コーヒーが一番美味しかった国は?コロンビアの農園でわたしが見たもの

2016.01.27 11:54 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

P7060670

コロンビアのコーヒー豆が「世界一」と称される理由が、コロンビアのオーガニック農園の通称「ドン」に会って分かりました。

 

みなさんお久しぶりです!カップルで世界一周から帰ってきた水島早苗です。私たちは今、新しい生活を始めるためにようやく引越しを終えました!

 

コロンビアで最上級のコーヒーが獲れる理由

IMG_0028

「旅行中、どこのコーヒーが美味しかった?」と聞かれることがあるのですが、私はコロンビアだと答えています。
日本でも多くのコーヒーショップがこの国のコーヒーを高く評価しています。そんなコロンビアに訪問したとき、オーガニックにこだわったコーヒー農園を見学する機会がありました!

 

ドン・エリアス(DON ELIAS)農園・サレントへ

P7060643

コロンビアのコーヒー豆は15年ほど前、害虫による壊滅的な被害により、産出量は世界第3位に落ちてしまいました。しかし、味は世界一!とも称されており、その理由に迫りたいと思います!

 

私たちが向かったのはコロンビアのキンディオ県。ここのコーヒーはコロンビア国内のみならず、国外でも品質の高いコーヒー産地だと言われています。そんなキンディオ県のサレントという町にあるドン・エリアス農園です。

 

サレントはこの辺り

サレントの中心部からジープタクシーで向かうか、歩いて30分程度です。農園のガイド料はコーヒー1杯付きで300円程度でした。

 

コーヒー農園に「バナナ」の深いワケ

コーヒー農園に来たのになぜかバナナの木がたくさん植えられています。ここで働くとバナナがたくさん食べられるなー!なんて考えながらガイドさんのところへ向かいます。このバナナの深〜い意味について、このときは知る由もありません。

P7060650

この農園では4月ごろと10月ごろの2回収穫時期を迎えるそうです。品種にもよりますが、コロンビアは年に2回収穫できるという、コーヒーにとって絶好の気候なんですね。

 

ここにも入り口で見たようなバナナの木が植えてあります。他にもアボカド、オレンジ、パイナップルなどなど・・・。こういうフルーツを植えるスペースを、コーヒーの木に代えて生産量をもっと増やしたらいいのに!

P7060658

 

ガイドのお兄さんがこの理由について教えてくれました。

P7060668

完全無農薬にこだわってコーヒーを育てると、どうしても生産量への懸念材料になるのが害虫です。
敢えてこういう木を近くに植えることでそちらに害虫を引き寄せ、コーヒーの豆を守るために植えられたものなんだそうです。入り口で見たバナナもそのためのようで、ここに植えてあるフルーツは人間は食べません。
そんな手法でオーガニックを実践しているんだ!目からウロコでした。

 

「ドン」にコロンビアコーヒーの秘密を聞いてみた

コロンビアの豆が世界一だと言われる理由についてドン(写真下)に尋ねることにしました。ドンは世界第1位・第2位のブラジル、ベトナムを引き合いに出して話してくれました。

P7060670

 

「コーヒーの木は放っておくと5メートル以上にもなるから剪定が必要なんだけど、ブラジルでは木を高めに残すんだ。うちの農場では手摘みにもこだわっているから、2メートル以上は伸ばさない。ブラジルの木は高く残す分、豆はたくさん実るけど、味は落ちるだろうね。
それにコーヒー豆には標高も重要だ。コロンビアは標高の高いところで育てているから、日照時間が長くて甘みが増すんだ。」

 

P7060672

 

ベトナムについて尋ねると…

 

「あぁベトナムか。あそこは話にならないな。ロブスタだから。」

 

コロンビアではアラビカ種というコーヒーの木を育てているのに対し、ベトナムではロブスタ種という木を育てています。

 

ロブスタコーヒーはアラビカコーヒーのような他の主要なコーヒー種よりも管理しやすく生産量も多いため、比較的低コストでの生産が可能である。
一般的にはロブスタコーヒーよりもアラビカコーヒーのほうが口当たりがよく高級品と考えられ、ロブスタコーヒーは低品質なブレンドコーヒーの量増しのために混ぜられたり、インスタントコーヒーの原料に用いられる
wikipediaより引用

 

ベトナムに世界第2位の座を譲ったものの、全く意に介さないドン。かっこいいです!!

 

世界一のプライド

世界一と呼ばれるコーヒーを育てる人のプライドを見た気がしました。
コロンビアのコーヒーが美味しい理由は、恵まれた地形・気候だけでなく、育てる人々のこだわりにあるんですね!

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
水島早苗
ドイツでパン修行のあとヨーロッパ一人旅をし、帰国後は再就職。自分のお店を持ちたい!という夢を持ち、世界のあさごはんとケーキを巡る旅に再出発。そこでウィーンのザッハートルテに魅せられカフェ修行をしました。帰国後の夢はウィーン風のカフェを作ること!あさごはんを巡る旅も続けます! ブログ:Da bin ich! -わたしはここにいます- facebookページ:みんなのあさごはん!

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20