トラベラーズチェックのおすすめ代替ツール3選

編集部Lee

編集部Lee
私も愛用していたトラベラーズチェックですが、2018年現在購入することができません。

「使えないとなると、海外でのお金の管理はどうすればいいの?」と悩む人もいるかもしれません。

この記事では、トラベラーズチェックの代替となるツールを私がいろいろ試してみた経験から3つご紹介します。

トラベラーズチェックの代替ツール1
海外プリペイドカード

まず紹介する代替ツールが、「海外プリペイドカード」です。

海外プリペイドカードとは、チャージ(入金)した金額だけ使えるカードです。

VISAやマスター、JCBなどの国際ブランドが搭載されており、クレジットカードとほぼ同様に使うことができます。

海外プリペイドカードの多くは海外でしか使えませんが、マネパカードは国内でのショッピングにも利用可能です。

紛失・盗難の際も安心

では、海外プリペイドカードとトラベラーズチェックを比較して、海外プリペイドカードはトラベラーズチェックの代替となるか、チェックしましょう。

まず、紛失・盗難の際の対応ですが、トラベラーズチェックは紛失・盗難の際も再発行が可能です。

ただし、再発行には時間がかかり、その間はもちろん利用できません。

一方の海外プリペイドカードも、紛失・盗難の際の対応に優れているカードがあります。

それが「キャッシュパスポート」で、スペアカードが発行されるため、メインカードが紛失・盗難の被害に遭っても、スペアカードはそのまま利用可能です。

利便性は海外プリペイドカードが上

利便性についてですが、トラベラーズチェックはあまりよくありません。

フランス旅行に行った時も、換金せずにそのままトラベラーズチェックを使える店舗はありませんでした。

一方の海外プリペイドカードは、国際クレジットカードブランドの加盟店でのショッピングはもちろん、ATMを使った現地通貨の引き出しも可能です。

この点では、海外プリペイドカードはトラベラーズチェックの代替以上の活躍を見せます。

海外プリペイドカードランキングをみる

トラベラーズチェックの代替ツール2
クレジットカード

次に紹介するトラベラーズチェックの代替ツール、それはクレジットカードです。

世界中でショッピングやキャッシングに利用でき、利用金額は後日、口座から引き落とされます。

審査でショッピング、キャッシングともに限度額が設定され、限度額以上の利用はできません。

使い勝手は3つのツールで一番

では、トラベラーズチェックの代替として、クレジットカードはふさわしいか見ていきましょう。

使い勝手については、トラベラーズチェックはもちろん、海外プリペイドカード、国際キャッシュカードを上回ります。

世界中のクレジットカード加盟店で使えるだけでなく、海外プリペイドカード、国際キャッシュカードでは支払えないこともあるデポジット(預り金)や現地の高速道路料金、現地のガソリン代も、クレジットカードならば問題ありません。

保険や付帯サービスも充実

トラベラーズチェックを利用しても、特に特典があるわけではありません。

しかし、クレジットカードには国際ブランドやカード会社独自の優待や特典があり、海外旅行保険やショッピング保険が付帯するカードもあります。

万が一の不正利用が心配

しかし、クレジットカードは紛失・盗難の際の不正利用が心配です。

最近では、カード会社による不正利用監視が強まっていますが、紛失・盗難の際の不正利用の可能性はゼロではありません。

一方のトラベラーズチェックは、「パスポート提示&目の前でパスポートと同じサイン」という2つのハードルがあり、これをクリアすることはまずできません。

海外旅行におすすめのクレジットカードランキングをみる

トラベラーズチェックの代替ツール3
国際キャッシュカード

そして、最後のトラベラーズチェックの代替ツール候補、それが国際キャッシュカードです。

仕組みが海外プリペイドカードと似ていますが、海外プリペイドカードがチャージ分だけ利用できるのに対して、国際キャッシュカードは口座の残高分だけ利用できます。

VISAやJCBなどの国際ブランドが搭載されていものもあります。

簡単に追加入金できる

私も、トラベラーズチェックを使いすぎてなくなってしまい、残りの現金とクレジットカードでどうしようか、不安になったものでした。

トラベラーズチェックは日本で購入するものであり、現地購入は手間もかかるのでおすすめしません。

しかし、国際キャッシュカードならば、紐づけしている口座のお金が無くなっても、そこに追加入金されれば、引き続き使うことができます。

これは、トラベラーズチェックの代替としては十分すぎる機能です。

口座の残高管理には注意が必要

しかし裏返せば、それは口座の残高管理には注意が必要ということです。

特に、国際キャッシュカードと紐づけになっている口座が、家賃や公共料金の引き落とし口座でもある場合、余計に注意が必要です。

国際キャッシュカードを使いすぎると公共料金の引き落としができず、旅行中に公共料金の引き落としがあると国際キャッシュカードの利用可能残高が減ります。

トラベラーズチェックは、金額分を事前に購入するので、そのような心配はありません。

トラベラーズチェックの代替でおすすめは海外プリペイドカード

トラベラーズチェックの代替ツールを3つ紹介しましたが、初心者に最もおすすめなのが審査が海外プリペイドカードです。

チャージ分以上利用できない点は、クレジットカードや国際キャッシュカードを上回るセキュリティです。

クレジットカードを現地で使いすぎてしまい、帰国後に利用明細を見てびっくりすることもありますが、海外プリペイドカードならばそんなこともありません。

海外にキャッシュパスポートを持っていけばこれだけ便利&お得に

数ある海外プリペイドカードの中でも、おススメが「キャッシュパスポート」です。

キャッシュパスポートを持って行けば、海外旅行がこれだけ便利でお得になります。

スペアカードで安心

キャッシュパスポート最大のメリットは、スペアカードの存在です。

海外プリペイドカードでスペアカードを発行しているのは、キャッシュパスポートのみです。

スペアカードがあれば、メインカードが紛失・盗難の被害に遭っても、そのまま使い続けられ、もちろんメインカードは利用停止措置が取れます。

年齢制限・審査なし

クレジットカードは高校生を除く18歳以上、国際キャッシュカードも中学生を除く15歳以上というのが、一般的な発行基準です。

しかし、キャッシュパスポートには年齢制限がありませんので、海外旅行に行く中高生のお子さんにも持たせられます。

また、審査もありませんので、クレジットカードの審査に通るか不安な方でも安心して持てます。

レートもなかなか良い

トラベラーズチェックは、両替レートが非常に良いことで知られています。

トラベラーズチェックに適用されるレートは、「対顧客電信相場」というレートで、現金を直接両替するよりも1%以上はお得なレートです。

トラベラーズの発行には1%の発行手数料がかかりますが、それを差し引いてもトラベラーズチェックはお得でした。

一方のキャッシュパスポートもレートは負けていません。

キャッシュパスポートは日本円を含む9つの通貨を使うことができます。

トラベラーズチェックで9通貨持って行くと札束のようにかさばりますが、キャッシュパスポートはカード1枚でOKです。

キャッシュパスポート・トラベラーズチェック・現金レート比較表

2017年10月20日現在のキャッシュパスポートと、トラベラーズチェック(TC)に適用される対顧客電信相場、そして現金の両替レートを比較してみましょう。

キャッシュ
パスポート

対顧客電信相場(TC

現金売レート

アメリカドル

115.00

113.99

115.79

ユーロ

137.41

134.98

137.48

イギリスポンド

155.54

153.37

161.37

豪ドル

96.26

90.82

98.52

NZドル

85.93

82.91

89.61

カナダドル

97.86

92.27

99.27

シンガポールドル

87.56

84.15

89.15

香港ドル

15.23

14.90

16.90

通貨によって異なりますが、イギリスポンドや香港ドルなどは、キャッシュパスポートのレートがトラベラーズチェックに並ぶ高レートとなっています。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

関連記事

トラベラーズチェックの代わりにキャッシュパスポートをおすすめする理由