「娼婦の唇」の異名をもつ花とキスがしたい

2015.03.22 11:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

DSC_0220
そのお味は?

 

面白い植物といえば…

こんにちは!旅する理科教師ぞーしきです。

突然ですが、面白い植物と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?毎朝花を咲かせる朝顔?風船のような果実をつけるフウセンカズラ(下写真)?
Cardiospermum halicacabum1.jpg
"Cardiospermum halicacabum1" by KENPEI – KENPEI's photo. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

 

いえいえ、そんなものは甘い甘い!ここ、中南米には「娼婦の唇」の異名を持つ植物があります。今回、僕は中米のコスタリカでその魅力に誘われて、妖艶な唇を奪ってきました。その状況をレポートします。

 

その植物の名はサイコトリア・ペッピギアーナ

DSC_0007

その花の名前はサイコトリア・ペッピギアーナと言います。こちらのサイトによると、「中南米原産のアカネ科ボチョウジ属の木本植物です。全草を煎じて痛み止めとして、頭痛や捻挫、筋肉痛、それからリウマチなどに効果がある。主に熱帯アメリカに見られる大きめな低木で、白色の小さな花を咲かせ、青色の果実をつけます。」と記載されています。

僕はネットでこの植物を知り、中南米に行く際には絶対見たいと兼ねてから思っていました。

 

「宝庫」で出会った動物たち

僕が訪れたコスタリカと言う国は、国土は日本の約7分の1です。しかし、そこに全動植物種の5%、鳥類・蝶類・ランにいたっては10%が生息しているという、まさに世界屈指の動植物の宝庫です(こちらを参照)。

 

まず、初めにここで出会った動物たちをご紹介します。

 

はちどりに蜜を与えている場所があり、10羽程が一定の場所に集まってきます。紫やオレンジなど色とりどりで楽しませてくれました。
CSC_0463

 

その蜜のおこぼれを狙って、ハナグマもひょっこり顔を出します。簡単に目の前で観察できるなんて思っていませんでした。とてもかわいいですね。
2

 

また、ツアーに参加すると、運しだいですが、夜行性の生物も観察できます。これはタランチュラです。転がっていた丸太の隙間に潜んでいました。
DSC_0061

 

こちらはナマケモノ。幸運にも、週に1度しかしないというトイレも観察することが出来ました。
DSC_0133

 

どうでしょう。こんなにも珍しい動植物に出会えるならば、サイコトリア・ペッピギアーナにも簡単にキスできそうな気がしませんか?でも、実際はそんな簡単ではありませんでした……

 

いざ、ジャングルに!

では、本題に移りましょう。僕は、モンテベルデという自然保護区に向かいました。場所はここです。
 

 

ここは、以前ケツァール記事でも紹介した熱帯雲霧林になります。受付で入場料を払い、
IMGP1222

 

いざ、サイコトリア・ペッピギアーナを探しに向かいます!
IMGP1224

 

あたりの様子は、熱帯雲霧林と言えど、僕らのイメージで言うジャングルです。
DSC_0225

 

中に進んでいくと、吊り橋もあり、探検好きにはたまらないものとなっています。
DSC_0226

 

木々もよく見ると、一本の木の周りに他の植物の弦がぐるぐると巻いたりと、まさにジャングルに来たという感じがしました。
DSC_0404

 

発見したものの…

そんなジャングルに入りものの5分でなんと唇花サイコトリア・ペッピギアーナを発見しちゃいました。しかし…何かが違います。喉の奥から何かが出てきてしまっています。唇に到底見えません。
DSC_0030

 

実は、この唇のような赤い部分は花ではないのです。苞(ほう)という部位に当たり、花の基部にある、花を包む葉っぱのことになります。写真では中心にある小さいものが本物の花になります。つまり、花が咲く前の苞が広がり始めた絶妙な時期にだけ、「娼婦の唇」とも言われる妖艶な形になるのです。サイコトリア・ペッピギアーナ自体はそこらじゅうに咲いていたのですが、このちょうどいい「娼婦の唇形」を探すのが大変でした。
DSC_0011

 

例えばこのサイコトリア・ペッピギアーナはまだ若く、形はちょうどいいのですが赤色が足りません。体調の悪い唇と言ったところでしょうか?
11042130_776108172473574_1598718487_n

 

ついに「娼婦の唇」発見

そして、ジャングルの中を歩くこと1時間程でしょうか。ついに、なんとか唇に見えるものを発見しました!それが、こちらになります。
1

どうでしょうか?ふわっふわの下唇に、新緑の中にひときわ目立つ真っ赤な色が、僕を魅了して止みません。まるでジャングルの奥で僕の唇を長年待ち続けたようにさえ錯覚してしまいます。

 

ついに、接吻の時…

では、早速、その妖艶な唇を奪っていきましょう。大きさもちょうど僕の唇と同じくらいです。
DSC_0220

 

では、いかせていただきます
DSC_0219

 

ん~、ぶちゅう我ながら、キス顔が気持ち悪い!
DSC_0222

しかし、その顔から、嬉しさが漏れ出しているのもお分かりになることでしょう。唇を合わせた感想は「ペラペラで弾力がなく、冷たかったので、厚みと血が通ってほしい」でした。

 

自分史上最高に愚かなキス

さて、今回のサイコトリア・ペッピギアーナはいかがでした?まるで、本物の唇の様でしたよね。動物多様性とは耳にする言葉ですが、やっぱり世界は神秘で溢れてます!それを実際に確かめられるなんて、旅はなんという贅沢を与えてくれるのでしょう。自分史上最高に愚かなキスそして、あの類まれなる感触は決して忘れることはないでしょう。

 

文・写真:ぞーしき
記事一覧はこちら

 

「ぞーしき」「おもしろ」の関連記事もどうぞ

「世界一臭い食べ物」を本場スウェーデン(-30℃)で食べてみた

【シャネルの5番のもと】ジャコウネコの肛門の分泌物はいい匂いなのか?

【検証】本当にケンタッキーからスフィンクスと目が合うのか?

 

cc-banner2


The following two tabs change content below.
ぞーしき
学校×自然×人を軸に、世界一周中!!各国の学校を見学するなど、教師にとって必要な『伝えたい事』と『伝え方』を日々吸収しています。好きな言葉は『お替り自由』。 ブログ:COSMOPOLITAN

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20