【世界一周小説】最後の一枚

2014.03.15 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

*IMG_1759
旅作家・武重謙が世界一周しながらインスピレーションをえて書く世界一周小説FACTORYのインドネシア編の第二弾です。※この文章はフィクションです


 

2万円OFFキャンペーン中
banner


最後の一枚

 

海の向こうに夕陽が落ちかけていた。

真ッ赤に染まる景色の中、影絵になった釣り舟が港へと向かってその身を滑らせていた。克司は釣り舟から届く笑い声に耳を傾けていた。

「ねぇ」


海に向かってしきりにシャッターを切っていたリサが手を休め、克司を見た。

「あなたがうちに泊まるようになってもう一週間になるけど、あなたが写真を撮っているところを見たことないわ」

「ああ、そうだね」

克司はカメラのファインダーを覗き、しばらく考えてからカメラを置いた。

「撮らないの?」

「何を撮っていいか分からなくてさ」

「好きに撮ればいいのよ。ほら、貸してみて」

克司が首を振った。

「その高そうなカメラは飾りなの?」

「もし、あと一枚しか写真が撮れないとしたら、何を撮る?」

「あと一枚?」

リサは少し考えてから続けた。

「そんなカメラさっさと家に送ってしまった方がいいわ。ザックの重りでしかないもの」

「そりゃいいや。——でも、このカメラは親友の形見なんだ。しかも今どき珍しいフィルムカメラ。そいつはこのスラウェシ島にやってきて、日本に帰国したあと、つまらない事故で死んだんだ」

リサは大袈裟に申し訳なさそうな顔をして克司の隣に座った。

「あいつが遺したものを整理していたら、このカメラがあったんだ。しかも旅行から帰って現像もせずに……。よく見たら三十六枚撮りのフィルムのうち、三十五枚しか撮ってなかったんだ」

「どうして一枚残したの?」

「さァ……。代わりに最後の一枚を撮りに、同じ島に来てみたんだけど、まだ撮れずにいるよ」

克司は欧米人を真似て、両手の掌を上に向けて首を傾げた。リサもつられて首を傾げて、すでに真ッ黒になった海を眺めていた。



 

親友は島の形が自分のイニシャルであるKに似ているという理由でスラウェシ島にやってきて、転職前の一ヶ月の休暇をここで過ごした。島の南端から旅を始め、途中でダイビングやケービングをしつつ北上したが、北部に入る前に一ヶ月の期間を終えた。

——最後の一枚に何を撮るか考えているうちに、帰国しちゃった

遺品の日記にそう書いてあった。

「で、その最後の一枚を自分なりに撮ってから、あいつの写真を現像しようと思ってさ」

その夜、小さな漁師町の外れにあるリサの家で事情を説明した。

「あと数日で帰国よね?」

「ああ」

「それまでに最高の景色を探して、最高の《最後の一枚》を撮りましょうよ」

リサは目を輝かせていた。


 

それから帰国までの数日間、克司とリサは景色が良いと言われる場所を徹底的に回った。

「あの山から見た景色がきれいだ」と言われれば山に登り、「あそこのビーチが美しい」と言われればビーチに行った。朝日がきれいだと言われれば早起きし、夕陽がいいのだと言われれば、陽が暮れるのをその場で待った。

島の北東部から始めた克司の旅は、北西部にあるトリトリという町で終わろうとしていた。インドネシアの島々を周回する大型客船が寄港することで、インドネシア人の出入りこそあれど、外国人がやってくることはほとんどない町だった。

二人は取り付かれたようにこの町から行ける絶景を探し回った。克司の話に共感した地元の若者がバイクで二人を連れ回した。そのどれもが確かに美しい景観であり、その証拠にリサは行く先々で何十回とシャッターを切っている。

 


 

「ほら」

リサは撮った写真を克司に見せた。

「きれいでしょ?」

早朝の海辺である。薄雲のおかげで、朝日がまるで月のように丸く浮かんでいた。それが海面にたゆたい、揺らめく楕円形として映っていた。

「きれいだ」

克司は強く言い切った。

「でも、あなたは写真を撮らない」

「そう、撮らない」

「次はそのカメラをどこに持って行くのかしら?」

「この島の隣にもうひとつKの形をした島があるんだ。次はそこに行こうかな。僕のイニシャルもKだから」

「ここにもまた来てくれる?」

克司は曖昧に頷いた。

去っていく旅人を物憂げに見るリサの表情こそ、撮るべき最後の写真に思えた。自然と克司はファインダーを覗き、彼女に焦点を合わせた。

「バイバイ」

ファインダー越しにリサが手を振っていた。

 

 

文・写真:武重謙

 

次の記事はこちら
>>これからバックパッカーするあなたに伝えたいこと



お得に海外旅行したい人のためのサイト「budget-travel」






The following two tabs change content below.
デスク
世界新聞の通称「デスク」。株式会社世界新聞代表取締役。これまでに35カ国以上を訪れる。 2011年〜1年間の世界一周旅行へ。ブログ村世界一周ランキング1位。2013年、世界新聞を立ち上げる。 著書に「世界一周できませんと思っていたらできちゃった」(幻冬舎) 海外旅行に関する講演もちらほら。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20