2年で700万も可能!? オーストラリアのワーホリはどのくらい稼げるのか?

2016.03.11 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

image2

オーストラリアのワーキングホリデーって稼げるって聞くけど、実際どれくらい稼げるの?どんな仕事をするの?編集部植竹のガテン系新連載がスタート!

 

オーストラリアで出稼ぎ始めました

こんにちは!極貧バックパッカー改め「オーストラリア出稼ぎ人」植竹智裕(うえたけともひろ)です今まで世界の色々な国からマイナーでシュールなネタをお届けしてきましたが、あまりにもお金が無いので…

ワーキングホリデー制度を使ってオーストラリア南部のレンマークという街に出稼ぎに来ました。

「稼げる」と人気のオーストラリア、果たして本当に稼げるのでしょうか?当連載ではワーホリ情報や月間でどのくらい稼げたのか報告もさせて頂きます。お楽しみに!

 

今回は色気出してスーツケースです。
IMG_6417

 

オーストラリアを選んだ理由

そもそもワーキングホリデー(ワーホリ)とは…

 

二国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない(Wikipediaより引用)

 

日本は現在、15ヶ国とワーキングホリデーの協定を結んでいて、期限付きで学校に通ったり現地の仕事に従事する事が出来ます。そんな中で僕がオーストラリアを選んだ理由は以下の通り。

 

・最低時給が日本円にして1800円と高待遇(その代わり物価も高い)。
・指定された地域で3ヶ月(もしくは合計88日)以上農業や林業に携われば、2年目のビザ延長(セカンドビザ/有料)申請もできる。
・30歳以下の人が対象。

 

今年で30歳になる僕、日本に居てもお金がかかって仕方ないので、時給が夢のように高いオーストラリアでいそいそと労働する事に決めたのです。

 

2年で700万は稼ぎたい

最低時給が1800円という事は1日8時間働ければ週5回勤務で72000円、月に約29万円、年間約346万円、2年で約691万円も稼げます。時給が高いところで掛け持ちして毎日働ければそれ以上だって夢では無いはず。生活費を差っ引いても400万円は貯金を作って帰りたいところです。

 

エージェントに相談したものの…

当初、ワーホリについてよく分からなかった僕は渋谷にあるワーホリプラザに行って気になる事を相談してみました。
IMG_7485

 

僕が気になっていた質問と回答は以下の通り。

 

Q:いくらぐらい必要なんですか?
A:人にもよるけど50万くらい用意して行く人が多い。

Q:ビザの申請は自分でも出来るの?
A:オンラインで出来るけど少しでも不備があると手続きが止まるので要注意。

Q:セカンドビザを取る時に30歳になっていても申請出来るの?
A:申請時に31歳になっていなければ大丈夫です。

 

ワーホリプラザではビザの代行取得だけでなく、出発前の英会話レッスンや、入国後の出迎え、ホームステイ先や仕事先の紹介までしてくれるそうです。気になる事があったら相談してみるといいでしょう。

「初めてだけでもサポートしてくれたらどんなに気が休まるだろう」と思いつつ、予算的に厳しかったので……全て自力で手配する事にしました。

 

ひとりでビザ取れました

移民局のホームページからビザの申請をする事が出来ます(もちろん全部英語)。僕はオーストラリア留学の準備マニュアルというサイトを参考にしました。

日本の住所やパスポート番号など個人情報の他、「反政府活動をした事があるか」「過去にオーストラリアから入国拒否された事があるか」などの質問もありました。そして最後にクレジットカードでビザ代の440ドル(約39785円)を支払うと申請完了。

すぐに@gov.auのドメインから受付完了のメールが届き、僕の場合は4日ぐらいしてビザ取得完了のメールが届きました。

pdfでこのようなビザ証明書が添付されていました。
IMG_7486

 

2016年2月19日オーストラリアへ出発!

こうして2月19日、オーストラリアのアデレードへと飛び立ちましたが、驚いた事にビザの有無はコンピューター上で管理されている為、入国時に何も証明書類を見せる必要はありませんでした。ちょっとそわそわ。

 

余談ですが、乗り継ぎのメルボルン空港のトイレのドアを開けたらアジア系のおっさんが寝ていました。びっくりし過ぎておしっこ漏れるかと思いましたが、不覚にもこのタイミングで「海外来たんだ……」という実感が湧いて来ました。
IMG_6366

 

日本でバイトしたほうがいい…!?

そして現在…滞在13日目にしてレンマークで果物を摘む季節労働に就くことが出来ました!
IMG_7447

 

現在は週7日無休で朝からライムを摘んでいます。1日1箱に5時間かけてライムを貯めていきます。しかし、夢に見ていた高時給の仕事ではなく歩合制で1箱80ドル(6400円)との事です……しかも40度を超す灼熱の為、2箱目にはまだ挑戦させてもらえません。これじゃあ日本でバイトした方が稼げるのでは……!?果たしてこの先どうなるのでしょうか?
image1

 

期間限定割引中
banner



The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております。 ブログ:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ  Twitter:@hiro_uetaken

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20