエスファハーンへ移したサファヴィー朝のシャー・アッバース1世の都市計画の中核になった広場。その美しさからかつて「ここには世界の半分がある」とも言われた(Wikipediaより)

 

4 オルジェイトゥ廟(ソルターニーイェ
IMG_3644

 

イルハン朝第8代君主オルジェイトゥの命によって建設された都市遺跡である。都市の中核を担うオルジェイトゥ廟は1302年から1312年にかけて建設された。ソルターニーイェの建築は後のイスラーム建築に大きな影響を与え、その例にインドのタージ・マハルがあるWikipediaより)

 

5 イランのアルメニア人修道院建造物群
IMG_3660

 

 

イラン北西部(いわゆる古代アルメニアの地域)にある聖タデウス修道院(西アーザルバーイジャーン州)、聖ステファノス修道院(東アーザルバーイジャーン州)、生神女マリア聖堂から構成されている(Wikipediaより)

 

その他にも、ササーン朝時代にローマ人捕虜に作らせたシューシュタルの歴史的水利施設をはじめ、イラン国内ほぼ全ての世界遺産ミニチュアや、
IMG_3705

 

写真展示コーナーもありました(写真はペルシャ式庭園)。
IMG_3736

 

やっぱりお得なイランの世界遺産ミニチュアパーク

2016年現在、イランの世界遺産は21件僕もそのうち幾つかは訪れる事が出来ました(写真は本物のペルセポリス)が、ビザの有効期間(30日間・アライバルビザは15日間)の中で、日本の約4.4倍もあるイランの世界遺産全てを観て回るのは至難の業です。
IMG_1621

「全部観たい……けど時間が無い…!」そんな方は是非、イランの玄関口テヘランでミニチュアパークに行ってガリバー体験してみてはいかがでしょうか?

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております。 ブログ:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ  Twitter:@hiro_uetaken

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20