マカオで長崎の名物料理「ハトシ」に巡り会った話

2016.02.14 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PC071384

マカオ料理に、長崎名物・ハトシと同名の「ハトシ」という料理があった深〜い理由とは?

 

デスクです。以前、マカオで食べたポルトガル料理について書きましたが、今回は本家マカオ料理をご紹介します。

日本では聞き慣れないマカオ料理ですが、これがまた絶品なのです。そして、意外な日本との共通点が明らかに…。

 

マカオ料理は世界の「いいとこ取り」

こちら、マカオの半島側にあるマカオ料理のお店、HENRI'S GALLEY。

PC071350

 

マカオ料理は旧宗主国であるポルトガルの料理から大きな影響を受けているのですが、現地人いわく「世界の料理のいいとこ取り」なんだそうです。

大航海時代、ポルトガル人はアフリカやインドなどの寄港地を経てマカオにやってきました。ポルトガル人のシェフがポルトガル料理に各地の料理を「いいとこ取り」してできたのがマカオ料理とのこと。なんかこの時点で最強感漂ってますね…。

 

ハマる日本人続出!? アフリカンチキン

このお店で食べたマカオ料理にはどれも唸りっぱなしだったのですが、マカオ料理といえばアフリカンチキン。

IMG_2997

はじめて食べたんですが、正直、こんなに美味しい鶏料理があったのか…と。ココナッツベースのソースにアフリカ由来のスパイスが絶妙に溶け込んでいて、日本にも熱狂的ファンがいる(Googleで10万件ヒットする)というのもうなずけます。

 

海を渡った「ハトシ」の話

そして、本題のハトシです。

PC071377

写真ではどんな料理か分からないと思うんですが、要はシュリンプトースト。盛り上がっているのがエビです。

 

さっくさくのトーストを齧った瞬間、エビの風味が広がりこれまた絶品。

PC071384

 

いたく感動している様子の僕に、「日本の長崎にも同じような料理があるんですよ」とガイドさんが見せてくれたのがこの写真。おお、そっくりだ!

PC071387

 

ハトシ
明治時代に清国から伝えられたのが「蝦多士」で、長崎では広東語をまねたハトシという呼び方で広まった。一時期は家庭でも作るほど普及した。
中華料理店のメニューや、店頭販売の軽食として販売されている。
Wikipediaより

 

どういった経路でマカオいや、中国からハトシが長崎に伝えられたのかは定かではありませんが、何ともロマンを感じる話ではないですか。

ちなみにこのハトシ、広州では「蝦多士」、台湾では「蝦吐司」、ベトナム、タイでは「シュリンプトースト」として広まっているのだそうです。恐るべきハトシ包囲網…。

 

マカオ料理を食べる機会があれば、そんな歴史ロマンに思いを馳せていただければと!

 

Henri's Galley


詳細情報

 

関連記事
深夜特急でいくマカオの旅

 

 

協力:マカオ観光局

 

 

 

2018rank


The following two tabs change content below.
デスク
世界新聞の通称「デスク」。株式会社世界新聞代表取締役。これまでに35カ国以上を訪れる。 2011年〜1年間の世界一周旅行へ。ブログ村世界一周ランキング1位。2013年、世界新聞を立ち上げる。 著書に「世界一周できませんと思っていたらできちゃった」(幻冬舎) 海外旅行に関する講演もちらほら。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20