トラベラーズチェックの作り方まとめ

初めてトラベラーズチェックを作った際には、とても緊張したことを今でも鮮明に覚えている編集部のLeeです。

初めてトラベラーズチェックを購入する際、私は郵便局で購入しました。

普段はあまり緊張しない性格なのですが、10万円近い購入金額、しかもトラベラーズチェックという未知の商品を買うということで、大量の汗をかいてしまいました。

かつての私のような海外旅行初心者の方も「トラベラーズチェックを購入する際にやっぱり緊張するのでは」と考えるかもしれませんが、そんな心配はいりません。

なぜならば、現在ではトラベラーズチェックを購入することができないからです。

今回は、かつては可能だったトラベラーズチェックの作り方を振り返るとともに、トラベラーズチェックの後継アイテム・キャッシュパスポートのおすすめポイントも紹介しましょう。

キャッシュパスポートの詳細はこちら

※現在トラベラーズチェックを新しく作ることはできません

僕が数年間海外旅行に行っていなかった間、トラベラーズチェックを取り巻く状況は大きく変化していました。

2014年に久しぶりに海外旅行に行こうと、ゆうちょ銀行でユーロ建てのトラベラーズチェックを購入しようとしたところ、窓口の人に「トラベラーズチェックの販売はしていません」と言われてしまいました。

ゆうちょ銀行ではアメックスのトラベラーズチェックを取り扱っていましたが、そのアメックスが2014年3月31日に日本国内でのトラベラーズチェック販売を終了したのを最後に、トラベラーズチェックを日本国内で販売している場所はありません。

さらに、2016年にはゆうちょ銀行でアメックスのトラベラーズチェックの換金まで終了してしまったのです。

私は幸いなことに、購入済みのトラベラーズチェックはありませんが、日本国内でのトラベラーズチェックの換金場所は減る一方です。

代わりとしてはキャッシュパスポートがおすすめ

トラベラーズチェックの代わりとしては、キャッシュパスポートがおすすめです。

年齢制限も審査もない

新しく何かを始めるときは、何事においても緊張します。

それが大金の動くことであればなおさらです。

トラベラーズチェックを購入する際には、多額の現金を持って行く必要があり、それだけでも緊張しました。

加えて、「小切手(トラベラーズチェック)の購入」という普段では行わないことをしているので、緊張は倍加します。

しかし、キャッシュパスポートは発行に際して年齢制限がなく、審査もありません。

クレジットカードの審査ではいつもドキドキする私も、審査がなければ緊張しません。

いつでもどこでも9通貨をチャージできる

トラベラーズチェックは、店舗によって取扱通貨の数にばらつきがありました。

最寄りの郵便局でも、フランスフランのトラベラーズチェックの取扱はしていませんでした。

一方、キャッシュパスポートならば、深夜でも早朝でも、外出先でも自宅でも、9つの通貨を確実にチャージできます。

トラベラーズチェックのように、取扱店舗まで車を飛ばす必要もありません。

スペアカードで安心

私は以前、トラベラーズチェックの購入契約書をごみ箱に捨ててしまいました。

トラベラーズチェックは、紛失・盗難の被害に遭っても再発行が可能ですが、購入契約書がないと再発行できません。

幸い、トラベラーズチェックの紛失・盗難の被害はありませんでしたが、ぞっとします。

一方のキャッシュパスポートは、万が一メインカードが紛失・盗難の被害に遭っても、スペアカードがあれば安心してショッピングや現地通貨の引き出しができます。

もちろん、メインカードの利用停止もできます。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

トラベラーズチェックの作り方1
どこで作れる?

※現在、国内でトラベラーズチェックを作ることはできません。

トラベラーズチェックの作り方を振り返るのにまず重要なのは、「どこで作れるか」です。

そこでここでは、トラベラーズチェックを作れる主な場所をリストにしました。

場所

購入可能なブランド

購入可能な方法

三井住友銀行

VISA、マスター 店舗
外貨両替コーナー
空港出張所

みずほ銀行

マスター(トーマスクック) 店舗
空港出張所
外貨両替ショップ

三菱東京UFJ銀行

アメックス 店舗
外貨自動両替機
外貨両替ショップ
空港出張所
テレフォンバンキングFAX

ゆうちょ銀行

アメックス 店舗
空港出張所

北洋銀行

VISA、マスター 店舗
空港出張所

七十七銀行

VISA、アメックス 店舗
宅配

千葉銀行

アメックス 店舗
空港出張所
外貨両替ショップ
宅配
テレフォンバンキング

愛知銀行

VISA、マスター、アメックス 窓口
宅配

近畿大阪銀行

アメックス 宅配

広島銀行

アメックス 店舗
テレフォンバンキング
宅配

高知銀行

VISA、マスター、アメックス 店舗
宅配

福岡中央銀行

アメックス 店舗
宅配

沖縄銀行

アメックス 店舗
宅配

トラベレックス

VISA、マスター 店舗
空港内出張所

JTB

マスター 店舗
宅配

セシール

アメックス 宅配

トラベラーズチェックの作り方2
購入の仕方

購入可能な場所が分かったら、次は購入の仕方です。

購入可能な方法別に、簡単に流れを説明しましょう。

店舗でのトラベラーズチェックの作り方

まずは、店舗の窓口に行って、購入するトラベラーズチェックの通貨と金額を伝えます。

トラベレックスでは口頭でもOKですが、多くの銀行では書類を書かなければなりません。

そうすると、希望のトラベラーズチェックが出てきますので、代金を支払って購入します。

購入したトラベラーズチェックには、その場でサインをした方が無難です。

宅配でのトラベラーズチェックの作り方

多くの銀行では、香港上海銀行の外貨宅配サービス「マネーポート」を利用しています。

申込方法は銀行によって異なりますが、電話が主流で、FAXやインターネットに対応している銀行も時折見かけます。

注文したらトラベラーズチェックが宅配されてきますので、しっかりと受け取りましょう。

支払方法ですが、代金引換が主流となっており、まれに口座引落での決済があります。

自動両替機でのトラベラーズチェックの作り方

外貨自動両替機では、外貨紙幣への両替がメインですが、トラベラーズチェックを購入できる機械もあります。

まず、希望の通貨と金額を選択します。

次に、日本円の紙幣を投入するだけで、トラベラーズチェックが出てきます。

お釣りを忘れずに受け取りましょう。

トラベラーズチェックの作り方3
購入にあたっての注意点

営業時間に注意

特に銀行の窓口は、平日9時~15時しか営業していません。

そんな時間に来店できないという人は、外貨両替ショップや空港出張所、宅配や自動両替機を利用しましょう。

取扱通貨・ブランドを確認

店舗によって、トラベラーズチェックで取り扱っている通貨は異なります。

利用客の多い店舗、大きな店舗では多くの通貨を取り揃えていますが、それ以外の店舗ではアメリカドルのみという店舗も少なくありません。

取り寄せとなると時間がかかります。

また、店舗によって、取り扱うトラベラーズチェックのブランドが異なります。

私はアメックス派でしたので、取扱のあるゆうちょ銀行でいつもトラベラーズチェックを購入していました。

宅配には送料がかかる

トラベラーズチェックを購入する際には、通常、発行手数料として1%程度を支払うだけで購入できます。

しかし、購入したトラベラーズチェックを宅配で送ってもらうとなると、別途200円以上の送料がかかります。

購入契約書は大切に保管しよう

トラベラーズチェックを購入すると、購入契約書が付いてきます。

レシートをすぐに捨ててしまう癖のある私は、この購入契約書も一度ゴミ箱に入れてしまいました。

しかし、友人に「捨てちゃダメ」と言われて慌ててゴミ箱から救出した記憶があります。

この購入契約書は、トラベラーズチェックの再発行に必要な書類なので、大切に持っておきましょう。

関連記事

トラベラーズチェックの種類3つまとめ

トラベラーズチェックを通販で購入する方法

アメックスのトラベラーズチェックとは?

空港でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

海外旅行でトラベラーズチェックは必要なのか?

トラベラーズチェックは海外でまだ使えるのか?