高度1780メートルの秘湯!ネパールのヒマラヤで温泉に入ってきた

2016.06.11 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

a
ネパールのヒマラヤ・トレッキング中に立ち寄った温泉…。激流の川の横で大自然を満喫できそうですが、はたして湯加減はいかに…?

 

こんにちは。Mac破損、iPhone紛失、カメラ一式盗難にも負けず元気に旅行中のたくろうです…携行品補償万歳です。

 

ヒマラヤの温泉とはいかに

こんなイメージのヒマラヤ山脈(4100メートル地点)…ですが、
20160604-DSCF1383

 

高度1780メートルのキャンプ「Jhinu Danda」というエリア付近には川や森の大自然の中に温泉があるということで、トレッキングで疲れた身体を癒しに行ってきました!

 

ヒマラヤの温泉は高度1780メートルのキャンプ「Jhinu Danda」付近にある

ホテルとレストランが数件あるのみの「Jhinu Danda」に到着。ここからさらに約20分坂を下りヒマラヤの温泉を目指します。

20160606-DSCF1489

 

 

アクセス:色々な行き方がありますが、一番メジャーな方法は、ネパールのPokhara → Nayapulまでバスかタクシーで約3時間。Nayapulからは徒歩で1〜2日かけJhinu Dandaへ向かうことになります。

Jhinu Dandaへ温泉にのみ行く人はあまりおらず、「Poon Hill」や「abc・アンナプルナ」帰りに寄るという人がほとんどだと思います。

 

ホテルの柱に申し訳程度に書かれている「Way to Hot Spring(温泉へはこちら)」(矢印)の方向にいざ行きます。ここに来るまでに約1週間、3千メートル以上を上り下りした僕の全身の筋肉は悲鳴を上げ続けていますが、仕方ありません…。

20160606-DSCF1493

 

下ります。いい景色です。
hotspring1

 

ヒマラヤの温泉のチケット屋がありますが、誰もいないのでそのまま下ります。hotspring2

 

まだまだ下ります…
hotspring3

 

おや、ようやくお風呂のようなものが…!
hotspring4

 

ついにヒマラヤの温泉が姿を現す!

着きましたが…

hotspring5

 

それよりも…川、少し激流すぎやしない…? どうしても荒々しい川の流れに目がいってしまいました。

hotspring6

 

ヒマラヤの温泉の入り方

右の小屋で着替え、荷物はそこらへんの岩の上に置いておきます。ちなみに水着着用です。残念なような安心したような感じですね。笑

hotspring11

 

温泉に入ろうとするとおじさん(右)が集金にやってきますので、50ルピー(50円ほど)を渡すと半券をくれます。

hotspring7

 

半券には、残念ながら温度や効能は書かれていませんでした。

hotspring8

 

ヒマラヤの温泉に入浴!

温泉に入る前には掛水。これは世界の常識みたいです。なお、シャンプーなどもここでします。

hotspring10

 

2つの浴槽(手前&奥)はどちらも40度くらいで、日本の温泉に比べると少しぬるめですが、のぼせることもなくたまらなく気持ち良かったです。

hotspring9

 

1時間ほど浸かり、1週間のヒマラヤ・トレッキングの疲れは綺麗に取れました!

 

ヒマラヤの温泉は贅沢で気持ちいい

温泉に浸かりながら隣を見るとそこには雄大な川と山。これ以上贅沢なトレッキングのご褒美はなかなか無いのではないでしょうか。本当にオススメの秘湯なので、ヒマラヤ・トレッキングに行かれる際にはぜひ立ち寄っていただければと思います。

 

The following two tabs change content below.
たくろう

たくろう

1983年生まれ。2015年末にIBMを退職し2016年より海外ぶらぶらしてくる、現実を見れないピーターパン。人生しっかり楽しみます。大人になんてなりたくない。大人になんてなりたくない。大人になんてなりたくない。。はっ、おっさんや!ブログFacebookTwitter

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20