中国ではじめて日本の「味千ラーメン」を知った話

2015.10.30 11:39 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P7280667-1

「中国で一番成功している日本の外食チェーン」だそうです。知ってました?

 

中国でたまたま入ったラーメン屋がすごかった

かつて「ラーメンノート」をつけていたくらいラーメン大好きデスクさんです。

今や我らが「ラーメン」は日本の食文化を象徴する存在のひとつだと言えます。世界一周でも、欧米を中心に日本スタイルのラーメン屋を多く見かけました。その多くは日本の有名店のチェーン(一風堂など)や、日本人がやっている、日本風を装い中国人がやっている…そのいずれかだったのですが、中国でたまたま入ったラーメン屋が聞いたことのない日本のラーメンチェーンで、調べてみたらすごかったというお話です。

 

味千ラーメン、何者?

中国の西安を歩いていたら、「ラーメン」という提灯に吸い寄せられ扉を叩きました(引き戸でしたが)。

P7280669-1

 

店内はラーメン店には似つかわしくない落ち着いた雰囲気。席の配置など、日本のファミレスを想起させます。

P7280672-1

 

メニューを見ると、ベースとなるのは右上の豚豚骨ラーメン(32元=609円)のようです。

P7280671

 

日本食と言えばまだまだ寿司なんでしょうね。リアルな事情を垣間見た気分です笑。

P7280673

 

運ばれてきた豚豚骨ラーメンはこんな感じ。レンゲの近くにあるのは肉。

P7150043

味は、日本に数多ある豚骨ラーメンチェーン店に共通する安定感のある豚骨ラーメンで、海外で食べるとホっとします。スープに浮いているのはマー油(焦がしニンニク油)でしょうか。香ばしさが鼻に抜けます。

 

メニューを見ると、海外で幅広く展開しているようです。味千ラーメン、何者!?

P7280676-1

 

国外で700店舗展開する「味千ラーメン」

調べて見ると、熊本に本店があるラーメン店チェーンだそうです。

 

味千ラーメン(あじせんラーメン)は、台湾出身の客家、重光孝治が創業の重光産業が経営し、熊本市に本店を置くラーメン店チェーンである。Wikipediaより引用

 

日本国内で約90店、日本国外では中国や東南アジアを中心に2015年7月末現在約700店舗を営業している[2]。

 

日本国外で700店舗…。国内じゃなくて、国外ですよ。完全に逆転しちゃってますね。

 

「中国で一番成功している日本の外食チェーン」らしい

こんな本まで見つけました。いや、知りませんでした…。

 

 

言うまでもなく日本の市場は飽和状態なので、今後こういった「日本人には馴染みの薄い」企業・メーカーの海外進出が増えていくのでしょうね。

ちなみに、実は僕が世界一周に出て初めて食べた食事がこの味千ラーメンでした。カウチサーフィンのホストが連れて行ってくれたのですが、さすがに初日は勘弁してほしかったです。

 

 




↓デスク愛用の海外ホテル比較サイト↓
The following two tabs change content below.
デスク
世界新聞の通称「デスク」。株式会社世界新聞代表取締役。これまでに35カ国以上を訪れる。 2011年〜1年間の世界一周旅行へ。ブログ村世界一周ランキング1位。2013年、世界新聞を立ち上げる。 著書に「世界一周できませんと思っていたらできちゃった」(幻冬舎) 海外旅行に関する講演もちらほら。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット


デスク愛用の海外ホテル比較>>>

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20