旅も夫婦も2ケツがいいという話

2017.04.02 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

igvreve
夫婦で旅する僕たちに自由と快感を教えてくれたもの、それはレンタルバイクでした。

 

旅にもってこいな「レンタルバイク」

こんにちは!新婚旅行で世界一周中のNO TRAVEL NO Life、大地と涼です。(新婚旅行で世界一周の連載バックナンバーはこちら

僕たち夫婦の旅は「ココとココは絶対行く!」という感じではなく、街中や市場を自由にぶらぶらする…良い言い方をすれば「ゆったり派」。

街歩きは好きなのですが、やはり徒歩では行動範囲が限られます。東南アジアのような湿度の高く暑い地域では、暑すぎてゲストハウスの半径100m以内に留まっている…なんてこともありました。
DSC_6032

 

そんな時にレンタサイクル(自転車)は便利ですが、道は平地で舗装されているところばかりではありません。目的地に行くまではいいけど帰りはもう嫌だ!なんてことも。
DSC_3058

そしてついに、旅人なのに出無精な僕たち夫婦に持ってこいのアイテム、レンタルバイクに出会ってしまったのです…!

 

レンタルバイクを借りるのは簡単(主に東南アジア)

DSC_7288

 

移動手段はバスやタクシー、トゥクトゥクなど様々ありますが、「レンタルバイク」は僕たちに翼を授けてくれました!

カップルや友達同士で2人で1台借りれますし、交渉次第で値切ることもできます。ガソリンは自分たちが使う分だけを入れるため、日本のレンタカーのように返却時に満タンにして返す必要もありません。

 

いざレンタルバイクの旅へ

DSC_4919

 

海外にいるのに部屋に籠っていたら日本にいるのと変わりません。行き先はとにかく直感で、バイクに2ケツをして走り出します!

歩いている時と違った街の風景が見えたり、道に迷って現地の人と出会えたりと、良い意味でのハプニングが起こり、旅をより面白くしてくれるのです。

 

レンタルバイクだと移動自体が楽しい!

DSC_5854

 

道に迷うこともありますが、
DSC_7145

 

ガイドブックには載っていない景色との出会いがあったり、
DSC_7118

 

現地の人と同じ目線にもなれるのです。
DSC_5088

 

バイクで風を感じて走ると本当に自由になったような感覚になり、もっと遠くへ!もっと知らない場所へ!という眠っていた探検心を呼び覚ましてくれます!

 

レンタルバイクを楽しむために注意したこと

DSC_4733

 

僕たちは旅に出る前に国際運転免許証を取得しました。また海外旅行保険にも加入しています。

スクーターのような簡単な乗り物でも、慣れない土地での運転には細心の注意が必要です。事前に交通ルールは確認しなければいけません。

 

IMG_2244

 

バイク自体の性能がちゃんとしているかも確認しました。なぜなら貸し出されるバイクが日本にように点検されたものとは限らないからです。

タイヤの溝がほとんどなかったり、ブレーキの効きが甘かったりすることがあるため、借りる前に必ず試乗して、いつも以上の安全運転を心がけてください。

東南アジアなどでは突然のスコールに遭うこともありますので、天気の確認もいつも以上にした方がいいと思います。

 

自由な旅を味わうならやはりバイク

DSC_4634

 

旅先での移動に関しては、電車が好きな人やバスでゆっくり周るのが好きな人、またタクシーで迷わず行くのが好きな人など様々だと思います。

それでも、レンタルバイクはぜひ挑戦してみてほしいのです。自分の直感で自分で運転で向かった先でに見える景色は、どんな絶景にも負けないくらい記憶に残る場所になると思います。

移動も楽しむ! これからも夫婦で2ケツしながら眺めていきたいと思った僕たちなのでした。

(新婚旅行で世界一周の連載バックナンバーはこちら

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
タビワライフ
#新婚旅行で世界一周 この2人の夢の実現するために超節約生活を乗り越え、2015年6月末から夫婦で世界一周の旅をスタートさせました。旅の中での出会いを楽しみ、期限も行き先も決めずにその時、その場所で感じたことを大切にする旅をしています。その中でお互いのやりたいことを実現し、旅を通して強くて優しい夫婦になれることを目指しています。▶Facebook ▶ブログ ▶Instagram ▶Twitter 

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20