トラベラーズチェックを通販で購入する方法

最近では、インターネット通販で旅行関連のすべてのアイテムを揃えている、編集部のLeeです。

私が初めてフランスに海外旅行に行った1997年当時、海外航空券や海外ホテルを予約するのにも、最寄りの旅行代理店にまで足を運んで手続きをしたものです。

ところが現在は、海外航空券は航空会社の公式サイト、海外ホテルはホテル予約サイトから簡単に、しかもお安く購入することができます。

かつて、トラベラーズチェックも通販で購入することができました。

家の近所に、フランスフランのトラベラーズチェックを取り扱っている銀行がなかったため、車で1時間ほどかかる郵便局まで行っていましたが、当時、トラベラーズチェックも通販で購入することができるのを知っていれば、私も利用していたでしょう。

海外旅行に初めて行く人は、簡単に手続きができそうな通販でトラベラーズチェックを購入しようと考えるかもしれませんが、現在は通販を含めてトラベラーズチェックを購入することができません。

今回は、かつて可能だったトラベラーズチェックを通販で購入する方法を振り返るとともに、トラベラーズチェックの代わりとなるであろう「キャッシュパスポート」を紹介します。

キャッシュパスポートの詳細はこちら

※現在トラベラーズチェックは通販含め購入できません

様々なトラベラーズチェックが販売されていたが…

かつてトラベラーズチェックには、様々ありました。

トラベラーズチェックのブランドは、おなじみのアメックスだけでなく、VISA、マスター(トーマスクック)、さらには発行元のオリジナルブランドもありました。

また、トラベラーズチェックの発行元も、アメックスや銀行、旅行代理店などがありました。

さらに、トラベラーズチェックで購入可能な通貨も、アメリカドルやユーロはもちろん、日本円やイギリスポンド、オーストラリアドルや人民元までありました。

そして、購入方法は通販を始め、銀行や郵便局、旅行代理店の窓口などで販売されていたのです。

2014年3月31日をもって国内でのトラベラーズチェック販売終了

しかし、クレジットカードや海外プリペイドカード、国際キャッシュカードなど、トラベラーズチェックの代わりとなるようなツールが続々と登場して、トラベラーズチェックの販売は徐々に縮小していきました。

そして、2014年3月31日、トラベラーズチェック大手のアメックスが、日本国内でのトラベラーズチェック販売を終了したのを最後に、通販を含む日本国内でトラベラーズチェックを購入することができなくなりました。

代わりとしてはキャッシュパスポートがおすすめ

トラベラーズチェックの代わりとしては、海外プリペイドカードの「キャッシュパスポート」がおすすめです。

年齢制限も審査もなし

トラベラーズチェックもキャッシュパスポートも、購入や契約に関して、年齢制限や審査がありません。

クレジットカードには18歳以上という年齢制限があり、審査も欠かせないのと比べると、中高生や審査に不安のある人には大きなアドバンテージです。

9通貨をスピーディーにチャージ

トラベラーズチェックの通販では、購入してから届くまでに最低でも1日はかかっていました。

しかし、キャッシュパスポートならばスマホなどから9通貨をチャージ可能で、チャージは即座に反映されますので、急に外貨がほしい時にすぐに対応できます。

スペアカードで万が一の時も安心

キャッシュパスポートにはスペアカードがついています。

本カードが万が一なくなっても、スペアカードがあれば買い物や通貨引き出しを続けられます。

一方、トラベラーズチェックも紛失・盗難の際には再発行ができますが、手続きに時間がかかってしまいます。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

トラベラーズチェックを通販で購入する方法1
店舗から通販

※現在、通販含め国内でトラベラーズチェックを購入することはできません

トラベラーズチェックを通販で購入する方法、まずは店舗との直接取引です。

店舗が持っているトラベラーズチェックを、インターネットや電話、FAXなどで注文し、在庫があれば宅配してもらえます。

トラベレックスの通販

外貨両替専門店「トラベレックス」では、窓口以外にトラベラーズチェックの宅配サービスも行なっています。

受取先は、自宅や勤め先、トラベレックス店舗など様々な場所で可能です。

支払方法は、代金引換のほか、銀行振込もあります。

セシールの通販

カタログ通販で有名な「セシール」も、実はトラベラーズチェックの通販を行なっています。

インターネットで注文を行ない、支払は銀行振込です。

通常トラベラーズチェックの発行手数料は1%が相場ですが、セシールでは0.5%~0.7%と安いのが特徴です。

JTBの通販

旅行代理店のJTBでも、トラベラーズチェックの宅配サービスを行なっています。

インターネットから申し込みます。

JTBカード会員は、アメリカドルとユーロのトラベラーズチェックの発行手数料が無料(通常は1%)です。

トラベラーズチェックを通販で購入する方法2
マネーポート

トラベラーズチェックを通販で購入する方法、次はマネーポートを使って購入することです。

大手銀行から地方銀行、信用金庫まで、様々な金融機関でトラベラーズチェックをマネーポート経由で通販しています。

銀行が注文や宅配のシステムを、自前で構築するのは簡単でありません。

そこで、多くの銀行では「マネーポート」を利用しています。

マネーポートとは

マネーポートとは、1865年に香港で創設された香港上海銀行(HSBC)の東京支店が行なっている、外貨宅配サービスです。

香港上海銀行と提携関係を結んで、日本国内の銀行はマネーポートを導入しています。

三井住友銀行の場合、トラベラーズチェックをインターネットや電話で注文をすると、銀行営業日14時までの申込であれば当日発送してくれます。

支払は、配達時に宅配業者に日本円の現金で支払う代金引換です。

余ったトラベラーズチェックも、宅配で買い取ってもらえます。

マネーポートのメリット

多くの銀行でマネーポートを採用していることが、メリットです。

お住まいのエリアの銀行でも、マネーポートを採用している可能性が高いです。

発送先も、自宅や勤務先が選択でき、配達時間帯も大まかに選べますので、受け取りやすい場所を指定できます。

マネーポートのデメリット

マネーポート経由では、アメックスのトラベラーズチェックのみ購入可能です。

それ以外のVISAやマスターのトラベラーズチェックは購入できません。

私はアメックス派でしたが、マスター(トーマスクック)派の人にとっては残念かもしれません。

トラベラーズチェックを通販で購入する時の注意点

トラベラーズチェックを通販で購入する際には、以下の点に注意しましょう。

日本円現金が必要

トラベラーズチェックの通販の支払方法は、どちらかといえば代金引換が主流です。

当然、高額の日本円現金を用意していなければなりませんので、事前に準備しておきましょう。

バラ売りは基本的にない

また、トラベラーズチェックは通販では基本的にパック売りのみなのも注意です。

マネーポートの場合、アメリカドルは300ドルで1パック、ユーロは250ユーロで1パックですので、購入したトラベラーズチェックを大幅に余らせてしまう可能性があります。

私もかつて海外旅行にトラベラーズチェックを持って行きましたが、クレジットカードの利用が多かったので、多くを余らせていました。

トラベラーズチェックを換金する際のレートは購入時のレートより悪いので、結構損をしていました。

トラベラーズチェックのブランドは選べないことが多い

通販では、トラベラーズチェックのブランドまで選べることは皆無です。

マネーポートはアメックスのみ、JTBはマスターのみですので注意しましょう。

諸費用がかかる

トラベラーズチェックの通販を利用すると、発行手数料以外に送料がかかります。

ちなみに、マネーポートでは多くのパック数を購入すると無料、セシールは完全無料です。

代金引換を利用する際には代引き手数料、銀行振込の場合は振込手数料も利用者負担となります。

関連記事

ハワイにトラベラーズチェックを持っていくのをおすすめしない理由

トラベラーズチェックの購入方法まとめ

トラベラーズチェックの銀行での購入方法まとめ

【2018年版】トラベラーズチェックの現在まとめ

トラベラーズチェックは海外でまだ使えるのか?

トラベラーズチェックは留学に本当におすすめなのか?