サミシマスのない世界へ〜夏のビーチで過ごすオーストラリアのクリスマスはこんな感じ

2017.01.07 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_5413-560x420
クリスマスは色んな意味で寒いもの。今まで30年そう思って生きてきましたが、季節が真逆のオーストラリアで、人生初の夏のクリスマスを味わってしまいました。

 

2万円OFFキャンペーン中
banner


オーストラリアはメルボルンからメリークリスマス!

メリークリスマス!(というか、新年明けましておめでとうございます)。

極貧バックパッカー改め「オーストラリア出稼人」の植竹智裕(うえたけともひろ)です。現在オーストラリアのメルボルンで仕事を再開しながら細々と暮らしております。

(連載「オーストラリアのワーホリは稼げるのか?​」バックナンバーはこちら

 

メルボルン

 

メルボルン(Melbourne)は、オーストラリア・ビクトリア州の州都で、ポート・フィリップ湾に面した港市。オセアニア有数の世界都市。「世界で最も住みやすい都市ランキング」6年連続1位(2011〜)。Wikipedia「メルボルン」「Melbourne」参照。

 

オーストラリアのクリスマスは夏

皆さんはどんなクリスマスを過ごされましたか?クリスマスと言えば街中はイルミネーションで輝き、寒い時期もあってクリスマスキャロルが厳かに聞こえるようなイメージですよね。僕も過去30年はそうだと思っていました。

 

しかし!南半球のオーストラリアは夏まっ盛り!ちなみに12月25日の気温は37度。溶けるような暑さでした。
IMG_5385

 

クリスマス飾りと水遊びをする子供たち……僕の中の常識が音を立てて崩れ去りました。

 

Tomohiro Uetakeさん(@uetaken)が投稿した写真

 

オーストラリアのクリスマスはビーチで祝う

人生初の真夏のクリスマスを思う存分楽しむべく、サンタ帽(道で拾った)を被ってセントキルダビーチに行ってみる事にしました。着いてみると……人がうじゃうじゃ!サンタ帽を被っている人もかなり居ました。
IMG_5364

 

早速僕も夏モードに変身。

 

Tomohiro Uetakeさん(@uetaken)が投稿した写真

 

浜辺でクリスマスを祝っている団体の中には昼間からビールを飲んでいる人も多かったです。よし!酒を飲もう!と思ったものの、周りの酒屋は祝日なので全て閉まっていました。みんな用意周到に事前準備していたのでしょうか?

 

夏のクリスマスドリンクも

酒を求めて、上半身裸で通りを彷徨っていると一軒だけ開いているパブがありました。マジカルクリスマスなどという面白いフレーバーのビールを発見しました。ちょっと気持ち悪いけど頼んでみました。
IMG_5365

 

よく見るとバニラアイスクリーム・エールですって。お味は普通のビールですが、ほのかにバニラの香り。

 

ちょっと変わった雰囲気のムスリム系ビーチも

夕方になって、トラムを乗り継いでポートメルボルンというエリアに行ってみました。ここでもクリスマスムードの海水浴客がうじゃうじゃ居るのかと思いきや、うじゃうじゃ居たのは、顔立ちや女性の服装を見る限り中東系と思しき家族連れ
IMG_5405

 

みんな持ち寄った折り畳み式の椅子にもたれてシーシャ(水タバコ)を吸っていました。シーシャ独特のエキゾチックな香りが漂い、サンタ帽着用率もほぼ皆無。ちょっと異様な雰囲気でしたが久々に味わうイスラム系の文化もとても刺激的でした。

 

トラム(路面電車)もクリスマスムード

ちなみにクリスマスはトラムが全区間無料でした。そのため、セントキルダからの帰りのトラムも陽気に酔っ払った乗客で満員。まさかの車内で大合唱です。
 

 

ポートメルボルンからの帰りのトラムではなんと車掌さんが歌い出しました。こんなにトゲの無いいかにも優しそうなオーストラリア人のおじさんを見たのは初めてです。

 

クリスマスは夏がいい…

前のルームメイト(マレーシア人とドイツ人)と待ち合わせをしてやんわり海水浴をしたり、お酒も飲んだり、ムスリムが多いリゾートエリアに足を踏み入れてみたりと、人生初の「真夏のクリスマス」は大満足。
IMG_5379

 

とてつもなく暑いのでクリスマスならではの「聖夜」感は皆無ですが、なかなか楽しめました。皆様もぜひ、来年は真夏のクリスマスに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(連載「オーストラリアのワーホリは稼げるのか?​」バックナンバーはこちら

 

次の記事はこちら
>>これからバックパッカーするあなたに伝えたいこと



お得に海外旅行したい人のためのサイト「budget-travel」






The following two tabs change content below.
植竹 智裕
1986年、東京都多摩市生まれ。会社を辞めて早5年、世界一周・旅行記出版を夢に俳優業など手を出しつつゆるやかに資金を貯めてきた植竹、ついに日本を飛び出し世界から色々な体験記をお届します! 帰国後のお仕事のご相談もお待ちしております。 ブログ:週刊!植竹智裕の気ままに世界探検ブログ  Twitter:@hiro_uetaken

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20