[ロケットスチーマー]バングラデシュの船で一晩を明かすとこうなる

2014.09.24 12:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6739
バックパッカーにとって豪華クルーズなんて夢のまた夢。悔しいので、バングラデシュのロケットスチーマーと呼ばれる船で1泊2日のクルーズをしてきました。

 

1泊2日の船の旅

こんにちは!気ままに旅するライター植竹智裕(うえたけともひろ)です。世界一周中の僕は現在この辺りにいます。

 

僕は約一ヶ月間、バングラデシュを旅しました。

「バングラデシュの国土の大部分はインド亜大陸のベンガル湾沿いに形成されたデルタ地帯である。このデルタ地帯を大小の河川やカールと呼ばれる水路が網の目のように走っている。その豊富な水資源から農業に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する」(Wikipediaより引用)

 

その際、気になる乗り物を見つけてしまいました。首都ダッカと地方都市を結ぶロケットスチーマーと呼ばれる外輪船です。
IMG_9989

 

両サイドに水車が付いていて、その回転で推進力を得るのが特徴です。Wikipediaによれば、「初期の動力船はほとんどがこの外輪船でしたが、現在はそのほとんどがスクリューに取って代わられた」そうです。現役で水上交通を担っているのはアジアでは珍しい例です。
それにアジア最貧国の客船って……ちょっと興味があります。果たしてどんな船旅になるのでしょうか。

IMG_6430

 

切符を購入

早速、始発のモレルガンジという街からロケットスチーマーに乗ってみましょう。

 

切符売場はこんな感じです。ベンガル語で運賃が書いてあるほかは特に目印はありませんが、
IMG_6248

 

乗りたい旨を告げると中に入れてくれます。受付のおじさんは携帯電話の本体を交換しよう!」と冗談を飛ばしてきますが悪い人ではなさそうです。笑顔で流しましょう。
IMG_6411

 

1泊2日の船の旅のチケットです。モレルガンジからダッカまでは一等(エアコン付)、二等(扇風機付)、三等(甲板で雑魚寝)と乗客のスペースが分けられ、二等以上はツインベッドの個室が割り当てられます。僕が購入したのは二等船室のチケットです。お値段は2100タカ(約2948円)でした。庶民的な食事が20タカ~100タカ程度で食べられる事を考えると、かなり高価なクルーズです。
IMG_6416

 

今回乗った船

チケットを買ったらいよいよ乗船です。
IMG_6431

 

乗客が自由に出入りできるのは2フロア。寝室は2階にあります。
IMG_6437

 

早速、船についての情報が書かれたプレートを発見しました。僕が乗った船は1938年にインドのコルカタで製造されたLEPCHA号というそうで、もともとは水蒸気で外輪を回していましたが、1996年にディーゼルエンジンに置き換えられたそうです。1938年といえば戦前で、バングラデシュもまだ英国領インド帝国の一部だった時代です。76年経った今も現役で動いているから驚きです。
IMG_6507

 

船の性能が書かれたプレートも発見しました。三等の収容可能人数が昼と夜で違うのはなぜなのでしょうか……?
IMG_6517

 

二等船室はこうなっている!

三等エリアと二等エリアはこのように扉で仕切られています。
IMG_6444

 

部屋を出ればすぐに景色が見られる構造になっています。
IMG_6436

 

べッドは硬めですがシーツも整えられていて、コンセントもあり、扇風機もあるのでなかなか快適。
IMG_6434

 

いざ1泊2日のリバークルーズへ

「9時出航」と教えられましたが、船が出たのは9時30分でした。船は汽笛を鳴らして港から離岸します。
IMG_6532

 

船が動き出してから飛び乗って来る人も……。
IMG_6536

 

1日目は森に囲まれた小さな村々や、
DSCF8517

 

沐浴・洗濯をする人々、
DSCF8513

 

漁業を営む人々を眺めながら船は進みます。
DSCF8563

 

船内を探検してみた

のどかですが似たような景色が続き、早速飽きてしまったので船内を探検してみましょう。
IMG_6665

 

一等船室はこのようになっています。エアコンが付いているほか、二等船室よりも広々と使えるようです。
IMG_6502

 

一等船室の先(船首側)には椅子が用意され、静かに景色を楽しむ事ができます。
IMG_6505

 

1階では外輪を動かす巨大なエンジンが高速回転しています。この辺りは機械が発する熱で物凄い蒸し暑さ。
IMG_6476

 

そんな場所でも人が熟睡しているから驚きです。
IMG_6730

 

上のディーゼルエンジンを使って、外輪が常に回転しています。
IMG_6551

 

また、船には売店があり、紅茶やスナックを購入できます。
 IMG_6625

 

行商人も乗っているので、軽食には困らなそうです。
IMG_6461

 

厨房もありました。
IMG_6466

 

船の側面を伝って船首にも行けるようです。滑りやすそうなので一瞬躊躇いましたが、若者が満面の笑みで誘ってきます……。行くしかありません。
IMG_6687

 

川に滑落する事なく無事に辿り着いた船首。
IMG_6689

 

一番風を受ける場所だからでしょうか、既に多くの人が涼みに来ていました。
IMG_6691

 

ちょっと怪しい水回り

僕がこの船で一番衝撃を受けたのは水回りでした。1階にはなんと井戸が……!
IMG_6462

 

皆この水で手を洗ったり口をゆすいでいますが、井戸の真下は言わずもがな……川です。間違い無く川の水を吸い上げています。
IMG_6629

 

二等船室にも共同のトイレとシャワーがあります。お湯は出ません。シャワーは壊れていて、蛇口からバケツに一度水を貯めて、それを頭から浴びるしかありませんでしたが、船のどこにも貯水槽が見当たらない事を考えると、こちらも川の水なのかも知れません。
IMG_6449

 

三等は戦場

船は途中の港にも停泊して乗客を集めます。出発直後はこんな感じだった船も……
IMG_6438

 

最終的にはこうなりました。
IMG_6647

 

夜になると足の踏み場もありません。昼と夜で収容可能人数が違うのはこういう訳だったんですね……。
IMG_6739

 

二等・三等共通の食堂に行ってみた

夜になり、そろそろお腹が空いてきた頃。
IMG_6715

 

2階の一室が食堂になっていました。特に看板も無いので仲良くなった現地人に聞くまでは存在すら知りませんでした。まずは水を張った皿が提供され、それで右手を洗います。
IMG_6728

 

メニューはカレーのみでした。水を捨てた同じ皿にご飯が盛られ、カレーをかけながら右手で食べます。手を洗った皿でご飯を食べるなんてちょっと不潔な気もしますが、気にする事はありません。手を洗った水だって川の水かも知れないのですから
IMG_6724

 

景色が変わって来た!

2日目、外を見てみると無数の煙突が並ぶ地帯に突入していました。
DSCF8619

 

どうやらレンガの工場のようです。
DSCF8474

 

だんだんと都会めいてきました。工場が増え、川沿いには造船所が現れました。
DSCF8636

 

そして10時30分、終点の首都ダッカに到着。
IMG_6790

 

途中で寄港した港を繋げるとルートは以下のようになっています。

 

所要25時間の旅でした。
IMG_6791

 

最貧国クルーズはちょっと贅沢な時間

ロケットという名称とは裏腹に、ゆっくりと川を進む船の旅でした。二等船室で静かに景色を眺める事もできて、三等エリアに出れば、そこには乗客がひしめき合っていたり、井戸が取り付けられていたりと衝撃的な光景も見る事ができます。レトロな外輪船で行く最貧国のクルーズは日本では決して味わえない経験ができる、ちょっと贅沢な時間でした。
IMG_6788

 

文・写真:植竹智裕
HP:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ

 

2018rank


The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております!旅のオフショットはインスタで。ブログTwitter

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20