[マラケシュ・サハラ砂漠ツアー]ラクダと人生で一番美しかった星空

2014.12.14 08:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_0559
プラネタリウムかと錯覚するくらいの星空でした……。

 

アッサラームアレイコム!(アラビア語でこんにちは)夫婦で世界一周中のRyutaです。今回は11月中旬に訪れた世界最大級の砂漠「サハラ砂漠」にツアーで行ってきたので、サハラ砂漠の魅力をお伝えします。

 

アフリカの1/3を占めるサハラ砂漠

サハラ砂漠(サハラさばく)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、南極大陸に次いで世界で2番目の大きさの砂漠である。東西5,600km、南北1,700kmに渡り面積は約1,000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占める。サハラとは、元来アラビア語で「砂漠」「荒野」を意味する。​
wikipediaより引用

地図で見ると、この白い範囲がサハラ砂漠になります。ちなみに日本が誇る鳥取砂丘は5500km2ですので、サハラ砂漠は鳥取砂丘の約1800個分ということになります。大きい!Sahara satellite hires.jpg
"Sahara satellite hires" by NASA – Cropped from Image:Africa satellite plane.jpg.. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

 

また気になる点として「サハラ砂漠」と言っても、

砂丘、砂平原、砂海(エルグ)、岩石高地(ハマダ)、礫平原(レグ)、涸れ谷(ワディ)、塩類平原(シャット)などがある。エルグは砂丘が連なる光景で、サハラ砂漠といえばまず連想される光景ではあるが、エルグは砂漠全体の14%にすぎず、多くは台地状の岩石砂漠である。 wikipediaより引用

とのこと。僕はサハラ砂漠全部が砂丘かと思っていましたが、そうではないんですね。

 

モロッコからツアーに参加!

今回僕達が参加したのはモロッコのマラケシュという町から出発する2泊3日のツアーです。マラケシュで有名なフナ広場には多くのツアー会社があり、いつでもツアーが組めます。

コチラがフナ広場。夜市で賑わっています。DSC_0296

 

そうそう、客引きで高額なツアーを組まされる場合もありますので、ご注意を。参考までに僕達は2泊3日で1人825ディルハム(約11000円)(ランチとガイド料は除く)でした。

ツアーの内容はこんな感じです。


1日目:乗り合いバスでマラケシュ→ワルシャワ→ティンジル。ホテル泊
2日目:乗り合いバスでティンジル→トーズ(ラクダに乗り換えてサハラ砂漠のテントサイトへ。 テント泊)
3日目:ラクダでトーズへ→乗り合いバスでマラケシュもしくはフェズへ。

 

編集長おすすめ!マラケシュ・フナ広場近くのホテル

・格安ホテル

HI144498353

編集長おすすめのマラケシュ・フナ広場近くのホテルが、Hostel Waka Waka Marrakech(写真)です。フナ広場まで0.4 km。¥523〜と安い!

>Hostel Waka Waka Marrakechの予約ページへ進む

 

・綺麗めホテル

HI292733028

編集長おすすめのマラケシュ・フナ広場近くのホテルが、Riad Bayti Marrakech(写真)です。フナ広場まで0.9 km。¥3,664〜でこのクオリティーは安い!

>Riad Bayti Marrakechの予約ページへ進む  

 

殆ど車の中の1日目……

ツアー初日は朝7時にフナ広場集合でした。そこから乗り合いバスに乗り、ツアースタート!
IMG_4303

 

所々で休憩が入りますが、基本はずっと移動になります。休憩するところは景色が綺麗で、必ずお土産屋さんがあるところです。DSC_0395

 

ここが初日のメインであるアイット・ベン・ハドゥ。ユネスコ世界遺産であり、グラディエーターという映画の撮影地になったとガイドさんは連呼していました。敵から街を守るためにこのような形になったそう。DSC_0325

 

ついにサハラ砂漠へ!2日目

朝から移動し、ベルベル人との交流……という名の絨毯屋に寄ります。
IMG_4372

 

その後トドラ渓谷に行き、いざ砂漠へ!DSC_0407

 

トドラ渓谷から約3時間。車を降り、ラクダに乗り換えます!

IMG_4387

 

ラクダの背中に揺られながら砂漠を歩いていきます。IMG_4426

 

これぞ砂漠!こういうのをイメージしていました。DSC_0452

 

もちろん定番のラクダの影写真も撮っています。DSC_0450

 

砂丘には風が創り出した模様、砂紋が描かれています。DSC_0647

 

砂の上で見上げる満天の星空

そして、日が暮れて暗くなってきた頃にテントサイトへ到着しました。サハラは明かりが全くないのでとても星が綺麗に見えると言われている通り、何にも見えなくなるぐらいの闇があたりを包みます。

そして空を見上げると、まるでプラネタリウムのような満天の星空。
DSC_0564

 

とても綺麗で、1時間ぐらい砂の上に寝転がり星を眺めていました。流れ星も沢山見えました♪

そして、ラクダと星空のコラボレーション写真を撮ってテントに戻りました。
DSC_0559

 

サハラ砂漠での星空は人生で1番綺麗だったと自信を持って言えます。特にサハラの天の川は絶句でした。ちなみに2番は富士山の上からで3番はオーストラリアです。
s-18あああ10407602_10203387998595947_920600667016817004_n

 

お尻の痛い3日目……

最終日は朝6時前にはテントを出発し、ラクダに乗って昨日の街トーズまで戻ります。しかし慣れない筋肉を使うのか、ラクダの動きに順応できていないのかわかりませんが、とてもお尻が痛い……他のツアー客も同じく痛いみたいで、みんな無言でラクダに揺られていました。
s-18DSC_0640

 

そしてお尻が限界に達しようとした時、トーズに到着しガッツポーズ…。IMG_4427

 

ありがとうラクダ。楽しかった!でももう当分乗らないかな……。DSC_0653

 

トーズからはマラケシュに戻るチームとフェズという町に行くチームに分かれて、それぞれ出発します。どちらの街も車で6時間~7時間。最終日もずっと移動でした。

 

冬の砂漠はオススメしない!?

移動が多いツアーでしたが、とても楽しかったのは間違いないです。しかし、この記事を見ている人達に忠告しておきたいのは、冬の砂漠はオススメしないということ。まず、夜がとても寒い。僕らが行ったのは11月の中旬でしたが、砂の上に寝転びながら星を見ていると、底冷えするような感覚になります。ダウンなどを着て夜は寝ることになります。

あとは日の入りが早い。2日目のラクダに乗ってテントサイトに向かう途中で殆ど日が暮れてしまいました。ラクダの上で夕日が見えたのは良かったですが、もっとゆっくり見たかった……。
DSC_0631

 

いかがでしたか?サハラ砂漠の端っこに少しだけ入っただけですが、とても雄大な景色は圧巻でした。モロッコは雑貨なども可愛く、日本人にも人気の国ですので、モロッコに行く際には是非サハラ砂漠まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

 

追伸:モロッコのホテルを最安値で予約しよう

スクリーンショット 2016-09-13 10.14.22

編集長愛用のホテル比較サイトが「ホテルズコンバインド」です。Booking.com、Hotels.com、Expediaなどから最安値のプランを予約できます!

>>モロッコのホテルの最安値を「ホテルズコンバインド」で検索する

 

 

 

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
Ryuta
2014年6月19日から夫婦世界一周ハネムーンの旅をスタートさせたRyutaです♪ネット上で何でも見れる便利な世の中ですが、実際に自分達の目で見て、肌で感じて、色んな経験ができればと思っています。旅人見習いの二人ですが、どうぞよろしくお願いします。 HP:松田帳~the world trip log~

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20