韓国のマチュピチュ!? 釜山の甘川洞文化村に行ってみた

2016.02.29 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_7058

「韓国のマチュピチュ」と呼ばれる釜山の甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)。待っていたのは様々なアートでカラフルに生まれ変わった集落でした。

 

北朝鮮の避難民が造った甘川洞文化村

こんにちは!極貧バックパッカーの植竹智裕(うえたけともひろ)です。今回は韓国・釜山にあり、「韓国のマチュピチュ」と呼ばれる甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)をご紹介します。
20130315 1473

 

「もともと朝鮮戦争時に北朝鮮から逃れて来た避難民が造った集落で、路地が迷路のように入り組んでいる為、釜山の(韓国の)マチュピチュと呼ばれる。2009年から始まったマチュピチュプロジェクトでアートを織り交ぜた街おこしを行い、文化村と呼ばれるようになった(プサンナビより引用)

 

 

釜山都市鉄道1号線土城(トソン)駅前から2-2番(写真の上から3番目)のマイクロバスに乗り、「カムチョンムナマウル」停留所で下車(所要約20分)。
20130315 1468

 

マチュピチュというよりはイタリア?

現れたのは丘の斜面に張り付くように並び、カラフルにペイントされた住宅街でした。
IMG_7058

 

インターネット上ではマチュピチュやギリシャのサントリーニと比喩されています。正直なところ、どちらに似ているとも思いませんが、イタリアのチンクエ・テッレ(写真)にはちょっと似ている気もします。ちょっとだけね。
Manarola Village
Photo by Laurent Castellani

 

街中にちりばめられたモダンアート

早速、街中を歩いてみましたが、カラフルな建物だけではなく、至る所にちょっと奇怪な(?)モダンアートが飾られていました。人の顔をした鳥。
20130315 1534

 

カラフルな魚。近づいてよく見てみると……
20130315 1532

 

ひとつひとつも魚の形をしています。まるでスイミー
20130315 1542

 

銭湯を再利用したコミュニティセンター

丘の中腹にあるコミュニティセンター。ここは銭湯を再利用した建物のようです。受付でうたた寝するおばちゃんのオブジェ。
20130315 1523

 

2階にも浴槽につかるおじいちゃんのオブジェの他、モダンなアート作品が展示されていました。
20130315 1511

 

脱衣場もカラフルに生まれ変わりました。
20130315 1510

 

スタンプラリーに参加すれば楽しさ2倍

プサンナビによると、アートショップで2000ウォン(約180円)で買える地図にスタンプカードが付いていて、全部揃えるとゴールのコミュニティセンターでポストカードに交換してくれるとの事。知らずに行ったのでコミュニティセンターのスタンプだけ記念に押してきました。
o0480064012429616997

 

一番の魅力は日没後

カラフルな街並みやモダンアートも楽しめましたが、僕にとって一番印象的だったのは日が沈んだ直後です。鮮やかな色合いは失われますが、家屋の灯りがひとつ、またひとつと灯っていく様子は、不思議な懐かしさと暖かみを感じてしまうノスタルジックな光景でした。
20130315 1551

 

日帰りで行ける「韓国のマチュピチュ」、釜山を訪れた際は是非足を伸ばしてみてください。

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております。 ブログ:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ  Twitter:@hiro_uetaken

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20