[メキシコ裏観光]アートで不思議なホテルcasa caracol @ヒリトゥラ

2016.05.23 11:46 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DCIM100GOPROGOPR3651.
メキシコ政府推薦の魔法の村ヒリトゥラ村にある宿「casa caracol(カタツムリの宿)」で、インディアンテントの「ティピ」に泊まってきました。それにしても怪しげな宿でした…

 

ティピに泊まれる怪しい宿「casa caracol」

お酒と音楽とおねーさんが大好きなナシオです。

メキシコはサン・ルイス・ポトシ州の外れの村、ヒリトゥラ(Xilitla)にある宿「casa caracol」にて、インディアンテントの「ティピ」に泊まってきました!

 

ティピ(Tipi / Teepee )は、アメリカのインディアンの部族が利用する移動用住居の一種。テントと決定的に違うのは、中で火を焚くことが出来ることである。Wikipedia参照。

 

ヒリトゥラの村自体がプエブロ・マヒコ(メキシコ政府が認定の、魔法のように魅力的な自治体)に登録されており、近所には奇怪な庭園ラス・ポサスがあったりと、村自体がなんだか怪しげ…。

そんな場所のせいもあってか、一風変わった宿でした…。

 

casa caracol 

 

アクセス:州都サン・ルイス・ポトシ → ヒリトゥラはVencedor社のバスで約7時間。465ペソ(約2790円)。 ヒリトゥラのバス発着所 → 「casa caracol」は徒歩約30分。

宿泊料金:ティピ 1泊150ペソ(約900円)
HPはこちら

 

「casa caracol」とは直訳で「カタツムリの家」。ところどころにカタツムリがあしらわれていて可愛かったですよ…!

 

レセプションへの怪しげな道

ちょっと看板が見え辛いですが、この門からcasa caracolの敷地内へ入っていきます。

IMGP6663

 

100メートル程あるレセプションまでの道も怪しげです…。右の看板の上にカタツムリがいますね。
IMGP6664

 

ジャングルの中を進み、辿り着いた母屋はこんな感じ。
IMGP6672

 

casa caracol​の内部

母屋はレセプション兼共用スペースになっていました!

1階部分にシャワー、トイレ、洗面台…
IMGP6737

 

2階には共用のキッチンも!
IMGP6740

 

同じく2階の共用スペースには、沢山のオブジェがぶら下がっていました。笑
DCIM100GOPROGOPR3685.

 

いよいよティピに潜入です…!

 

インディアンテントの「ティピ」に泊る

なんと案内された部屋がこのティピ!
IMGP6695

 

こちらのティピはコンクリート製で移動不可能でしたが、見た目はティピそのものでした。

 

ワクワクしていざ中へ!…がしかし、かがまないと入れない入り口でした。笑 
DCIM100GOPROGOPR3650.

 

アートなティピの内部

ティピの内部にはベッドが6台も!
DCIM100GOPROGOPR3651.

 

可愛い丸形の窓から差し込む光で意外と明るい空間でした。
DCIM100GOPROGOPR3654.

 

ティピの中は狭そうに見えますが、宿泊客は3人だったのでかなり快適でした!

 

夜に怪しさを増すcasa caracol

ティピに泊まれてすでに十分面白いのですが、夜の雰囲気が一段と怪しかったのです…

照明で怪しく光るティピに…IMGP6700-3

 

こちらも怪しく光る貴重品用のロッカールーム…IMGP6750のコピー

 

こちらは個室の建物。casa caracolの正面に位置する、奇怪な庭園ラス・ポサスに影響を受けているようにも見えました…。
IMGP6723のコピー

 

ちなみに母屋はこんな感じ。夜の方が雰囲気がありますね…!IMGP6753のコピー

 

アートだけどリラックスできる

casa caracolはどこに居ても不思議な感じの宿でしたが、居心地が悪くなる事はなく、むしろ開放的でリラックス出来る宿でした。

村の中心から離れていて買い出しなどは不便ですが、奇怪な庭園ラス・ポサスの目の前に位置するのでそちらの観光の際に宿泊するのもありかと思います!

 

メキシコの激安宿をbooking.comで探す

サン・ルイス・ポトシの激安宿をbooking.comで探す

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
ナシオ
1976年生まれのアラフォーバックパッカー。様々な職を経たのち深夜特急の世界に憧れ30歳から旅を始め、二度の長旅で20数か国を訪れた。40歳を目の前にし一時は落ち着く事も考えたが、現在は5年ぶりに海外に出て中南米旅のまっ最中。▶Blog ▶Facebook ▶Instagram  

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20