犯罪者は見世物。コロンビアのギャング遊園地に行ってきた

2017.10.17 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMGP5777

言わずと知れたコロンビアの麻薬王、パブロ・エスコバルの所有地に建てられた遊園地はどうやら人気の様子。ただしコンセプトがぐちゃぐちゃ。歩いてたら戦場に見えてきました…

 

コロンビアで人気のテーマパーク

お酒と音楽とおねーさんをこよなく愛するナシオです。

今回はコロンビア人に人気、でもちょっと変わったテーマパーク「Hacienda Napoles(アシエンダ・ナポレス)」を紹介したいと思います。

「Hacienda Napoles(アシエンダ・ナポレス)」はコロンビアの首都ボゴタと第2の都市メデジンとの中間あたりに存在するサファリ&ウォーターパークです。

 

それにしても…

あらゆる乗り物がシマウマ柄だったり、ロゴがジュラシック〇ークのパクリだったり。

さらには元麻薬王の所有地だったり。

謎多きコロンビアのサファリ&ウォーターパーク「Hacienda Napoles(アシエンダ・ナポレス)」とは一体…

 

「Hacienda Napoles(アシエンダ・ナポレス)」へのアクセス

 

バスに乗ってDoradal(ドラダル)と言うテーマパーク最寄りの街まで、メデジンからおよそ4時間かけて行きます(24000ペソ、880円ほど)。

そこからトゥクトゥクに乗り替えて15分ほどかけてテーマパークのチケット売り場までたどり着きました(15000ペソ、550円ほど)。

 

テーマパークへ

ドラダルの街からテーマパークへ向かう道の途中で見かけた大きなカバの人形。

IMGP5893

 

子供の粘土遊びで出来てしまったようなクオリティーの低さに、これから入るテーマパークへの不安が募ります(笑)

 

トゥクトゥクを降ろしてもらったチケット売り場です。

IMGP5773

 

今回は一番安いチケットを買ってみました(39000ペソ、1430円ほど)。値段の高いチケットになると利用できるエリアが増えるそうです。

 

コンセプトはシマウマ…

それではテーマパーク探検開始です!

IMGP5774

 

案内板をしっかり見て向かうべき方向をチェックします。

 

「Aqui Comienza La Verdadera Aventura Salvaje(ここからリアルな野生の冒険の始まり!)」

IMGP5776

 

と、書かれているメインゲートでしたが、ゲートの奥に見えたゾウさんは模型…。平気か?このテーマパーク…。

 

ゲートを越えた所に客車を引っ張るためのトラクターが置いてありました。

IMGP5889

 

サファリ気分を盛り上げるためでしょうか? シマウマ柄に塗装されていました。

 

相当広い園内を歩くのは大変だと言う事で園内を巡回している無料のトゥクトゥクに乗って中心部まで行く事にしました。

IMGP5777

 

これもなぜかシマウマ柄(笑)

 

太陽が高くなり暑いなか広い園内を歩く気も失せたので自転車を借りる事にしましたが…

IMGP5782

 

これもまた「シマウマ柄」!! (1時間6500ペソ、およそ250円ほど)

 

他にもシマウマ柄があるのでは⁉と勘ぐって周りを見回すと…。

IMGP5856

 

ありました!園内の整備用でしょうか、重機もシマウマ柄になっていました(笑)

 

動物が見られるエリアにいたアイツ

テーマパーク中心部にあった看板なのですが…

IMGP5853

 

これって映画「ジュラ〇ック〇ーク」のパクリ?オマージュ?インスパイア?でしょうか(笑)

気を取り直してサファリエリアを自転車で探検する事にしました。

 

作り物のバオバブを模した売店を発見!

IMGP5784

 

テーマパーク一押しのシマウマさん!

IMGP5781[1]

 

孔雀でしょうか??

IMGP5779

 

金網越しに遠くに見えたのは…

IMGP5787

 

油断しすぎで威厳を全く感じないライオンの姿に…

IMGP5785

 

暑いせいなのか日陰から出てこないトラさんの姿がありました。

 

そして池にはワニ!

IMGP5862

 

と、なかなかのラインナップですが「リアルな野生の冒険」と言うよりも「開放的な動物園」と言った方がしっくりくる感じでした(笑)

 

サファリのあとはウォーターパークへ

サファリエリア探検の後はウォーターパークを見学しました。

ウォーターパークにもいました、カバさん人形!(笑)

IMGP5821

 

滝の流れるプールや…

IMGP5851

 

普通のプール。

IMGP5852

 

そしてこの辺りのボスキャラと思われるタコを発見。

IMGP5855

 

可愛く作っていればよいのですが、ちょっとリアルすぎて不気味な印象すら受けてしまいます(笑)

このエリアは一番安いチケットでは利用する事が出来なかったので見学のみとなりました。

 

麻薬王の所有地だったテーマパーク

ちょっと不思議な印象のテーマパークなのですが、このテーマパークにはさらに印象的な過去を持っていました。

たびたび私の記事で取り上げているコロンビアの麻薬王、パブロ・エスコバルの所有地であったと言う過去です。

彼の死後、所有者が変わり幾年かの年月を経てこのようなテーマパークになったそうです。

 

街道からチケット売り場へと向かう道にある一番初めにあるこの門に飾られた小型の飛行機

IMGP5899

 

これはパブロ・エスコバルの命令を受けてアメリカにコカインを密輸していた飛行機だそうです。

物騒な過去を持つ飛行機までシマウマ柄になっているのはさすがです(笑)

 

テーマパークにはそれらの飛行機を飛ばすための飛行場、滑走路がありました。

IMGP58161

 

パブロ・エスコバルはこの辺りの広大な土地を購入して、自らの邸宅やこのような滑走路などを作り麻薬密輸に精を出したそうです。

 

滑走路の横にはパブロ・エスコバルが所有していたクラッシックカーの残骸が並んでいました。

IMGP5801

 

遊園地なのにギャングの記念館

テーマパーク内にはパブロ・エスコバルにまつわる展示を行っている記念館もありました。

IMGP5837

 

記念館にはパブロ・エスコバルの行った悪事の証拠写真や…

IMGP5827

 

彼が一時期コロンビアの国会議員だった事を証明している写真や…

IMGP5833

 

捜査官に殺された時の写真など…

IMGP5841

 

数多くの写真が展示されていました。

 

戦場に見えてきた遊園地

さらには彼の所有していたヘリコプターまで展示されていたのですが…

IMGP5794

 

この下まで行くとなぜかヘリコプターの稼働する音がスピーカーから流されていました。

ズババババと言うようなヘリコプターの音を爆音で聞かされているとここが戦場のような気がしてしまいました…。

ヨーロッパ文化を好んだ一面もあるといわれるパブロ・エスコバルはイタリアのナポリの街の名を使い、ここを「Hacienda Napoles(アシエンダ・ナポレス)」と名付けたそうです。

彼の死後所有者が変わり再開発されたにも関わらず暗い過去を持つその名前を今も使っているのは何故かが気になります。

そんな細かい事はともかく、コロンビア人はウォーターパークではしゃぐのがお好きなようでした!

以上、ナシオがお伝えしました!

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
ナシオ
1976年生まれのアラフォーバックパッカー。様々な職を経たのち深夜特急の世界に憧れ30歳から旅を始め、二度の長旅で20数か国を訪れた。40歳を目の前にし一時は落ち着く事も考えたが、現在は5年ぶりに海外に出て中南米旅のまっ最中。▶Blog ▶Facebook ▶Instagram  

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20