ニュージーランドで車上生活してみたら「家賃」が必要だった

2015.08.12 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN1071

まさかの連載2回目にして、車上生活断念?僕の居場所は…どこだ…?

 

こんにちは。ニュージーランド(以降はNZと省略)で車上生活をはじめたです。前回は車を購入する記事をお届けました。

車を買ったら、今度は住む場所を探します。しかし…多くの国が公共の場所での車上生活を禁止しているように、NZも同様に禁止されています。では、どうやって車上生活するのか!?今回は場所探しの記事をお届けします。

 

NZ最南端の町へ

現在、僕はNZ最南端のインバーカーギルという町にいます。

 

この町で一番高い建物である水道塔です。それ以外に観光名所のない田舎町です。でも、意外なものを色々と発見したのでいずれインバーカーギルについて記事にしようと思います。
DSCN1094

 

なぜこんな田舎に来たのか?

そもそもなぜこんな場所に来たかといいますと…。当初、旅をしながら仕事を探し、そこでしばらく車上生活をして今後の旅の資金を貯めようと考えていました。しかし…日本から42万円程持って来ましたが、車を買って色んな場所に行ってみたら…全財産が5万円になってしまい、早々に仕事をしなければならないことに…。インターネットで求人に応募して、働くことになったのがインバーカーギルでした。

 

「ホリデーパーク」に泊ろう

さて、車上生活が禁止されているのならどうするのか?アウトドアが盛んなNZには、いたるところに「ホリデーパーク」という日本のキャンプ場みたいな場所があります。このホリデーパークに泊まることが条件となります。

ホリデーパークといってもいくつかの宿泊タイプがあります。

 

1.パワーサイト
DSCN0777

まずは、キャンピングカーで旅行する人向けのパワーサイトです。単に車を止めるためだけのスペースに見えますが、

 

このように一台ごと電気が使えるようになっています。一泊一人あたり1600〜2000円くらい
IMG_2321

 

2.キャビンサイト

DSCN0789

普通の車で旅をしてる人向けのキャビンサイトです。中は寝室だけでシャワー、キッチン、トイレなどは共用施設を使います。お値段は安くても一泊一人4200円くらい。

 

3.ノンパワーサイト

IMG_2351

とにかく安く泊まることが出来るノンパワーサイト。車を止めるスペースがあるだけで、電気を使うことが出来ません。共用のキッチンで電源を借ります。値段は一泊一人1200円〜1600円くらいです。

今回の車上生活は、この場所を狙っていましたが…。

 

車上生活断念か…?

DSCN1089

長く住むことを考えれば安くて便利な場所を見つけたい。まずは町のインフォメーションセンター(上写真)に行きました。
近くにあるホリデーパークの情報を集め、さっそくホリデーパークに行ってみましたが、

「長期滞在は出来ないよ」

とアッサリ言われました…

他は大丈夫だろうと2日間費やしましたがまさかの全滅…
これは想定外!​車上生活が出来ない…!

 

最後に尋ねたホリデーパークの受付の人がぽつり。

「このホリデーパークは出来たと思うよ」

インフォメーションセンターにはなかったホリデーパークでした。
もしこの場所でダメなら車上生活は諦めるしかない…
藁にもすがる思いで行ってみました。

 

とうとう見つけた僕の住処!

教えてもらった場所はホリデーパークCoachman's INN

IMG_2371

さっそく受付の人に長期滞在出来ますか?と聞いたところ、「大丈夫ですよ」とあっさり返ってきました。
長期滞在するから…と値引き交渉したら​一泊NZ$15→$10(819円)にしてもらえました。月約25000円なら相当安いです。

 

長い車上生活の始まり!

DSCN1071

思わぬ事態もありましたが、なんとかNZで車上生活を継続しています。ここインバーカーギルで半年間はお金を貯めて、今後の旅する資金を貯めたいと思います。次回は車上生活の日常についてお届けしようと思います。

2018rank


The following two tabs change content below.
K

K

社会人を辞めて、海外の競馬を見てみたいという理由で2014年オーストラリアにワーホリを経験する。2015年7月からシンプルなライフスタイルを求めて2回目のワーホリでニュージーランド車上生活してます。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20