マツダのMPVで1年間、ニュージーランドを車上生活します

2015.07.16 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN0745

世界を車で気の向くままに旅する…。そんな生活に憧れたことはありませんか?ワーホリは勉強や、働くことがすべてではありません!車上生活だってできるのです。

 

なるべくシンプルに生活したい

はじめまして!これからワーキングホリデーでニュージーランドで約11ヶ月間車上生活するKです。
大自然なニュージーランドをなるべくアウトドアでシンプルに生活したい!!「どうせなら、車上で生活しちゃえばいいのじゃないか?」というのがキッカケで2回目のワーキングホリデーに突入しました。先の見えない車上生活を連載でお届けします。

初回はニュージーランドで車を購入した記事をお届けします。

 

旅のスタートはクライストチャーチ

僕は現在ニュージーランド南島の都市クライストチャーチにいます。

 

綺麗な街並みとか思いきや…
DSCN0695

 

このように廃墟になった建物がたくさん残っているのが現状です。クライストチャーチでは2011年にカンタベリー地震が発生、4年経った今でも震災の爪痕が強く残されています。
DSCN0721

 

海外で車なんて買えるの!?

さて、ここから本題の車を買うまでの流れなんですが、買うのはもちろん中古です。新車なんて買うお金ありません…。日本と違ってニュージーランドでは、色んな方法で中古車を購入出来ます。主にインターネットオークションで買ったり、ネットの掲示板で個人売買するのが主流でが、僕が探しているキャンピングカーだと情報量が少ないので違う方法で探してみました。

 

1 滞在したバックパッカーの掲示板

ホステルに滞在した時、車を売買する貼り紙を見かけました。土地柄、キャンピングカー販売募集が多く、何件かいい車があったので応募してみましたが、すでに売り切れていました…。
IMG_2259

 

2 ポツンと放置された車

ある日、道路脇にポツンと車が止まっていたので近くまで行ったところ…
IMG_2288

 

放置したまま車を売っていました。欲しいときは、貼り紙の番号に連絡すれば購入できます。色々と街中を探してみたのですが、唯一見つかったのがこれだけでしかもキャンピングカーではなかったので残念。
IMG_2289

 

3 キャンピングカー仕様車のカーマーケット

最後は日本で俗に言う中古車センターです。しかし、このお店が変わっているのが、中古車のキャンピングカー仕様の車を多く取扱っているところ。
IMG_2280

 

このようにスペースに空きがない程に車をたくさん並べてます。
IMG_2281

ここでキャンピングカーが欲しいと相談したら、すぐに色々と紹介してもらいその中に「コレだ!!」って思う車が見つかりました!

 

僕の車(家)はこんな感じ

見つけた車はマツダのMPVをキャンピング仕様にした車、1995年製で走行距離は約18万km走っています。車を持ったことがある人は「こんなボロ車を買うのか!?」って突っ込まれそうですが、ニュージーランドでは日本と違いボロボロになっても車を販売することが出来ます。
IMG_2267[1]

 

キャンピング仕様とはこういうことです笑。分かります?だから…DSCN0724

 

ここにこうやって寝るんですよ笑
DSCN0745

しかも、寝袋とテーブル、チェアなどキャンピング用品も込みで総額は$3100(日本円で26万円くらい)。でも、バッテリーサイズが小さいことと、運転席の窓が動かないので突っ込んだところ$2800(約22万円)にしてもらえたのでちょっと予算オーバーだけど購入を決断!!

 

一緒に写ってる人はこのお店、Backpacker Car Market のオーナーのリチャードさんです。丁寧に教えてもらって助かりました。
IMG_2273

 

手続きは日本より簡単!安い!

車を購入したら書類を申請します。日本と違って申請は簡単でしかも安いです。

 

持主証明書

購入手続きとしてはオンラインで持主証明を作成すれば一発オッケー!費用も$20(約1632円)程と安いです。
IMG_2300

 

車両登録税

税金も払わなければなりませんが、費用は日本よりも少し安く、年間で$200(約1万6千円)程で、申請は郵便局で簡単にできます。
IMG_2297

 

車検証

車検は何も異常がなけれな$30(役2400円)程と格安ですが、半年に一回(新車以外)あります。こちらでは、古い車が多く走っているから仕方ないのかな…。
IMG_2299

僕の場合、税金と車検の有効期限が残っていたので持主証明だけで簡単に受け渡しが出来ました。車を買って旅が出来るのもワーホリだからこその醍醐味でないかと思います。さて、車も手に入れたことだし、これからは自然溢れる田舎に向かいます。

次回をお楽しみに!

2018rank


The following two tabs change content below.
K

K

社会人を辞めて、海外の競馬を見てみたいという理由で2014年オーストラリアにワーホリを経験する。2015年7月からシンプルなライフスタイルを求めて2回目のワーホリでニュージーランド車上生活してます。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20