金丸文武が6千円で世界一周できた理由

2015.12.03 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_7197

6千円とギターと寝袋を持って世界一周した男、金丸文武によるマジメな連載の2回目。
あなたは6千円で世界一周なんて無理に決まってるじゃん…と思いますか?

 

こんにちは、金丸文武です。
ずいぶん間が空いてしまい申し訳ありません!
ライブで四国に行っており、毎日バタバタして書いてる時間がありませんでした。
うどん美味しかったです。あー、女の子とイチャつきたい。

連載バックナンバーはこちら

 

あ、あれ?なんでイチャつきたいとか言ったんだろう……?

 

 

IMG_1696
四国で見かけたお遍路さん

 

 

今回の記事は、どうして世界一周に6000円しか持って行かなかったのか、です。

とてもよく聞かれる質問です。

理由は至極簡単。

 

驚くほど貧乏だからです。泣いてません。

 

 

いやー、宮崎の家を出た時は1万円持っていたんです。
でもヒッチハイクしてロシア行きのフェリーが出る鳥取の港に着いたころには6000円になっていました。
そして船の中でビール飲んで5000円になりました。

 

ウラジオストク到着時、ポケットの中には5000円。
テンション上がるううう!!!とかそんな気分になるわけないです。マジでオシッコ漏れかけてました。

 

 

もちろん、そんな状態で世界一周なんかできるはずもないです。

 

現在、世界一周は1年100万っていうのが相場です。
そう考えると1日2700円です。

5000円だとギリ2日もちません。

 

 

なんでそんな状態で海外に行けたかと言うと、僕にはギターがあったから。
それまでも10年間、日本全国の路上で歌で稼ぎ、ライブハウスで演奏してきました。

 

海外に行ったことはなかったけど、人間はきっと同じだから、おそらく外国でも同じように稼げるだろうと踏んでいました。
その予想は大当たりで、ロシアでも、ヨーロッパでも路上パフォーマンスでお金は入りました。

 

中東やアフリカではほとんど稼げなくてかなり厳しかったけど、楽器というものはとても優れたコミュニケーションツールで、世界中のどこに行ってもすぐに現地の人と仲良くなって家に泊めてもらったりしました。

 

稼げなくてかなりギリギリの状態に陥ったこともありましたが、頑張ればなんとかなるもんです。

 

 

僕はいつも思い立ったらすぐに行動してしまいます。
それがいいところでも悪いところでもあると思います。

 

もしバイトを頑張って200万円貯めて出発していたら、それに甘えて全然面白くない旅になっていたと思います。

 

石橋を叩きまくって、保険をかけまくって旅に出るのもいいですが、その時間もったいないですよ。
やろうと思えば、ある程度のことは明日にでも始められる。
いや、今から始められる。

気持ちの整理とか、そんなんどうにだってなるもんです。

 

「それは結果的に上手くいったから言えることで、もし上手くいってなくて周りに迷惑かけまくってたらどうしてたの?それでも大人?」

と言う人もいます。

 

うるせーボケです。

 

そう言って賢そうなことを言う人の言葉にはなんの面白みも重みもないです。

思いっきりやりたいことやればいいんです。
人間そう簡単には死にません。

 

失敗を恐れて踏み出さない人の言葉に耳をかす必要はありません。

 

あー、ラーメン食べたい。

 

トンコツ。

 

 

IMG_7189
ギターケースに入るユーロコイン

 

 

世界を旅をしながら稼ぐのって、実はとてもたくさんの人がやってます。

僕みたいな路上パフォーマーのことをバスカーと言うんですが、それで稼いでる人はすごくいっぱいいます。

 

ワーキングホリデーは超一般的だし、モグリでジャパニーズレストランなんかで働く人も多い。
ニューヨークなんかではピアノバー、略してピーバーと呼ばれる、日本でいうキャバクラみたいなお店で、大学生の女の子が働きながらお金持ちの駐在員さんをつかまえていい生活してたりします。

 

あとは治験ってのも手っ取り早い。
新薬の人体実験で、お金がなくなったらアメリカやイギリスに飛んで1ヶ月こもって数十万ゲットする旅人も少なくないです。

 

最近ではブログのアフィリエイトで小遣いを稼いでる人もいるし、現地の雑貨を買ってネットで販売するサイトもたくさんあります。

安宿のドミトリーのベッドで、株トレードをしてバリバリ稼いでる人もいます。

 

今ネットのあるこの時代、アイデア次第で海外でお金を稼ぐことはとても簡単になっていると思います。

何年もかけてお金を貯めて、それを切り崩しながら旅するスタイルは今や時代遅れといっても過言ではないんじゃないかな。

 

 

IMG_7197
アジアの路地裏

 

 

日本に帰ってきて、海外行ってたの!?すごいねー!なんてよく言われますけど、現代において海外旅行なんてマジで津軽行くより楽勝ですよ。津軽マジで言葉通じない。

もっと、散歩に行くくらいの感じで行ってみてもいいと思います。

少なからず考え方や物の見方が広がりますし、そうなると色んなビジネスチャンスも見えてくる。

 

 

世の中、そんなに頭いい人はいません。

みんなだいたい同じです。

中津のから揚げは美味しいけど、練習すればみんな作れます。

 

大事なのはチャレンジすることですよね。

ハナから諦めないでやってみること、行ってみること。

世界はとっても身近です。

 

6000円で世界一周なんて無理に決まってるじゃん。

その心が道をふさいでる。

出来るんです。何かのアイデアと、絶対にやってやるんだという熱い気持ちがあれば。

 

それが6000円で世界一周に行けた理由です。

 

 

IMG_7207
チェンマイの夜市で路上パフォーマンス

 

 

というわけでラーメン食べたかったけど、から揚げ食べたくなったから鳥肉買ってきます!!

 

 

金丸文武の本はこちら

 

バックパッカー・世界一周者10人の持ち物はこちら

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
金丸文武
6000円とギターと寝袋を持って世界一周に出発。路上演奏の稼ぎのみで2年4ヶ月かけ、五大陸60ヶ国を周り世界一周を達成。現在は旅の本、「世界の路上で生まれた奇跡」を出版し、今もどこかを旅をしながら歌を歌っている。HPブログ
金丸文武

最新記事 by 金丸文武 (全て見る)

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20