【ニュージーランド 】庭園展示施設「ハミルトンガーデンズ」でマオリ族の庭園について学ぶ

2018.03.17 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3230

世界の庭園を集めた、ニュージーランドのハミルトンガーデンズ。日本や英国、イタリアの美しい庭園の後に待っていたのはちょっと過激なエッチなマオリ族の伝統的な庭でした。

 

世界一周気分が楽しめる庭園

こんにちは、ニュージーランドでのワーホリも残りわずかになったジョーです!

今回はニュージーランドを代表するガーデン、ハミルトンガーデンズ(Hamilton Gardens)をご紹介します!

広さは58エーカー(東京ドーム5個分くらい)で、各国・各テーマに沿った庭園が集まっています。

なんと、これだけの広さでありながら入場無料です!

 

ハミルトンガーデンズがあるのは、ハミルトンの中心部から車で10分ほど。

駐車場ももちろん無料です!

 

住所:Hungerford Crescent, Hamilton East, Hamilton 3216 ニュージーランド
オープン:【夏季】7:30〜20:00 【冬季】7:30〜17:30

 

入り口に園内のマップがあります。

庭園が集まるのは赤色のHamilton gardens pavilionなので、そこに向かいます。
IMG_3254

 

各国の代表的なガーデンの数々

さっそく目に入る日本庭園の入り口。
IMG_3154

 

中は室町時代をイメージした落ち着いた造り。
IMG_3155

 

庭園の手入れもしっかり行き届いているように見えます。
IMG_3162

 

日本人目線でも高いクオリティに、ここがニュージーランドであることを忘れてしまいます。
IMG_3160

 

続いて英国庭園。
IMG_3246

 

ニュージーランドはイギリス連邦加盟国なので、英国文化が根付いています。

こちらもしっかり整美された装飾庭園です。
IMG_3247

 

オシャレなドラゴンの装飾も。
IMG_3248

 

庭園はコンパクトながら、イギリス式らしく曲線を多用し、美しくまとまっている印象を受けました。
IMG_3249

 

お次はイタリアのルネサンス庭園。
IMG_3203

 

各庭園同士が繋がっているため、次々と雰囲気が変わります。

涼し気なグリーントンネルをくぐると……。
IMG_3204

 

ドームを覆う植物のカーテン。
IMG_3211

 

木漏れ日がまた綺麗です!

その先には花や木が彩るオアシスが!!
IMG_3215

 

息を呑むほどの美しさとはまさにこのことです。

 

突如現れるまさかのモノ

全体的なクオリティの高さを見て期待値が上がったところで、ニュージーランドの先住民族・マオリの庭園にそれはありました。
IMG_3225

 

日本の高床式倉庫に似た作りですね。

かつての住居でしょうか……なんて真面目な解説を入れようとしましたが、どうしてもセンターの彼が気になってしまいます。
IMG_3227

 

ズーム!!!
IMG_3228

 

どうやらサウスポーのようですね!(側近のポーズも若干気になります)

こちらは百葉箱のような形をしたもの。倉庫だそうです。

しかしどうしても気になるのが……
IMG_3229

 

この見事な広げっぷり!!!
IMG_3230

 

なかなか立派なモノをお持ちの方も。
IMG_3232

 

今まで美術館などでマオリの彫刻を複数見てきましたが、ガッツリ股間を彫っていたのはここが初めてでした。

予告なしに現れるマオリ庭園の男根と女陰にも関わらず、子供連れの家族も多数見られました!

中には男根で盛り上がる男児もおり、そんな子どもたちを見て、自分の小さい頃を思い出したりもしました(笑)

今回紹介した以外にもインド、アメリカ、中国などの庭園があり、これらも高い完成度を誇っています!

ぜひハミルトンガーデンズで、プチ世界旅行気分を味わってみてはいかがですか?

 

2018rank


脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20