海外プリペイドカードはトラベラーズチェックの後継に最適

2016年にフランスへ海外旅行に行った際には、クレジットカード、海外プリペイドカードを持って行った編集部のLeeです。

海外旅行初心者の中には、どのようにしてお金を持って行ったり管理したりしようか、トラベラーズチェックと海外プリペイドカードで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

かつては、トラベラーズチェックがおすすめと断言できましたが、現在では海外プリペイドカードがおすすめです。

というのも、現在、日本国内でトラベラーズチェックを購入することができないからです。

この記事では、トラベラーズチェックと海外プリペイドカードを徹底比較するとともに、特におススメのキャッシュパスポートを紹介します。

キャッシュパスポートの詳細はこちら

※トラベラーズチェックは販売終了になりました

私が初めてフランスへ海外旅行に行ったのは、1997年のことでした。

その頃はお金の管理方法について自分で考えられずに、周囲の意見に流されるがまま、フランスフラン建てのトラベラーズチェックを購入しました。

自分の意見ではなかったものの、結局トラベラーズチェックは大活躍して、それ以降の海外旅行でも必携アイテムとなったのです。

しかし、2016年にユーロ建てのトラベラーズチェックを購入しようと、ゆうちょ銀行を訪れた際、「トラベラーズチェックは販売していない」と言われました。

実は、2014年3月31日をもって、日本国内でのトラベラーズチェック販売は終了していたのです。

トラベラーズチェック後継アイテムである海外プリペイドカードがおすすめ

トラベラーズチェックという頼れるお金の管理方法を失った私は、他のお金の管理方法を模索しました。

その結果候補に挙がったのは、「クレジットカード」「国際キャッシュカード」「海外プリペイドカード」でした。

結果として、クレジットカード2枚(VISA、マスター)、海外プリペイドカード1枚の合計3枚を、新たなお金の管理方法としたのです。

このうち、最も頻繁に利用したのが海外プリペイドカードでしたが、それは以下のような理由からです。

見た目がスマート

私は、貴重品を旅行用腹巻に入れて持ち歩いています。

トラベラーズチェックも例外ではありませんが、多額のトラベラーズチェックを持って歩くと分厚くなり、特に薄着の時期は服に響いてしまいます。

また、蒸れてしまうため、トラベラーズチェックを利用しようとすると、紙がふやけていることがよくありました。

一方の海外プリペイドカードは、どれだけ多額をチャージしても財布のカード入れにすっきり収納でき、非常にスマートです。

レートの良い時に外貨に両替できる

トラベラーズチェックで適用される為替レートは、購入時のレートが適用されます。

購入時点の為替レートが悪ければ、損をしてしまいますね。

一方、海外プリペイドカードは外貨両替時点の為替レートが適用されます。

一見、トラベラーズチェックと同じようですが、海外プリペイドカードの両替は、日本出国前はもちろん現地でも行えるため、よりレートの良い時に外貨に両替可能です。

私も、海外プリペイドカードの両替タイミングは、経済ニュースを見ながら真剣に行ないました。

国際ブランド搭載でショッピングもできる

トラベラーズチェックを利用するには、利用可能なお店で利用するか、銀行や両替所などで事前に換金してから利用する方法の二択です。

私がフランス旅行に行った際、トラベラーズチェックをそのまま利用できるお店は皆無でしたので、銀行や両替所、郵便局で換金してから利用していました。

しかし、日本と同様、海外の銀行は平日しか営業しておらず、営業時間も長くありません。

銀行窓口の人がしっかり昼休みをとる分、日本の銀行よりも時間が短いかもしれません。

両替所は大都市や観光都市にしかなく、地方の小さな街にはありません。

一方の海外プリペイドカードは、VISA、マスターカードなどがついているので、いつでも世界中でショッピングができます。

さらに、海外プリペイドカードは現地ATMを利用して現地通貨を引き出せるので、非常に便利です。

口座残高に気を使わなくてよい

トラベラーズチェックの代替候補である国際キャッシュカードは、「口座の残高=利用限度額」です。

もし、その口座が公共料金やクレジットカード料金の引き落としに使われているとしたら、注意しなければなりません。

国際キャッシュカードを使いすぎると公共料金の引き落としができず、公共料金の引き落とし額が多額だと国際キャッシュカードが利用できません。

一方の海外プリペイドカードは、口座とは関係ないので引き落としなどに気を使わず利用可能です。

トラベラーズチェック・海外プリペイドカード比較表

こうして、トラベラーズチェックの後継として海外プリペイドカードを選んだ私ですが、他の項目はトラベラーズチェックと比較してどうなのでしょうか。

両者の機能を表で比較してみました。

海外プリペイドカード

トラベラーズチェック

審査

なし

なし

再発行

有効期限

なし

なし

払い戻し

現地で使い切った際の追加

×

主な対応通貨

9通貨(キャッシュパスポートの場合)

6通貨(ゆうちょ銀行の場合)

ショッピングでの利用

クレジットカードと同様に利用可能

一部店舗のみで利用可能

利用方法

暗証番号入力、サイン

パスポート提示&目の前でサイン

現地の銀行ATMを使った現地通貨引き出し

×

紛失・盗難の際の利便性

スペアカードを引き続き利用可能

再発行まで利用不可

トラベラーズチェックのメリットは、海外プリペイドカードにも引き継がれている上に、トラベラーズチェックにはないメリットも追加されています。

初心者にはキャッシュパスポートがおすすめ

海外プリペイドカードは数あれど、私が特におススメするのが「キャッシュパスポート」です。

ここでは、トラベラーズチェックとの比較を交えながら、キャッシュパスポートをおススメする理由を紹介しましょう。

年齢制限・審査・緊張なし

トラベラーズチェックもキャッシュパスポートも、年齢制限や審査がないのは変わりありません。

違いがあるとすれば、緊張の度合いです笑。

私が初めてトラベラーズチェックを購入したのは、10万円分でした。

人生でそれだけの大金を持ったのは初めてですし、仕組みも当時はよく知らないトラベラーズチェックを購入するのですから、相当な緊張状態でした。

一方のキャッシュパスポートは、自宅に居ながら簡単にインターネットで申し込みができます。

精神的なストレスははるかに少なかったです。

欲しい通貨がすぐにチャージできる

初めてトラベラーズチェックを購入した1997年当時、フランスの通貨はフランスフランでした。

フランスフラン建てのトラベラーズチェックを購入しようにも、近所の銀行や郵便局には取り扱いがありませんでした。

結局、車で30分ほど行った郵便局で、トラベラーズチェックを購入しました。

別の時は、フランスフラン建てのトラベラーズチェックはあったものの、在庫があまりなく、2回に分けて購入しましたので、二度手間でした。

キャッシュパスポートは、9つの通貨をインターネット上でチャージすることができます。

もちろん、在庫切れなんてありません。

紛失・盗難でも安心

トラベラーズチェックは、不正利用の心配がないので確かに安心でした。

しかし、便利かというと疑問符が付きます。

トラベラーズチェックの紛失・盗難の際には再発行できますが、その間は当然、紛失したトラベラーズチェックを利用することはできません。

一方のキャッシュパスポートには、メインカード以外にスペアカードがあります。

万が一、メインカードが紛失・盗難の被害に遭っても、スペアカードがあれば現地通貨の引き出しはもちろん、ショッピングもできるため利便性は損なわれません。

もちろん、メインカードを利用停止すれば不正利用も防げるのです。

キャッシュパスポート公式サイトはこちら

関連記事

トラベラーズチェックの作り方まとめ

成田空港でのトラベラーズチェックの購入方法まとめ

トラベラーズチェックは留学に本当におすすめなのか?

トラベラーズチェックの種類3つまとめ

トラベラーズチェックの購入方法まとめ

トラベラーズチェック11種比較してみた