世界遺産の街・バルパライソで見つけた「青空美術館」に一目惚れ

2016.05.10 11:01 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

P1050930

中南米にはメキシコのグアナフアトなどカラフルで可愛い街がいくつかありますが、チリの世界遺産の街バルパライソで見つけた「青空美術館」をご紹介!

 

街全体がアート作品・バルパライソ

こんにちは。特に自分を変えようと思わないで世界中を旅するRillyです。

チリのバルパライソは「バルパライソの海港都市とその歴史的な町並み」として街全体が世界遺産に認定されています。

 

斜面に多数の家々がならぶこの街は、19世紀に火薬の原料である硝石の輸出で繁栄し、2003年に世界遺産にそのカラフルな街並みが登録されたのだ。
引用元

 

そんなバルパライソにタダでアート鑑賞できる場所があります。その名も…

 

青空美術館(Museo a Cielo Abierto​)

DSCN2082


住所:Calle Aldunate bis Calle Rudolph, Valparaiso, Chile

 

ここでは家の壁や階段がアート作品になっています。今回は、まだ認知度の低い青空美術館を紹介します。

 

坂道から始まる青空美術館

とにかく急勾配な坂や階段が続く街バルパライソ。かの有名なチェ・ゲバラさんも南米周遊の旅で立ち寄っています。

 

さっそく青空美術館へ。そもそも入り口は無いので、突然始まります。

DSC01929

 

基本移動は徒歩です。

P1050920

 

街にあるアート作品は、この街の風景画が多いです。

P1050940

 

そんな中、人体模型がさりげなく登場するところが、南米の自由さを感じさせます。

P1050930

 

このお店のドアにノックしてみましたが、人がいる様子はありませんでした。

DSC01934

 

階段や壁の他にも、床にまで風景画が描かれていて、とてもおしゃれです。

P1050934

 

ひたすら坂道を歩くのですが、すべてが写真撮影スポットです!

P1050922

 

そして、どの家もカラフルで、街の人たちは色で遊んでいます。

P1050962

 

なぜこんなにカラフルなの?

なぜこんなにカラフルなのかと言うと、家の壁に金属の「トタン」を利用したことがポイントです。

無機質なトタンを楽しもうと、色を塗ったり、絵を描いたりする人が増えたことで、街全体がカラフルになったようです。

DSC01955

 

頂上からの眺めは、街全体が坂を感じさせる長崎のような地形です。

P1050987

 

坂道続きなので息切れの可能性はありますが、のんびり外でのアート鑑賞を楽しめるおすすめの場所です!

 

ヒットするバナー


The following two tabs change content below.
Rily
特に自分を変えようと思わないで、世界中を旅する元商社OL。 大学生の頃、タイの農村へホームステイ&学校建設のボランティア活動に参加。 同国で、象使いの資格取得。 2013年アジア・アフリカ・南米大陸地球一周の船旅より帰国。 2016年沖縄に移住予定

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20