[ラオスコーヒー]コーヒーとお茶を一緒に飲むという衝撃

2014.09.12 07:00 
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

IMG_5971
世界中で飲まれるコーヒーですが、ところ変わればコーヒーも変わります。ラオス滞在中は、「コーヒーをあてにお茶を飲む」日々でした。もう、お腹たっぷんたっぷんです。笑

 

ラオスは陰のコーヒー大国

こんにちは。世界一周アラサー女子のYUNAです。

私がラオスコーヒーを飲みまくっていたのは、ラオス北部にある、世界遺産のルアンバパーンという小さなのんびりした街です。

 

ラオスは元々はフランスの植民地でした。その為、道中で出会った旅人からは「美味しいフランスパンやコーヒーが安く食べたり飲んだり出来るよ」と聞いていた為、密かに訪れるのを楽しみにしていました。

また、インターネットで調べていると、アジアの農業ビジネスを紹介するサイト「GREENWAY」によると、「世界第2位のベトナムコーヒーのうち30〜40%はラオスから流れている」とのこと。そんな、有名コーヒーを陰で支えるラオスコーヒーをローカルな喫茶店で楽しんできましたので、報告します。

 

コーヒー=濃い・甘い?

まずは、ラオスコーヒーとはどんな物なのか、市場調査を行わなければなりません。宿の近くのツーリスティックなレストランで1杯頼んでみます。
IMG_5914

 

思っていた以上におしゃれな見た目です。お味は、非常に甘く濃いコーヒーです。思わず「あまぁーい!」と言いたくなります。

 

別の日には、もう少しローカルなお店を発見し、注文しました。味は、ほとんど同じです。濃くて甘いコーヒーです。
IMG_5858

 

初日は、濃くて甘すぎるコーヒーに、正直好感はありませんでした。しかし、3日目、お昼過ぎにどうしてもラオスコーヒーが飲みたくなり、更なるローカル喫茶店を探しました。

 

驚きの連続

見つけた喫茶店は、お母さんと娘さんとで経営している様子です。席は4席のみ。お客さんも少ないです。お惣菜の配達と両方で生計を立てているようです。もちろん、メニューはありません。(笑)

 

コーヒーを注文すると、まずはこちらが登場します。これは何でしょう?答えは後半で。
IMG_5941

 

あれ……??コーヒー注文しましたよ…..と戸惑っていると、お母さんは優しい笑顔で「大丈夫!大丈夫!」とジェスチャーで示してくれます。
IMG_5942

 

5分程で、コーヒーも遅れて登場です。お味の前にこれ、どうやって作るのか見てみましょう!
IMG_5945

 

入れ方レポート

まず、缶から白い液体をコップ3分の1くらいまで注ぎます。どろっとした液体です。何かわかりますか??
IMG_5963-600x399

 

この液体、実は練乳です。「あまぁーい!」原因はまさにこれです。

 

横には、このようにポットが数種類あります。この机の下がコンロになっているようで、それぞれ「コーヒー、お茶、お湯」が入っていました。
IMG_5964

 

そして、先ほどの練乳を入れたコップに見るからに濃いコーヒーを注ぎます。
IMG_5966

 

そして、温かいうちに粉ミルクも投入します。どうですか?ブラックコーヒー派の方は、直視出来ないのではないですか?(笑)
IMG_5967

 

そして、混ぜます。最初、写真を撮って良いか尋ねると、とても恥ずかしがっていたお母さんですが、作りすすめていると気にしなくなっていました。
IMG_5968

 

そして、氷が並々入ったジョッキグラスへ移し替えます。
IMG_5969

 

そして、液体クリープを注ぎます。
IMG_5970

 

遂に完成して私の元へ運ばれてきます。
IMG_5971

 

椀子そばならぬ、椀子茶

お味は、前回2店に負けず劣らず、濃く甘いコーヒーです。
IMG_5945

 

しかし、他の2店との違いは最初に出てきたもの。これはお茶です。温かいお茶で、おそらく軽めのジャスミンティーでした。別の日に飲むと、綺麗に茶柱が立っていました。良いこと起こるでしょうか?
IMG_5973

 

更には、お茶が半分くらい減ると、すぐにお母さんか娘さんがお茶を足してくれます。コーヒー1杯の間に5杯程お茶を飲みます。なので、お店を出る時には、お腹が満腹になります。しかし、激甘ラオスコーヒーとあっさりジャスミンティーのコンビが完璧で、まるで「コーヒーをあてに、お茶を飲んでいる気分」になりました。(笑)
IMG_5972

 

他の街のローカルなおじさんが集まるコーヒー屋さんでも、まさに皆さん、「コーヒー&お茶」で楽しんでいました。
IMG_6142

 

もしかすると、ラオスコーヒーは「コーヒー&お茶」が正しいたしなみ方なのではないか?と思いました。

みなさんも、ラオスを訪れた際には「コーヒー&お茶」のお店を探してみてはいかがですか?きっと、その濃さ・甘さ・あっさりの虜になるはずですよ!

 

文・写真:YUNA

 

backpacker-creditcard-bn


The following two tabs change content below.
YUNA

YUNA

1985年大阪生まれ、大阪育ち。理学療法士として5年間働いた病院を飛び出し、世界を回ろうと決断。社会人として、アラサー女子として、関西人として、色々な事を柔軟に吸収したい!海外の面白ポイントにツッコミを入れたい!と思って旅しています。

脳内トラベルメディア - 世界新聞

世界新聞の最新情報をゲット 世界新聞の最新情報をゲット

crownRANKING

24時間記事ランキング TOP10

月間記事ランキング TOP10

累計記事ランキング TOP20